朝鮮人による玄界灘殺人事件「第18光洋丸」

文責はすべて、酒たまねぎや店主の木下隆義にございます


 

 平成15年7月2日玄界灘で鳥取県の巻き網漁船「第18光洋丸」に、南朝鮮の興亜海運社船主コンテナ船「フンア・ジュピター」が衝突し、沈没した漁船の乗組員1人が死亡、6人が行方不明になりました。コンテナ船の航海当直責任者で2等航海士の尹国大容疑者(21)を業務上過失往来危険と業務上過失致死の疑いで逮捕したそうですが、この南朝鮮人は「光洋丸など数隻の船がいるのは確認していた。直前には衝突回避も試みた」「衝突の30分ほど前から肉眼とレーダーで確認したが、イカ釣り船や底引き網漁船だと思った。漁船側が衝突を回避できると思った」などと供述。操業中に急な方向転換や移動がしにくい巻き網船団だとは思わなかった、との認識を示し容疑を否認ているそうですが、衝突する約3キロ前から、光洋丸や僚船など6隻が汽笛を鳴らし、ライトを点滅させるなどの合図をしたが、コンテナ船はコースを変えず、速度も落とさないまま、光洋丸の左舷中央部にほぼ直角にぶつかったそうで、たった1分で沈んでしまったそうです。

下記の図は2ちゃんねるにあったものをコピーさせていただいたものですが、この南朝鮮船の無法ぶりがよくわかる図です。


(7/2再検証-1)
                         ○  ○「巻き網船団」操業中(ほぼ停船状態)
    
→                       ○
 フン・ア・ジュピター       第18光洋丸
30分前から船団が
見えていたらしい。              ○    ○ 


(7/2再検証-2)
                         ○    ○ 「巻き網船団」操業中
                            操業中のため各船動けず
                           接近船側に回避義務有り!
    ────
        ΣΣ          ○
 速度一定で一直線に接近   第18光洋丸       
相手は船団を組んで操業中   約3キロ離れたポイントから漁灯や汽笛で合図
かつ停船中であるのに            ○    ○ 
トロール船と判断?

「相手が避けるだろう」と考える!


(7/2再検証-3)
                         ○    ○ 
    ────────────
          ○
    速度を落とさず激突!
                         ○    ○ 

(7/6再検証-4)
                       ○
                    ○    ○
    ────────────ヽ
第18光洋丸衝突一分後沈没!
                       \ ○  ○ 船団が救出活動開始
                        \
                          \
                           
フン・ア・ジュピター救出活動放棄し現場を離れる

関係者の証言
尹国大容疑者(21)証言
・30分前から光洋丸など数隻の船がいるのは確認していた。直前には衝突回避も試みた
・眠っていないし、見張りの義務は果たした。
・イカ釣り船や底引き網漁船だと思った。漁船側が衝突を回避できると思った
・レーダーと肉眼で光洋丸など数隻を確認した。


漁師の証言
・漁灯や汽笛で何度も警告したが、貨物船は減速しないで突っ込んできた。


状況証拠
・貨物船の船首が光洋丸の左舷中央にほぼ直角に衝突した。
仮に、尹国大容疑者がレーダーと肉眼で確認したなら、船が動いていない事が判ったはず。

 仮にイカ釣り船や底引き網漁船でも、コンテナ船は避けなければいけないのです。だから、この痛ましい事件をおこした朝鮮人は。日本の漁船を脅してやれと思って、スピードもゆるめずに、進路も変えずに危険な操船をした確信的な行動をとっています。そして、衝突したあとも、サーチライトで照らすなどという事もせず、救助活動を放棄して現場を離れています。乗組員の人間性がよく判る行動です。
 

 TBS・筑紫哲也にみる醜い報道

 この船には南朝鮮人6人と支那人10人が乗り組んでいたそうですが、あの筑紫哲也のN23ではパナマのコンテナ船が衝突事故を起こした」としか報道しなかったそうで、南朝鮮の会社の船とか朝鮮人が操船していたなどは微塵もでなかったそうです。パナマのコンテナ船とはさすがはTBS、さすがは筑紫という感じです。
 
少し前にも書きましたが、かってこの番組は5月7日に有楽町にある東京国際フォーラムで行われた「拉致はテロだ!国民大集会」という二万人も集まった集会をナショナリズムの集会だったからと一切言及も報道もしませんでした。
支那、朝鮮の顔色しか見ない筑紫哲也にとっての報道とはなんなのでしょう。

このようにTBSをはじめとして、多くのマスコミが南朝鮮に気づかって形通りの報道しかしていません。日本中が非難の声をあげたアメリカ潜水艦による「えひめ丸」事件と比較したものが下記の表です。

