チョウセンハゲネズミの悪夢再び

6月22日水曜日晴れ×
売国奴どもの集まりである民進党(この文字を書く度に台湾の皆様に申し訳なく思う)があの売国奴・片山善博を都知事候補として立候補させる予定だとニュースにありました。

<都知事選候補
民進都議、片山氏で一致 都連が調整へ
毎日新聞2016年6月22日 07時00分(最終更新 6月22日 08時47分)
舛添要一知事の辞職に伴う東京都知事選(7月14日告示、同31日投開票)で、都議会民進党(旧民主系)が前鳥取県知事の片山善博・慶応大教授(64)に立候補を打診する方向で一致したことが分かった。民進党都連幹部が21日、明らかにした。
いっそ、副知事が昇格しては?片山氏が語った今回の都知事選
民進都連は同日、都内で選挙対策委員会を開き、都知事選に擁立する候補者の人選について話し合った。

都連関係者によると、都議側から「知事経験もあり地方自治が分かっている」として、元自治官僚で鳥取県知事を2期務めた片山氏を推す声が上がった。他にも数人の名前が出たが、都議側は片山氏で一致したという。今後は都連で調整が進められるとみられる。

委員会終了後、都連会長の松原仁衆院議員は「実務的ではない知事が2代続き、都政を任期半ばで投げ出してしまった」と述べ、実務的な人物が候補者にふさわしいとの見解を示した。委員会で挙がった具体的な名前は明かさなかった。
略)>

片山氏は「日本海」を「いや朝鮮東海」と言い直すような男であり、何よりも<「拉致問題」と関連した世論が存在する。朝鮮ではそれを「行方不明者」として扱っている。いずれにせよ政府間交渉の障壁となっていることに間違はいない。>
と北朝鮮による国家犯罪の我が国国民の拉致を「政府間交渉の障壁」と言い捨てたのです。

そして、鳥取県知事時代は公務員に朝鮮人を地方自治体として最初に採用したことを自画自賛し、「人権擁護法案」の地方版とも言える条例の制定に心血を注いでいます。

こんな人間のクズが都知事になればチョウセンハゲネズミの二の舞になることは明らかです。

参照→片山善博

アホらし

二名様来店。
二名様来店。
Kさん、四名様で来店。

Kさんと営業終了後ドンチャン。
記憶なし。
猿以下。