ブルーリボンを「辺野古新基地建設反対運動」に使い出した人間のクズども

ブルーリボンを「辺野古新基地建設反対運動」に使い出した人間のクズども
6月29日月曜日晴れ○
ブルーリボンとは、北朝鮮による拉致被害者の救出支援活動の象徴である。
普通、我が国国民であれば「ブルーリボン」とは何を表すか理解しているはずである。
そのブリーリボンを「北朝鮮からの拉致被害者奪還」ではなく、
「辺野古新基地建設反対運動」に使いはじめたそうです。

 

スクリーンショット 2015-06-23 14.24.47

スクリーンショット 2015-06-23 14.25.03
翁長県知事自ら、反対集会にブルーリボンをつけて登壇しています。
何とも腐りきった連中です。

スクリーンショット 2015-06-23 14.26.11

< 日本共産党・まえさと保ブログ

http://maesato5688.ti-da.net/e7546484.html

戦後70年 止めよう辺野古新基地建設!沖縄県民大会」が5月17日那覇市のセルラースタジアムで開催される。
中略
記者会見では、参加できない県民が「ブルーリボン」で連帯の意志を示せる取り組みをすることも報告された。 >

まさに人間のクズです。

死ねよと

今日は部屋の片付けで一日が終わる。
酒は飲まず。