えひめ丸事件

玄界灘殺人事件

被害者人数

9人不明(うち4人が学生)

1人死亡6人不明

救出活動

米側が26人を救出

無視・逃亡(未遂)

捜索 

米海軍が8人の遺体を発見

海保・漁船側が捜索中

船籍

アメリカ

パナマ

加害国

アメリカ

南朝鮮

加害者

アメリカ人

朝鮮人

謝罪

米側はブッシュ大統領より森総理(当時)、パウエル国務長官より河野外務大臣(当時)に電話で謝罪した他、大統領特使ファロン海軍大将が大統領親書を携行して来日(2月27日〜3月1日)し、愛媛県も訪問(2月29日)。米国はあらゆる面での責任を認めている。

なし

発生地

アメリカ・ホノルル沖

日本・玄界灘

被害船

実習船「えひめ丸」(499t)・航行中

漁船「第18光洋丸」(135t)・操業停泊中

事件概要

平成13年2月10日(日本時間)、ハワイ州オアフ島沖で愛媛県宇和島水産高等学校の練習船「えひめ丸」(35名乗船)が、緊急浮上した米原子力潜水艦「クリーンビル」ワルド艦長が、同乗していた一般人に急浮上を体験させるために、海上を確認をおこたり、衝突され沈没した事件。

平成15年7月2日操業中の巻網船に、30分前から確認できていたにもかかわらず、また漁船側からは約3キロ離れたポイントから漁灯や汽笛で合図するも、それを無視して、朝鮮人が減速もせずに船体に直角に追突、瞬時に沈め、救助活動も放棄し逃走未遂を起こした事件。

 あの悲惨な事件であった「えひめ丸」と今回の南朝鮮人による犯罪である「第18光洋丸殺人事件」とどれほどの差があるのでしょうか。どうして、筑紫哲也、TBSをはじめとするマスコミはこの事件を隠そうとするのでしようか。罪も無い日本人が、バカな朝鮮人の手により無惨にも殺されているのに、どうして、そんな朝鮮人に気を使う必要があるのでしょうか。


インターネットにあった、南朝鮮人による漁船玄界灘殺人事件の情報です。
下記にある共和水産という会社名は、南朝鮮人に沈められた「第18光洋丸」を所有していた会社の名前です。

58 名前:問い合わせ電話担当[] 投稿日:03/07/05 22:35 ID:Sw1P+/5W
共和産業さんと共和水産さん(両方とも共和グループ)の電話対応は
どちらも非常に感じよかったです。
共和水産(株)の海務部部長さん
●今のことろ相手の出方不明。
 いずれ保険交渉なども始まるでしょうが、「船主責任の制限」があり、
 例えば3億なら3億で上限があり、それ以上は責任が問われない法律がある。(詳しい人解説希望)
 国際間の交渉でもあり、今後の補償問題は非常に難しいでしょう。
●お国柄の違いなんでしょうが、今のところ弔電のひとつもない。
 私達からすると、詫びの一つでも入れば気持ちも違うんですが。
●今後協力を県や市に呼びかけたり、マスコミに働きかけたり、
 協力をお願いするかもしれませんが、 私達は焼け太りしたいわけじゃないですし、最終的に社員の雇用を自力で守れる自主再建が願い。
漏れ→今も全国レベルでは情報が全く無いです。今後支援金など募ることがありましたら、マスコミだけではなく、HPなどに書いていただけば知ることが出来ますので検討してください。
 
●行方不明者家族は今日13:30長崎から水産高校の船に乗って、

 
捜索に出ました。
●今は家族も難しい状況とは知りつつ、一縷の望みにかけている状態ですから。
 そんな風に気にかけてくださってる方たちがいると知って、本当に力になります。
 ありがとうございます。


それに対して、南朝鮮の会社の対応は
共和水産によると、貨物船のオーナーである南朝鮮企業
興亜海運社は、東京都内の代理店を通じ「逃げも隠れもしない。落ち着いてから話し合おう」と伝えてきたという。なんという醜い言い種でしょう。
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20030702AT3K0203D02072003.html日経2003年7月2日(リンク切れ)

ちなみにこの興亜海運社が起こした日本関係の事故は


2000年6月22日愛媛県 松山港
「ヒュンガジュピター」号第11金山丸に衝突。両船とも損壊。


2002年11月10日新潟県 粟島
「ヒュンアウルサン」号、コンテナ流出事故おこす。
 この時の船長は
鄭楽允(ジョンナギュン)


