はったり酒屋・知多繁 再掲載

昔書いた日記ですが、読んでてまたくそっ腹が立ってきたので一部加筆させていただき、
再掲載させてもらいますわ!
私が書いた内容のどこかに嘘があるんだったら、何時でも言ってきてください。
知多繁さん待ってますわ!

<はったり酒屋>
日記の文責はすべて、酒たまねぎや店主の木下隆義にございます。


はったり
平成24年4月4日水曜日晴れ △
はったりとは「わずかなことを大げさに言ったり、ありもしない物事をあるように見せたりして他人を圧倒しようとすること。また、そういう言動。」だそうです。

でっ当店のお客様であるホロンさんより「こんなのが載ってますけど」と教えていただいた漫画(イブニング)に掲載されていた文章。

当時仕入れたのはうちぐらいです。
利き酒して責任持って売れるものだけ自前ラベル貼って店頭に」

私は飲み屋として、平成三年春より長谷川酒店の長谷川社長にご紹介いただき、義侠蔵元の山忠本家さんに伺っています。
平成三年に伺った時に、利き酒が終わってから酒を持ち込んでの懇親会?は名古屋の小さなスナックでやった事を覚えています。
その時に、この知多繁という酒屋さんがいらっしゃっていた記憶が全くございません。義侠さんが春に生で酒を出すようになったのは長谷川さんの助言があったと伺った記憶があるのですが、その当時、記憶にない酒屋さんがその生を「当時仕入れていたのはうちぐらい」とはどういう事なのでしょう。私は利き酒にお邪魔した時に、酒屋さんが一件だったなどということは記憶にございません。
ましてや、「当時仕入れたのはうちぐらいです。」って、いくら大きな酒屋さんでも一件だけで蔵元の酒をどれだけ仕入れられるのでしょうか。おい、知多繁さん、あんた義俠さんの石高幾らか知ってるか。

「それも ただ農家から買うんじゃなくて 蔵の社長が自ら田んぼに入って 除草剤なし 有機肥料のみで理想の酒米を作りました
私も田植えの手伝いに行ってますよ」

義侠蔵元の山田社長が音頭をとり東条町での山田錦について、確かに手植え、機械植えの二つの田植えをやったりしたことがありました。
義俠の山田社長に声をかけていただき、平成四年かに一番最初に東条町に伺った時は長谷川社長、横浜君島屋の君島社長、「人形町きくや」さん御夫妻ぐらいだったように思います。

知多繁さんなんてち〜とも記憶にございません。

其の後、みなさんで一時は田植え、稲刈りまでするようになり、長谷川さんはもちろん、山田錦での農業法人を作った当時の十社の蔵元さん、私も田植えなどをやったこともございます。
「私も田植えの手伝いに行ってますよ」と現在でも行っているように書いていますが、でも、先に書いたような田植え、稲刈りなどは随分前の事で、今は、酒屋さん、他の蔵元さん、私のような一般の人間は田植えに東条町には行っていないと思います。もちろん、蔵元さんは東条町へは足を運んでいるでしょうが、田植えまでやっていないのではないでしょうか。

あと、これって随分じゃあありませんか?

「新聞紙で包んだのは?」
「蔵元です
今はおいしくなりましたが
最初の頃の義侠は味も荒くて
色も黄色い汚い色で とても
見せれんかったんでしょう

と少なくとも漫画の中では酒屋さんが言っています。

最初の頃の義侠は味も荒くて 色も黄色い汚い色で とても見せれんかったんでしょう

この「知多繁」という酒屋さんがいう「最初の頃の義侠」とはいつの頃の義侠の事を言っているのでしょう。
ましてや、新聞紙で包むのは遮光のため。
酒瓶がなぜ、あの色をしているのか。
遮光のためやろ。それをもっと遮光の状態をよくするために蔵元さんが新聞紙で1本1本包むんや。
だいたい、茶、緑、黒の酒瓶に入れてある状態で「色も黄色い汚い色で」って、

お前は神様か

アホかと。

蛇足ではございますが、私は昭和六十一年、六十三年、平成三年の義侠三十%は最高に旨いと思った酒の一つです。

知多繁さんはさぞかし随分前から義侠さんとはおつき合いがあるのでしょうね、きっと。

「はったり」という言葉が頭に浮かんできました。

人間のクズという単語が頭に浮かんできました。

あほらし

あと、ホームページを見ていて、「プロのいる店」と書いているのですから、醸造年度(七月から六月)についての説明は正確に書いた方がいいと思います。

http://shop.yumetenpo.jp/goods/d/chitashige.co.jp/g/21020809/index.shtml
魚拓
http://megalodon.jp/2012-0502-1621-34/shop.yumetenpo.jp/goods/d/chitashige.co.jp/g/21020809/index.shtml

「旬鮮和彩kou.」の酒井さんと吉開さんが「八雲むしぱん」の斉藤さんと来店。

初めてのお客様Iさん、Oさん来店。
アキちゃん来店。
しばらく断酒との事。マジか??????

ドンチャン。
記憶あり。
猿よりマシ。
「はったり酒屋」追加
4月17日火曜日晴れ ○
4月4日に日記に書いた愛知県の「はったり酒屋」さんの追加です。

漫画では

<うちはその中でも最高のがほしいんで
何度も蔵に足を運んで
酒蔵タンクごとに利き酒して
タンク別に買い付けてます>

このように書いています。
いかにも、自分の店「だけ」が特別にタンク別に利き酒して買い付けているように言っていますが、義侠を造っている山忠本家さんでは、取引先の酒屋さんは「全て」タンク別に利き酒して買い付けています。
利き酒は決まった日に酒屋さんが集まり、タンク別に利き酒しないと、「注文」できません。
その日は全国から酒屋さんが集まります。

写真はその利き酒の様子です。
 
義侠での利き酒は、描かれているようなタンクから直接利くようなものではありません。
写真のように、ボトルに詰められ、並べられたボトルを利き酒します。


だいたい、買い付ける酒をタンクからそのまま直接利き酒する事の方が少ないと思います。

ところで、知多繁さんは、「当時仕入れたのはうちぐらいです」と言っているぐらい義侠の蔵元さんと古くからのおつき合いなんでしょうが、写真に写っている皆様より古いお付合いなんですか?

その当時って、いつの頃や。
少なくとも俺が義俠さんに通わせてもらって、当時専務だった今の義俠の山田社長が東京に来た時に、
クーラーもない早稲田の俺のボロアパートに泊まっていた当時、
俺はお前のことなど知らんわ!

まさに「はったり」酒屋の面目躍如です。

あほらし

メチャヒマ。
Sくん来店。
のみ。
朝五時起きで、山梨ワイナリー巡りに出かけて行った雅ちゃんの今日の戦利品。

これを担いで?帰ってきました。

今日は飲まず。サルでもエビでもない。


 

表紙にもどる
URAホームページ