朝鮮学校の現実 再掲

朝鮮学校の現実
金漢一という朝日新聞社員の著書より
文責はすべて、酒たまねぎや店主の木下隆義にございます。


 
平成19年3月8日木曜日晴れ ×
 朝日新聞に掲載されていた朝鮮学校についての記事です。
朝鮮学校の現実知って 立川でシンポジウム
 各種学校扱いで国庫補助を受けられない朝鮮学校は、家族ぐるみの支援でやっと運営されている。そんな現実を知ってもらおうと、東京都立川市の「西東京朝鮮第一初中級学校」が初の公開シンポジウムを開いた。北朝鮮による拉致や核実験などが報じられ、学校を取り巻く状況が一層厳しさを増していることから企画された。(須藤龍也)

略)
 朝鮮学校が国庫補助を受けられない理由として、独自の民族教育を採り入れたカリキュラムが日本の学校と認められず、「各種学校」扱いになっていることがある。

 文部科学省によると、公立小学校への公費負担は児童1人当たり約90万円(04年度)。そうした補助のない西東京朝鮮第一初中級学校は月謝と寄付金が頼り。運営費は1人当たり約35万円と、公費負担分の半額にも及ばない。

 同校では年間必要な経費を約2億5300万円と試算するが、今年度の予算は約7400万円しかない。都や市区町から独自に合わせて約510万円の助成を受けているが、資金不足の解消には遠い。

 10日のシンポジウムでは、02年9月の日朝首脳会談で北朝鮮が拉致を認めたのをきっかけに、助成金支出の方針が即座に撤回されたという自治体の例も報告された。

 同校の慎基成(シンキソン)校長は「日本で生まれ育ち、定住する在日の子どもたちが、初めて朝鮮の言葉や文化を学ぶ場所が朝鮮学校になっている。日本の地域の学校として認めて欲しい」と国庫助成に理解を求めた。
引用終わり
朝日新聞 平成十九年二月二六日
http://mytown.asahi.com/tama/news.php?k_id=14000000702260003

 朝鮮人である人たちが日本という外国に生まれ育ちながら日本の文化を学ばないで、朝鮮の文化を学ぶ学校に対して「日本の地域の学校として認めて欲しい」と要求し日本政府に金を出せという事の異常さ。

 朝鮮学校は我が国のカリキュラムを無視し、教員資格もない人間が教師として教えています。
<選挙権付与の海外同胞、歓迎と憂慮が交錯
FEBRUARY 02, 2009 09:54
●「韓国政治が成熟する機会になる」
 米ジョージワシントン大学の朴ユンシク教授は、「移民に来た後も韓国国籍を放棄していない海外同胞1世たちは、祖国に対する愛着と関心が大きいため、概ね歓迎ムードだ。韓国の政治指導者たちも、海外同胞の政治性向に関心を持つようになるので、グローバル指導者が成長する契機になるだろう」と話した。
 シラキュース大学政治学科のハン・ジョンウ教授も、「85年に留学に来て以来、一度も投票できなかったが、国民としての基本権利を取り戻した感じだ」と語った。
 韓国国籍の在日韓国人で朝日新聞社記者の金ハンイル氏(45)は、「日本でも参政権がない私のような在日韓国人にとって、生まれて初めて選挙権を持つことになり、やっと成人になった気持ちだ。2世、3世の在日韓国人が、韓国に対する帰属感を抱く契機になるだろう」と話した。>

今、手許に「朝鮮高校の青春」(金漢一 光文社)という本があります。一九六四年生まれの在日二世である著者の金漢一氏は小中高の一二年間を郡山市と仙台の朝鮮学校寮生として過ごしたのち一九八七年に英文朝日に入社し、現在はヘラルド朝日のスタッフライターだそうです。
つまり、著者はこの記事にて「日本でも参政権がない私のような在日韓国人にとって、生まれて初めて選挙権を持つことになり、やっと成人になった気持ちだ。2世、3世の在日韓国人が、韓国に対する帰属感を抱く契機になるだろう」と話している朝日新聞社記者の金ハンイル氏です。
 この本には「ボクたちが暴力的だったわけ」という副題がついています。暴力的だったのを自慢し、そのいい訳を・・・・・腐れヤクザも真っ青です。まあ、ヤクザのエリートは多そうですけど。OBが・・・
 その内容は日曜日には街に出てのケンカが義務づけられていたそうで
<三年生は、いわば自由である。取り立てて街に出る必要もない。パチンコ好きな先輩はじつに気楽に「○○パチンコにいるから、カネを持ってこい」と声をかけて去っていく。こうなると持ち合わせがないかぎり、カツアゲしないといけなくなる。先輩命令なので朝高的には合法だ。>p二五

