大笑い「銭で買った」池田大作氏の名誉

文責はすべて、酒たまねぎや店主の木下隆義にございます


平成17年11月29日火曜日晴れ  平成18年1月5日一部追記
 河岸でタダで配られているキチガイ新聞こと聖教新聞の今日の第一面の見出しは、「ネパール写真家協会 池田SGI会長を終身名誉会員第一号に」というものでした。
第一号というのはつまり、池田氏のためにわざわざ設けたものということになります。すごいものです。
しかし、150万人もの創価学会員がいる南朝鮮では下記のようなテレビ番組が放送されたそうです。
以下引用
韓国のテレビ局が報じた「池田大作とは何者か」
「驚きました。この番紺は放送前に予告編を流すのですが、今回はその段階で抗議の電話が殺到したのです。内容は、”放送をやめろ”というもので、抗議電話ですべての同線が埋まってしまったほどです。私の携帯電話の番号もどこで調べたのか、知らない人間からひっきりなしに電話ががかり、罵声を浴びせられました」
 そう語るのは、創価学会の検証番組を放映した韓国SBS(ソウル放送)金鐘一プロデューサーである。
 略)
この番組の圧巻は何といっても、池田氏が海外の大学等から贈られる名誉教授の称号や学位が、実は、多額のお金(寄付)による見返りであることを初めて暴露した点にある。
 創価学会は、これまで池田氏が世界各国から学位や表彰状を受けていることを盛んに喧伝し、その数は学位だけでも180にのぽるという。
 番組では、韓国の大学からも16の名誉博士や名誉教授、そして感謝状が贈られたことを明らかにしているが、その一つ、済州島にある済州大学のチョ・ムンブ前総長は番組で、「大学では世界文化に貢献した人に名誉博士号を与えるのは当たり前のことなのです」
 と語っている。ところが番組は、池田氏に名誉教授を贈った忠清大学のチョン・ジョンテク学長から、こんな証言を引き川したのだ。
 「私は(創価大学から)名誉博士号を受けたし、わが校を助けてくれたんだ。図書資金を5000(万ウオン=約500万円)出してくれて、発展基金に2億出して、また文化祭で3億ウオン、出してくれて、だから……」
 忠清大学から池田氏に名誉教授の称号が贈られたのは、韓国経済がどん底にあった98年のことだそうだ。この学校にとって5億5000万ウオンという援肋がいかに有り難かったか、想像に難くない。
 SBSの金プロデューサーはこういう。

 
「私は、池田氏が、なぜそこまで名誉や学位にこだわるのか不思議に思いました。同時に、宗教指導者としての道徳観に疑問を持ったのです。そういう肩書や感謝状が、事実上、お金を払った見返りであることは、おかしいと思いますね」
 ジャーナリストの段勲氏いう。
 「池田氏がもらう勲章や字位はカネで買っているんだろうという噂は以前からありました。しかし、大学で地位のある人物がこれを認めたというのは過去にも例がないと思います。貴重な証言です。池田創価学会は、日蓮正宗に破門されて以降、御本尊という象徴を失い、池田氏の神格化、カリスマ化を徹底して打ち出してきました。聖教新聞の一面に"池田先生に○○大学が名誉博士号授与"といった類いの記事が出るのは、そのためです。しかし、それにつれて、それまでは日常的に報じられてきた、学会が○○大学に本やパソコンを寄贈した、という記事が急に姿を消したんです。しかし、今回のSBSの報道で、それらが今も続いており、その見返りに池田氏へ名誉教授の授与などがおこなわれていることが、はっきりわかりました」
 ちなみに池田氏を称賛した前出の済州大学に、本誌が改めて、聞いてみると、時価5000万ウオン相当のコンピューターを寄贈されたことを認めたのである。

略)
引用終わり 
週刊新潮平成17年10月6日号 P54〜58

 銭で買っている名誉というわけです。名誉欲、権力欲にまみれた宗教家らしからぬ池田大作氏らしいといえばそうなのでしょう。
だいたい、池田氏の写真というのも、カメラマンがすべてをセットして、シャッターを押すだけというのをどこかで読んだ事があります。
著作についても、超人ぶりを発揮しております。池田氏はよくあれだけの本を書く時間があるものです。きっと、寝ないのでしょう。すんばらしい!!!!!!