2002年08月23日山口県 周防灘
「ヒュンガバンコク」号、小型底引き網漁船「生福丸」に衝突。
「生福丸」岡崎三次船長(62)死亡。


2003年7月2日福岡県 玄界灘
「ヒュンガジュピター」号、第18光洋丸に衝突。
光洋丸沈没。死者行方不明7名。航海士 尹国大(ユン・グックテ)逮捕。
 船長は
鄭楽允(ジョンナギュン)


船も船長も日本の新聞に名前のる事2度。
一年と経たない前にも同社は死亡事故を起こしている。
この朝鮮人による暴走無法船、無法会社をこのままにしておいていいのでしょうか。

 昨年事故で、在韓米軍が女子学生2人を死亡させたときには、国中が反米の嵐でした。日本人相手に殺人事件をおこした時は、弔電すら打たずに、逃げも隠れもしないというなんという言い種でしょう。その前にいう事とやることがあるだろうに、こういったところにも朝鮮人というものの民度の低さがよ〜く表れているように思います。

 しかし、行方不明者の捜索をしている時に、この共和水産の母港がある鳥取県境港市の県知事である片山善博という人はなにをやっていたかというと、
 わざわざ南朝鮮に7月4日に伝統旅館の女将など、観光交流促進のための使節団と共にいって、
片山知事はこの日、朝鮮(チョソン)日報社を訪問して「イラク戦争、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の核問題、(SARS)などの影響で、相互の往来が激減した」としながら、「来月には鳥取に美しい『日韓友好交流公園』も誕生するので、多くの人に訪れてほしい」と述べた。
(朝鮮日報2003年7月4日)
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2003/07/04/20030704000030.html

 だそうで、懸命の行方不明者の捜索がおこなわれている最中に、よりによって、南朝鮮にいって鳥取県のPRをしていたのです。この殺人事件について何か申し入れでもしたのでしょうか。してないだろうな〜。

そして朝鮮人による追い討ち
7月6日午前7時半すぎ、福岡県大島村・沖ノ島の北東約50キロの玄界灘で、「第18光洋丸」の行方不明者を捜索中の水産庁の漁業取締船「からしま」(499トン)=宗邦エンタープライズ(宮城県気仙沼市)所有=に韓国貨物船「コレックス・クンサン」(4、044トン、13人乗り組み)が衝突した。

 からしまは船首部分に浸水し、船体が傾いた。乗組員16人は全員近くにいた同庁の漁業取締船「海鳳丸」に乗り移り救助された。このうち二等機関士が軽傷。貨物船側にけが人はなかった。

「からしま」はこのあと沈没!

 朝鮮人がつぎからつぎといろいろやってくれます。第18光洋丸事件もそうですが、今回も100%南朝鮮船のミスというか、ぶつけておいて救助活動などしないといういかにも朝鮮人らしい事件です。
これからみると4日に、鳥取県境港市の境港昭和南ふ頭に停泊中の北朝鮮船籍の貨物船が、腐っていた積み荷のベニズワイガニを捨てた事などかわいく思えてきます。しかし、よりによって境港とは・・・・・

でっ、3連発
 枕崎市の沖で、16日未明、漁船が別の船に衝突され、船体の一部が破損する事故がありました。海上保安部で現場から逃走した船を捜索していましたが、その後、事故を起こしたとみられる韓国の貨物船を発見し、貨物船の船長や事故当時、当直の航海士に事情を聴いたところ航行中に漁船と衝突したことを認めたため、海上保安部では航海士からさらに詳しく事情を聴いています。

http://www.mbc.co.jp/newsfile/mbcnews.shtml

また朝鮮人が当て逃げだそうです。

そして朝鮮人の普段の行いについての記事です。

◆韓国漁船の操業妨害、県沖で後絶たず
「韓国漁船は日本漁船をめがけて数メートルの距離まで接近し、そのまま漁場を占領してしまう。
漁具も切断され、水揚げも減った」−。
山口県沖で韓国漁船による操業妨害や嫌がらせが後を絶たず、県内漁業関係者から怒りの声が上がっている。
被害は日本側の排他的経済水域(EEZ)で発生しており「日本の海なのに、韓国漁船の方が大きな顔をしている」と関係者らは憤る。
水揚げの減少は生活を直撃し、操業妨害のまん延で、操業意欲の低下も危ぐされている。
山口新聞
よりの引用(2003年8月18日(月)
http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/index.html


