らしさ(在日朝鮮人の不法占拠)

文責はすべて、酒たまねぎや店主の木下隆義にございます


平成18年9月14日木曜日曇り一時雨 ×
 在日朝鮮人の団体が不法占拠といういかにもというニュースがありました。
以下引用
◇高槻市が在日団体を提訴へ 中学校の一室不法占拠
 大阪府高槻市は5日、市立第一中学校の一室を1年以上、不法占拠しているとして、同市の在日韓国・朝鮮人団体「高槻むくげの会」に対し明け渡しを求めて大阪地裁に提訴する方針を明らかにした。9月定例市議会に関連議案を提出する。
 市教委によると、昭和60年度に「在日韓国・朝鮮人教育事業」をスタート。市教委は同会と日本語の識字学級や地域子供会などを共同で行い、「便宜供与」として同中学校青少年課分室の一部、約30平方メートルの使用を認めてきた。
 しかし、市教委はこの事業を平成13年度から「多文化共生・国際理解教育事業」に変更。
在日韓国・朝鮮人だけでなく、ブラジル人やフィリピン人などにも部屋を開放することになったが、同会が占有した状態が続いた。このため昨年1月、同年3月末までに部屋を明け渡すよう求めたが、
「差別、弾圧だ」などと拒否したという。
 同会は4月以降も明け渡しに応じず、部屋を無断で使用して日本語講座などを有料で開催。
光熱費は中学校が負担しているという。
 市教委青少年課は「他の市民に説明がつかない」。同会の李敬宰会長は「提訴は非常に遺憾。断固戦う」としている。
産経関西
http://www.sankei-kansai.com/01_syakai/sya090602.htm
引用終わり

 今日、発売の週刊新潮(平成十八年九月二一日号P一三四)でもこの事についての記事が掲載されています。
それによると、この在日朝鮮人のメンバーが、高槻市教育委員会の幹部宅まで押しかけて「○○は差別者」などと記されたビラを撒く等など激しい抗議行動を展開したそうです。
 この不法占拠在日朝鮮人団体会長である李敬宰氏は「不法占拠と市が主張する根拠はここ(中学校)に事務所があるからですか。我々の活動を市がキチンと引き継いでくれるなら、いつでも出て行きますよ。市がやらないから、当然の権利としてここにいるんです。共産党が議会で、我々がここに事務所を置くのはおかしいと追求したことがあった。市教委が、行政の一環だから問題ないと答弁し、事務所問題には決着がついている。今さら市が明け渡しをいうのは、朝鮮人つぶしとしか考えられないですね」

 こんなアホな理屈よりも、週刊新潮の同じ記事にあった下記の言葉の方がよっぽど説得力があります。
「どうして韓国、朝鮮の人だけが、水道代も電気代も払わず、中学校を使えるんですか。校内にあるむくげの会の事務所の前には、会の関係者以外立ち入り禁止の看板が出されていました。フィリピン人やブラジル人にも解放しなければならないのに、むくげの会が不法に占有しているのです」
(青少年課)

 <「差別、弾圧だ」などと拒否>なんという在新朝鮮人団体の面目躍如という感じのニュースでしょう。差別、弾圧というのはこの人たちにとってはお約束のフレーズです。
この「むくげの会」の
ホームページをみると、「高槻むくげの会は反差別と人権を基本とした多文化・多民族共生社会の実現を目指しています。」とか宣っています。
 だいたい彼らがホームページに書く
http://www.mukuge.net/akewatasinokenkai.htm外国人の子どもたちは差別から守られる教育を奪われ、苦しい思いをしながら学校に通わざるを得なくなりました。」などというのがいかににもウソくさく思えるのは私だけではないでしょう。
 いったいどのような差別をされているというのでしょう。彼らの言う差別とは何でしょう。そもそも、国民と外国人を差別するのは当たり前であり、世界中、国民と外国人が同じ権利を有している国などどこにもありません。在日朝鮮人は日本人に対して逆差別せずに、外国人であるという自分たちの事を意識すべきです。
 私がメキシコでプータローをやっていた時の友人で現在東京で矯正歯科医院を開業している人の話では、矯正治療とは長期間かかるもので、全額を一度に払うのではなく、ある程度は治療が終わってから精算する金額があるそうで、その治療費を開業してから今までに二件踏み倒されたことがあり、その二件とも在日朝鮮人だと言っていました。外国で暮らす時には少しでもその地で尊敬されるように生きるものですが、どうやら違うようです。
 「差別だ、弾圧だ」などと騒いでいるだけでは決して解決しないでしょう。自分達の現在の姿をもう一度冷静に見つめなおした方がいいと思います。自らまいた種だということを気付くべきでしょう。