 <先にも書いたように、カツアゲは一応禁止なのだが、先輩に頼まれることで大義名分が立つ。あとは先輩にいわれた以上に「稼げ」ば、おいしい物を食べて、七時の点呼に合わせてタクシーで戻ってくればいいのだ。あたりまえのように街中でノルマを課してくる先輩もいるし、表向きは一応禁止なので中のいい後輩に特別に頼む場合もあった。
 最初からケンカ・カツアゲモードのやつは「暴走族センサー」がついているのではと思うくらい目ざとく、ツッパリどもを見つける。バスから駆け降りて、街行くツッパリに蹴りを突っ込むという感じだ。
 略)
 カツアゲのとき、僕たちは「カネを貸せ」なんて遠回しな表現はあまり使わなかった。ズバリ「出せ」と脅していた。
 略)
 まるで説教強盗だ。自分達から突っかかっておいて、また殴ったりする。なかには、本当に給料をそのままいただいてくる奴がいた。
「おまえ、それひどすぎるんじゃあない?」
「チョッパリには何をしようが構わないよ」>p二八~二九

 <族が冷やかしに来た翌日曜日は、こちらもハイテンションだ。温和な僕でさえも、多少は好戦的な気持ちで街に出る事になる。もう完全に大義名分はこちらにあるという感じだ。
 どんな車が校門前でクラクションを鳴らしたかなんてわからない。とにかく手当りしだいに、信号待ちしている族の車をひっくり返したり、フロントガラスを割ったりする。改造車は軽い車が多いのだ。
 車から出てきた暴走族の連中は、どういうわけか、ひょろりとした線の細いヤツが多い。頭にポマードをべっとり塗っているヤツには、その髪にライターで火をつける。青白い炎がフワッと現れたと思うと、いつの間にか勝手にもがいている。
 ちなみに、クスリと強姦は朝高生にとって御法度だということは付け加えておきたい。>p三八~三九

いずれも人間性をよく現しているお言葉ばかりですが、そんなリッパナな生徒を指導する尊敬できるリッパナセンセイとは
<寮生の場合、生徒が警察に捕まるたびに親が迎えに行くわけにもいかない。当然、先生が保護者として警察に引き取りに行く。ただ、先生が謝るということはまずない。
 それどころか、植民地時代の話を持ち出し、強制連行等の理由で日本に渡ってきた境遇を説明して、日本での差別に苦しめられたからこのようなケンカになるのだと堂々と主張するのだ。
 略)
 捕まった朝高生も、日本人の徴発に乗ってケンカになったの一点張りだ。先生も歴史的経緯説を譲らないで、結局は日本政府が悪いと主張し、どんどん話を大きくする。>p三六
 大ウソをならべて、相手に謝らせるという、これまた朝鮮人の行動パターンがよ~くわかるお話です。まだまだすばらしいセンセイの事が書かれています。

<先生もタバコくらいじゃ何も言わない。それどころか、タバコを吸う人間をしっかり把握して、自分が切らしたときはタバコをねだりに来るくらいである。
タバコくらいで生徒を停学にしていたら「学級閉鎖」になってしまう。それはケンカやカツアゲで捕まっても同じ事だ。>p四一

 二年生が一年生をヤキをいれ過ぎて殺した時の当時の金校長のありがたいお言葉
<「事件の背景には民族差別問題が深くからんでおり、単純な暴行事件ではない」『河北新報』一九八二年二月二日>p七〇