5月17日、午前8時37分頃、水産庁漁業取締船「東光丸」は、長崎県福江市所在女島灯台の南南東約313kmの我が国排他的経済水域(以下、我が国EEZ)内において、我が国水域に入域中の韓国はえ縄漁船「77スヤン」を認めたため、同船に対して日韓漁業交渉で合意された2002年の漁獲割当量等に係る操業条件の履行状況を確認する目的で立入検査を実施しようとしたところ、同船は悪質な妨害行為(投石、投縄等)を行いながら逃走した。
「東光丸」は追跡してから約6時間後の同日午後3時20分、同船船長 郭 希鍾(カク ヒジョン)(42歳)を漁業法違反及び排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利の行使等に関する法律(以下、漁業主権法)違反で逮捕した。
郭船長を乗せた「東光丸」は、長崎県福江島大瀬埼南西沖で捜査を継続していたところ、18日午前11時5分頃に在福岡大韓民国総領事館により担保金の提供の保証書が提出されたため同船船長は18日午後1時に釈放した。
一方、この事件のほかにも韓国はえ縄漁船による違反操業事件は、相次いで
発生しており、水産庁漁業取締船「あらつ」、「雄山丸(ゆうざんまる)」及び「なのつ」は、長崎県上対馬町所在三島灯台の北方約34kmの我が国EEZ内で、5月15日に発見された漁業主権法に違反して設置された韓国漁船によるものとみられるはえ縄漁具及び漁獲物を16日に福岡簡易裁判所から発付を受けた捜索差押令状により、17日から押収作業を行った。18日午前中までにアナゴ、アンコウ(あわせて80kg)を押収した。
ttp://www.jfa.maff.go.jp/release/14.05.20.2.html

韓国人船員、罪認める方針 鳥取漁船の沈没事故初公判
 福岡県沖で7月、鳥取県境港市の巻き網漁船が衝突され沈没、死者・不明者7人を出した事故で、業務上過失致死傷と業務上過失往来危険の罪で起訴された貨物船の航海士尹国大被告(22)=韓国籍=が、10月2日の福岡地裁小倉支部の初公判で、起訴事実を全面的に認める方針であることが23日、分かった。
 尹被告は逮捕直後「相手が(すぐに動ける)底引き網漁船で、相手側が避けると思った」と供述、容疑を否認しているとされたが、初公判では弁護側は反省を示した上申書や親族の監督誓約書などを提出、情状酌量を求める方針。
 不明者6人を「死者」とした検察側の訴因追加請求については、裁判所側が初公判で許可するとみられ、尹被告側も争わない姿勢だ。(共同通信)
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1064327083/

検察側は冒頭陳述で、尹被告が「以前から操業中の漁船団を認めても予定時刻に入港できなることを恐れ、適切な回避措置を取っていなかった」と指摘。
事故当日も運動不足解消のために操舵(そうだ)室を歩き回り、一・五キロ手前に漁船が迫るまで前方を注視することも甲板手に指示を出すこともしなかったことを明らかにした。
(10/3西日本新聞)


玄界灘の船衝突 3億8000万円支払いで示談成立

 福岡県沖の玄海灘で7月、共和水産(鳥取県境港市)所属の巻き網漁船「第18光洋丸」(135トン)がパナマ船籍のコンテナ船「フン・ア・ジュピター」(3372トン)に衝突され乗組員7人が死亡した事故で、コンテナ船を管理する韓国の海運会社が共和水産に3億8000万円の損害賠償を支払う内容の示談が10日、成立した。

 共和水産によると、海運会社は当初から過失を認めていた。被害総額を12億円以上と見積もったが、海運会社は事故加害者の負担を船の規模(総トン数)で制限する国際法の船主責任制限法を主張。その上限に近い金額で折り合った。共和水産は「遺族賠償に優先的に充てる」としている。

 事故は7月2日未明に起き、1人が死亡、6人が行方不明になった。後に不明の6人は死亡届が受理され、7人を死亡させたとする業務上過失致死傷罪などに問われたコンテナ船の韓国人2等航海士(22)が、福岡地裁小倉支部の公判で起訴事実を認めている。

 共和水産幹部は「この海運会社は最近2年間で5回も海難事故を起こしており、悪質。納得できないことも多いが、遺族補償などを考えて示談に応じた」と話した。
[毎日新聞10月11日] ( 2003-10-11-11:31 )

http://www.mainichi.co.jp/news/flash/shakai/20031011k0000e040042000c.html

このページがメルマガ国際派日本人養成講座のNO.308にて紹介していただけました。


 このページは、少しでも充実させたいと思い、多くの方々のページより引用させていただきました。御不満な方はお知らせください。ただちにその箇所を削除させていただきます。ただ、少しでも、この理不尽な、朝鮮人による殺人事件を多くの日本国民にお知らせください。お願いいたします。 (酒たまねぎや店主)

 裏表紙にもどる