Category: 大東亜戦争

「天皇の軍隊」にみる著者の姿勢 本多勝一とついでに長沼節夫

本多勝一とついでに長沼節夫 どちらもバカ 文責はすべて、酒たまねぎや店主の木下隆義にございます。 「天皇の軍隊」にみる著者の姿勢その1  2月14日火曜日 晴れ △       URAに平成18年2月25日に掲載  「天…



オランダのインドネシア統治と我が国の軍政の比較

オランダのインドネシア統治と我が国の軍政の比較 文責はすべて、酒たまねぎや店主の木下隆義にございます。 オランダのインドネシア統治の特徴 オランダの統治の特徴は分割統治とし、互いの反目する小王国同士の内紛に乗じて、分裂離…



池田正枝という嘘つき女

池田正枝という嘘つき女 文責はすべて、酒たまねぎや店主の木下隆義にございます。 平成19年1月25日木曜日 晴れ 珍しく飲まず。  先日下記のような記事が南朝鮮の東亜日報に掲載されました。 以下引用 「『懺悔の年賀状』こ…



アーロン収容所にみるイギリス人

アーロン収容所にみるイギリス人 文責はすべて、酒たまねぎや店主の木下隆義にございます。   平成19年8月27日月曜日晴れ ○  会田雄次氏はその著書「アーロン収容所」の前文に、捕虜生活においてイギリス人については下記の…



反日活動家・鈴木裕子というどうしようもないバカ女

反日活動家・鈴木裕子というどうしようもないバカ女 文責はすべて、酒たまねぎや店主の木下隆義にございます。 鈴木裕子 平成23年1月18日火曜日晴れ寒い × 鈴木裕子 (女性史研究家) <鈴木裕子(すずき ゆうこ、1949…



「ソウルに刻まれた日本」

「ソウルに刻まれた日本」 平成21年11月3日火曜日晴れ ○  「ソウルに刻まれた日本」(鄭雲鉉著 武井一訳 桐書房)という平成十一年に出されたこの本を読んだときに、まず最初に驚いたのは、創始改名について、やっと、十年前…



鏑木正隆少将

鏑木正隆少将 文責はすべて、酒たまねぎや店主の木下隆義にございます。 平成18年5月12日金曜日はれ ○ 平成30年11月28日一部追加 SAPIO(平成十七年八月二十四日/九月七日)に掲載された米公文書館で発見されたと…



福岡良男氏のインドネシアでの医療活動

福岡良男氏のインドネシアでの医療活動 文責はすべて、酒たまねぎや店主の木下隆義にございます。 支那とインドネシアの差? 平成21年1月11日日曜日晴れ ○ 我が国のNPO法人が編集した日本語教材が支那で出版されたが、原本…



工藤俊作

工藤俊作 平成21年9月28日追記 文責はすべて、酒たまねぎや店主の木下隆義にございます。 平成18年10月24日火曜日 現在の我国には軍人を必要以上に悪くいったり、蔑視する人が多くいます。しかし、世界の方々に尊敬されて…



朝鮮人は戦後我が国で何をやってきたか その4

朝鮮人は戦後我が国で何をやってきたか その4