在日朝鮮人の不法占拠を擁護する神戸新聞

平成20年1月24日木曜日晴れ ×
 私の故郷である淡路島は、江戸時代は阿波藩の蜂須賀家の家老である稲田家が治めていました。明治になり稲田騒動、廃藩置県後、一年だけは徳島県でしたが、その後、兵庫県に属するようになりました。その兵庫県で大きなシェアを占める地方紙が「神戸新聞」です。この神戸新聞は、まさに小朝日新聞と言っても過言でもない存在です。
その腐れ小朝日新聞からの引用です。
以下引用
年に十三万便近い航空機が発着する大阪空港。
そのすぐ北西にある集落が、間もなく姿を消す。
伊丹市の中村地区だ。 住民の八割が在日韓国・朝鮮人である。
三ヘクタール余りの地区の大半は国有の空港用地などで、国はここを「不法占拠」とみなしてきた。
しかし二〇〇二年に、住民への移転補償を決め、隣接地に市営住宅が建てられた。 五十世帯が昨年入居し、残る四十五世帯への鍵渡しが先ごろあった
地区の歴史は戦前にさかのぼる。
軍用化へ向け飛行場を拡張する工事で、千人の労働者が朝鮮半島から集められた。 むしろ敷きの簡易宿舎に住み、猪名川の砂利をトロッコやもっこで運んだ。 そんな過酷な生活や作業の証言は多い。
同じ戦中の空港建設で朝鮮人が住むようになった京都・ウトロ地区の歩みとも重なる中村地区は戦後、残った人に加え、住む場所や仕事を求める人々が移ってきた。
民家が軒を連ねており、火が出ると瞬く間に燃え広がった。
国は焼け跡を囲って建築を差し止めたが、住民はこっそりと建て替えたそうだ。
しかし、「不法」のため下水道は今も未整備のまま。
もちろん騒音対策の対象にもならなかった
「地区の歴史を残すため、せめて碑でも」。 住民からそんな声を聞いた。
移転にこぎ着けた安(あん)堵(ど)、地区への愛着、
在日コリアンを生んだ歴史的な背景、
「不法占拠」とされてきた悔しさ
さまざまな思いが込められた一言だろう
中村地区の跡地は、あと二カ月で更地になる。
ここに刻まれた思いと歴史は、しっかり心にとどめたい。

引用終わり
神戸新聞「正平調」 2008/01/23
http://www.kobe-np.co.jp/seihei/0000810685.shtml

 以前も「
神戸新聞と朝鮮総連とのつながり」について書いた事がございますが、このコラムも同じようにアホウさ満載です。
 <戦後、残った人に加え、住む場所や仕事を求める人々が移ってきた>
<国は焼け跡を囲って建築を差し止めたが、住民はこっそりと建て替えた>
これって、不法占拠以外にどのような説明ができるのでしょう。
同じ神戸新聞は過去に下記のような記事があります。
<終戦直後、多くの朝鮮人労働者がこの地を去った。日本の敗戦は帰国への道を開いたが、祖国は同時に分割占領下に置かれた。戦後の混乱の中、貧しさも手伝い、行き場を失った朝鮮の人々。彼らは再び知人や親類を頼りに日本各地から中村地区に集まってきた。>
(掲載日:2002/02/15)
http://www.kobe-np.co.jp/chiiki/rensai/0202hansin/02.html
 
まさに「不法占拠」以外のなにものでもありません。それを不法占拠と言われるのが悔しいってアホですか。まさに、密入国までして我が国に来ていながら、「強制連行されてきた」とウソをついて平気な厚顔無恥在日朝鮮人の典型です。

 こういった、在日朝鮮人のヤクザ以下のゴネ得を許してきたために、在日朝鮮人は外国人の身分のまま数々の特権を得てきました。それでいて、差別差別の騒ぐ人たち。
 ネットの翻訳掲示で、朝鮮人が<板台湾が韓国より先に進んでいる分野がただ 1個でもあるか? >と書いていました。
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=teconomy&page=4&nid=1955922&st=writer_id&sw=jokbal55
 それに対しての答えがみなさんお約束通りで笑えました。
 
「民度」
 ごもっとも。

 

裏表紙