 そんな偉大な大センセイからどのような教育をうけているかというと、
<「首領の命令さえあれば、米帝をこの世から葬り去るぞ」
「この幸せを与えてくれた父なる首領・金日成元帥万歳、万々歳」
 このような曲が、朝からかかるのだ>
<そして、金日成主席(当時は首相)に関する教育も始まった。
 授業でも彼の「革命的家庭」について習いはじめるのだが、主役は副読本ともいえる絵本の『金日成元帥の幼少時代』だった>p一三五

 朝高の一般教室はこうなっていると書かれた一三7ページの絵では、金日成、金正日の肖像が正面に飾られ、金日成の教示などが壁に貼られていることが示されている。
 また、教科書については反日教育はなかったと書きながら
(一九九三年までとして)<教科書は「金日成元帥の革命運動」、そして四年生から「~革命歴史」と名を変え、金日成主席の曾祖父と祖父母の部分を軽く流したあと、両親や弟、叔父など主な親類に触れ、少年金日成から青年金日成への生い立ち、抗日軍を組織して祖国を解放し、労働党創立、建国、朝鮮戦争、復旧建設、計画経済という流れで、近現代の出来事までカバーされていた。>p一三九

そんなウソが書かれた教科書を使って教える内容は
<「君たちは、線路にある枕木を知っていますか?あの枕木の数と日本人に殺された朝鮮人の数は一緒なのです」
「枕木っていくつあるのですか」
「それほど多くの人が殺されたってことです」>p一五九

また、金日成については
<金日成の肖像画のガラスを赤い布で磨くのは日直の重要な仕事だったし、火事の時に真っ先に肖像画を運び出した人の「英雄的行動」が紹介されたりもした。
略)
朝鮮学校には金日成の研究室と称した部屋があり、そこに赤じゅうたんが敷かれていて、石膏の胸像があり、「革命歴史」がパネルになって展示されていた。>p一四四

 ですから当然このような人間ができます。
<この「チョッパリ」「日本人みたい」という言葉は、思い起こせば、朝鮮学校に通っているときにもっとも言われたくない言葉だったといっていい。>p二九
<国旗も気になる。日韓の国旗に関してはあまりいい印象がなかった。国旗に対する冒涜だと非難する人もいるだろうが、日本の国旗は「梅干し弁当」、韓国の国旗は「ペプシコーラ」というイメージが強かった。>p二五八

 こんなのを社員にして平気な朝日新聞

 こんな教育をしている学校が銭を寄越せと日本政府に言う事の理不尽さ。

 そんなリッパナな?朝鮮学校の校長からはこれまたりっぱな「犯罪者」が輩出いたしております。
日本人拉致の犯人として国際指名手配 「朝鮮学校の元校長 金吉旭」
http://www.google.co.jp/search?num=50&hl=ja&inlang=ja&ie=Shift_JIS&oe=Shift_JIS&c2coff=1&q=%8B%E0%8Bg%88%AE%81@%9Df%92v%81@%92%A9%91N%8Aw%8DZ&lr=lang_ja

北朝鮮と共謀した覚醒剤の密輸で国際指名手配 「朝鮮学校の元校長 曹奎聖」
http://www.google.co.jp/search?num=50&q=%91%82%9a%f5%90%b9%81@%8ao%90%c1%8d%dc%81@%92%a9%91N%8aw%8dZ&ie=SJIS&oe=SJIS&hl=ja&lr=lang_ja


