めでたく男組・ブヨブヨ添田充啓が起訴へ

10月26日水曜日晴れ△
高橋直輝こと添田充啓(40)あの朝鮮人の手先、犬であるしばき隊(代表・有田芳生スターリン大センセイ)の逮捕要員、クズの集まりの男組代表・ブヨブヨ落書き男の添田充啓(通名・高橋直輝)がめでたく起訴されたそうです。
<2016.10.26 12:28産経新聞
米北部訓練場抗議で初起訴…沖縄、反対派の男

那覇地検は26日、防衛省がヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)の建設工事を進める米軍北部訓練場(沖縄県東村高江など)で、工事への抗議活動中に防衛省職員にけがを負わせたとして、傷害罪と公務執行妨害罪、米軍施設内に侵入した日米地位協定に伴う刑事特別法違反の罪で、無職の添田充啓容疑者(43)を起訴した。
7月から着手されたヘリパッド工事への抗議活動を巡る起訴は初めて。添田被告は今月4日、傷害容疑で逮捕され、容疑を否認していた。人種差別主義に反対する団体「男組」のメンバーとみられる。
起訴状によると、添田被告は9月24日、正当な理由がないのに立ち入り禁止の北部訓練場内に入り、防衛省職員の胸を突き飛ばして転倒させ、後頭部打撲など約2週間のけがを負わせた、としている。
ヘリパッドでは米軍輸送機オスプレイの運用が予定され、騒音を懸念する住民らが連日、抗議活動を展開。9月からは訓練場内での活動も頻繁に起こり、警備する機動隊や防衛省職員との衝突が激化している。>

<防衛局職員にけがさせた男起訴

先月、ヘリコプター発着場の建設工事が行われているアメリカ軍北部訓練場に入り、防衛局職員を突き飛ばして頭を打つけがを負わせたとして、建設工事に反対する抗議活動をしていた男が日米地位協定に伴う刑事特別法違反や傷害などの罪で起訴されました。

起訴されたのは住所不詳、無職の添田充啓被告(43)です。起訴状などによりますと、添田被告は先月24日の午後、国頭村のアメリカ軍北部訓練場に入り、沖縄防衛局の男性職員を突き飛ばして転倒させ、頭を打つけがを負わせたとして、日米地位協定に伴う刑事特別法違反や傷害などの罪に問われています。

那覇地方検察庁は認否について明らかにしていません。弁護士によりますと、添田被告は「相手を転倒させてケガをさせるつもりはなかった」と話しているということで、弁護士は事実関係について裁判で明らかにしていきたいとしています。

10月26日 19時16分 NHK 沖縄放送局>

でっこの落書き添田容疑者は当然、しばき隊の代表である有田芳生スターリンはもちろん、福島みずほとも昵懇らしいです。

Ct7bQD1UMAAOGVv<2016.10.4 17:41産経新聞
北部訓練場の暴行で逮捕 容疑者は社民・福島瑞穂議員らと接点
沖縄県の米軍北部訓練場(東村など)の過半の返還に向けたヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)の移設工事に対する妨害活動で、防衛省沖縄防衛局職員にけがを負わせたとして、沖縄県警は4日、傷害の疑いで、工事反対派で住所・職業不詳の添田充啓容疑者(43)を逮捕した。添田容疑者は8月ごろから北部訓練場の妨害活動に参加。社民党の福島瑞穂参院議員が現地を訪れた際には行動をともにしていたという。
添田容疑者は9月24日、訓練場内のヘリパッド移設工事現場で防衛局職員らともみ合いになり、職員1人が倒され、頭部打撲など全治2週間のけがを負ったとして防衛局が27日に県警へ被害届を出していた。
産経新聞 10月4日>

有田芳生 男組スクリーンショット 2016-06-17 11.12.53

ところが、その添田が捕まっている間に福島も有田も添田のためにいろいろと動いたようなことはないようで、逮捕要員そのままの扱いを受けております。

四十過ぎてこんなことやっているようなアホですから、もう用済みなのでしょう。

朝鮮人の犬「男組」を特集したゲス朝鮮人番組

通名・高橋直輝(本名。添田充啓)と云う御仁

ほんまアホらし

Nさん五名様で来店。
Yさん来店。

ドンチャン。
記憶あり。
猿よりマシ。