あほらし。


アホからのメール

平成23年5月4日水曜日晴れ △ 42

 先日、創価学会信者と思われる人間のクズからメールがありました。

以下その内容です。

Tadashi Kubo kubo@ahoaho.ocn.ne.jp

2011年 5月 1日 日曜日 7:45 PM

gomi-daisakutokin@tamanegiya.com

木下隆義様へ

<池田大作氏がどうしてあんなにも世界の名だたる名門大学から名誉博士号や名誉教授称号をもらっているのかがよくわかりました。

「銭で買った」池田大作氏の名誉は忠清大学のチョン・ジョンテク学長から、こんな証言を引き川したのだ。
 「私は(創価大学から)名誉博士号を受けたし、わが校を助けてくれたんだ。図書資金を5000(万ウオン=約500万円)出してくれて、発展基金に2億出して、また文化祭で3億ウオン、出してくれて、だから……」
 忠清大学から池田氏に名誉教授の称号が贈られたのは、韓国経済がどん底にあった98年のことだそうだ。又、時価5000万ウオン相当のコンピューターを寄贈されたことを認めたのである。
貴重な証言です。
創価学会や池田大作氏が裏金を作って悪事をはたらいたり、池田氏やファミリーの私腹を肥やしたり、豪邸に住んだりしているのではないかと思っていましたが、全くそうではなく、世界各国の教育機関である大学に多額の寄付をしたり、大事な教育環境の整備に投資している事実が「沢山の名誉称号」の理由だったのだとびっくりしました。


木下さん、そうゆうの「銭で買った」って、ふつう言わないよ?ばかだなあ…こけ落とすならもう少し考えないとネ

関東在住、自営業、50歳の久保です。

 読み辛いですが、改行、赤文字や青文字の大きさ比率、色は送ってきたのをそのままにしてあります。

 私が書いた「大笑い銭で買った池田大作の名誉」についての反論のつもりらしいです。

 

 つまり、久保氏はこう言いたいと思われます。

「池田大作氏は大学に寄付をしていて、代わりに名誉称号をもらっているのが何処が悪い。銭で買ったとは言わない」

 久保さん、

 あんたは

 アホですか。

 バカですか。

 ○○○ですか。

 

 

 どうして創価学会が「組織」で寄付したことが

創価学会や池田大作氏が裏金を作って悪事をはたらいたり、池田氏やファミリーの私腹を肥やしたり、豪邸に住んだりしているのではないかと思っていましたが、全くそうではなく、>

と脳内変換出来るのでしょう?

 どこをどう理解すれば池田氏が裏金を作ってないとか悪事をはたらいてないとか、私腹をこやしてないとか、豪邸に住んでいないとかになるのでしょう??????

 池田大作氏は表に出ているだけでも、四谷税務署内順位で常に上位一桁の納税額です。参照→池田大作氏の収入

 

 ましてや、創価学会とは池田大作氏の個人の持ち物ですか。

 創価学会がという宗教「組織」が寄付をした事により、その見返りとして池田大作氏という「個人」にどうして名誉称号が与えられなければいけないのか。

 また、この久保氏は奇しくも

「教育環境の整備に投資している事実」

と書いているが、「投資」とはまさに利益を得る目的で、投資対象となるものに資金を投下することであり、転じて、その将来を見込んで金銭や力をつぎ込むことである。

 創価学会の場合は池田氏への名誉称号という見返りを求めてまさに「投資」しているのである。

 私が引用させていただいた週刊新潮が

<この番組の圧巻は何といっても、池田氏が海外の大学等から贈られる名誉教授の称号や学位が、実は、多額のお金(寄付)による見返りであることを初めて暴露した点にある。>

と書いているように、池田大作氏の名誉称号は「銭で買った名誉」以外の何ものでもない。

 そして、それは名誉欲、権力欲にまみれた池田大作という宗教家とはほど遠い人間の醜い姿をよく現しているものである。

 この久保という人は公と私の区別もつかない人間のクズ、ゴミです。

 人間ここまでアホにはなりたくないものです。

 今日は午後からスポーツセンターへ行く。

 胸部と上腕三等筋のみのメニューを消化。

 高田馬場にあるトンカツ屋さんで遅い昼食。

 帰りにビックボックスで開かれていた古本市を覗く。

 「初年兵日記」(朝香進一 鵬和出版 昭和五十七年刊)などを購入。

 今日はメチャヒマでオチャピーかと思っていたら、ホロンさん来店。

 副店長さん来店。

 私は今日はあまり飲まなかったので、サルでもエビでもない。


 

裏表紙