 大したものです。流石です。そんな朝鮮学校に肩入れする朝日新聞もこれまた流石です。


朝鮮学校生徒の暴力報道
平成16年6月30日水曜日雨のち晴 ×
 昨日、北区の朝鮮学校の生徒に対しての嫌がらせ相次いでいると、記者会見を開いて再発防止を訴えたそうです。
 中級部3年の男子生徒が、右目を殴られ軽傷を負った他、民族衣装のチマチョゴリを着た女子生徒が駅の階段から突き落とされたり、チマチョゴリを切られたりするなど4件の事件などがあり、うち3件は警察に被害を届けているそうです。
今まで、朝鮮学校の生徒に対しての嫌がらせとして、よく報道されていますが、朝鮮学校生徒の行為などは不思議と報道されていません。
いわゆる、逆差別のひとつでしょうか?
 私の手許の切り抜き記事で、昨年、朝鮮学校として初めて花園に出場した「大阪朝鮮高級学校」のラグビー部の金信男監督みずから「ラグビーで目の前の敵を倒しても発散できず、街で大暴れしていた」OB会長の南秀明氏も「学校から一歩外に出ると、今と比べられないほど、当時の差別はひどかった。誇りを持つためには暴力的にならざるえを得なかった。怖いイメージを保つことで、他の生徒を守る意味もあった」
(2003年11月25日東京新聞より)
 この記事を読んで思うのは、相変わらず悪いのは日本であり、在日朝鮮人は差別されてきたという被害者意識だけだといいうことです。
この人たちは、世界各国における朝鮮系移民と日系移民との差がどこにあるのか考えられないようです。
 



朝鮮高校の矛盾

平成19年1月17日水曜日くもりのち雨 ×
 玉川大学が朝鮮学校生の受験を拒否したというニュースがあったが、どうしてこんな当たり前の事がニュースになるのでしょう。当たり前の事も仰々しく報道する共同通信・・・・
以下引用
朝鮮学校生の受験を拒否
玉川大、一般入試で 神奈川朝鮮中高級学校の高級(高校)3年の男子生徒(18)が今春の玉川大一般入試に出願しようとしたところ、大学側から「朝鮮学校の生徒には受験資格がない」と拒否されたことが16日、分かった。
在日本朝鮮人人権協会によると、現在、国立では朝鮮学校の生徒に門戸を閉ざしている大学はないといい、「私立でも4年制では玉川大ぐらいではないか」としている。
学校教育法では、朝鮮学校は「各種学校」扱いで、以前は大学入学資格検定(大検)に 合格しないと受験できなかったが、文部科学省が03年に施行規則を改正。各大学が
個別に入学資格を判断できるようになっている。
男子生徒は玉川大農学部の受験を希望。中高級学校側が今月10日、問い合わせたところ、大学側は「大学の規定上、朝鮮学校の生徒に資格はない」と回答した。
引用終わり
http://www.47news.jp/CN/200701/CN2007011601000356.html

 朝鮮高校は我が国の学校教育法ではあくまで「各種学校」であって高等学校には該当しません。だから、逆に文部科学省による学習指導要領など受け入れる必要がないのです。つまり、朝鮮高校とは我が国にありながらどんな気狂いじみた偏った教育でも可能な学校なのです。昨今、我が国の高校で問題になった未履修などまったく関係ないのです。
 そんな偏った教育機関?が大学受験資格があるのがおかしいのです。これも逆差別です。
 ましてや、センター試験の外国語には難易度の低い韓国語(これも支那語とおなじく朝鮮語と表記すべきでしょう。まあNHKの「ハングル語講座」ほどではありませんが)で受験出来ます。
 早急に是正しなければいけない日本人がこうむっている醜い逆差別のひとつです。
 


朝鮮学校の校長は犯罪者
朝鮮学校の校長からはこれまたりっぱな「犯罪者」が輩出いたしております。
日本人拉致の犯人として国際指名手配 「朝鮮学校の元校長 金吉旭」
http://www.google.co.jp/search?num=50&hl=ja&inlang=ja&ie=Shift_JIS&oe=Shift_JIS&c2coff=1&q=%8B%E0%8Bg%88%AE%81@%9Df%92v%81@%92%A9%91N%8Aw%8DZ&lr=lang_ja

北朝鮮と共謀しコカインを密輸しした覚醒剤の密輸で国際指名手配 「朝鮮学校の元校長 曹奎聖」
http://www.google.co.jp/search?num=50&q=%91%82%9a%f5%90%b9%81@%8ao%90%c1%8d%dc%81@%92%a9%91N%8aw%8dZ&ie=SJIS&oe=SJIS&hl=ja&lr=lang_ja

 
その他にも、
日本人女性を強姦した上現金を盗んだ朝鮮学校の教員 姜昌求
 

 大したものです。流石です。そんな朝鮮学校に肩入れする朝日新聞もこれまた流石です。
 


 裏表紙

裏表紙