槙枝元文・元日教組委員長

平成15年1月30日木曜日晴れ △
 奈良市などで開かれていた日教組の第五十二次教育研究全国集会は二十八日、四日間の日程を終了して閉幕しました。この時に平和教育分科会では、北朝鮮による拉致事件についてゲストとして出席した高嶋伸欣琉球大教授は、産経新聞などのメディアの拉致報道を批判したほか、配布資料で「救う会」も非難したそうです。
 相変わらずの日教組のアホウぶりです。
 槙枝元文・日教組元委員長は北朝鮮を「この国には泥棒がいない。泥棒とは富の片寄ったところに発生する。この国には泥棒の必要がないのである。泥棒も殺人犯もいないから警察官もいない。交通整理や怪我(けが)人のために社会安全員が街角や交差点に立っているだけ」(『チュチェの国 朝鮮を訪ねて』)
と讃美し、北朝鮮礼賛は大韓航空機爆破や拉致などの国家犯罪が発覚した後も続き、平成三年には北朝鮮から「親善勲章第一級」をもらっています。その後も昨年の金正日総書記誕生六十年の祝賀メッセージで、金日成元主席について「わたしは訪朝して以降、『世界のなかで尊敬する人はだれですか』と聞かれると、真っ先にキムイルソン主席の名前をあげることにしています」と強調。
日本の自衛隊は否定するくせに、金ブタの軍隊については、「強い軍隊を率いることは国の自主性を堅持するうえで欠かせないこと」「人民のなかにはいって現地指導されている姿などをもっと積極的に共和国は報道すべきではないでしょうか。キムジョンイル総書記のすばらしさをアピールしたほうがよいと思います」と進言している(『キムイルソン主義研究』百号)。
といっているのですから、この槙枝元文という男は何を考えているのでしょうか。な〜んにも考えていないのでしょう。こんな日本にいるよりも地上の楽園の北朝鮮の偉大なる首領様の元に早く行けばいいのです。その時はぜひともOne-way ticketでお願いいたします。帰ってくるな!!
このようなアホな先生に教えられた生徒がかわいそうです。
  組合員の中には、日本国内のあの気狂い思想の主体思想信奉団体である「日本教職員チュチェ思想研究会連絡協議会」に所属する者もおり、歴代会長は日教組関係者です。
 拉致事件を唯一取り上げている教科書を「北朝鮮敵視」と決めつけたり、今年度の運動方針にも、北朝鮮の官製教職員団体である「朝鮮教育文化職業同盟」との交流を掲げているのですから、このような気狂い組合に属している教職員がまだいるのです。

 こんな教師に子供をあずけて、教育されたらどうなるのでしょうか。


「今こそ主体思想を深めていく事が日本人の重大任務な任務であり」「私達 訪問団は皆、社会主義の成功を目の当たりにして熱い感激に包まれて」いて 「良識ある日本人は全て偉大なる金日成同志に心から尊敬の念を持っている」

1991年 平壌木蘭館にてのスピーチ (関川夏央「退屈な迷宮」新潮文庫)
 
「この国には泥棒がいない。
泥棒とは富の片寄ったところに発生する。
この国には泥棒の必要がないのである。
泥棒も殺人犯もいないから警察官もいない。
交通整理や怪我人のために社会安全員が街角や交差点に立っているだけ。」

日本教職員組合編『発展するチョソンと教育』1973年

「多くの理性的な日本人は皆、チョソン(北朝鮮)と金日成首領閣下を心から尊敬申し上げています」
(元日教組委員長、槇枝元文の発言。1991年7月30日ピョンヤンの会議場で)
2001年9月号の『諸君!』95ページ


 平成18年12月11日追記

 日教組と朝鮮総連との関係は以前から言われてきたことであるが、北朝鮮の我が国同胞の拉致、共産圏の人権抑圧問題等には言及する事はない。
清水潤氏が属している「朝鮮の自主的平和統一支持日本委員会」の議長は日教組委員長(七一〜八三年)であった
樫枝元文氏であり、樫枝氏はその「朝鮮の自主的平和統一支持日本委員会議長」の肩書きで、「金日成主義研究」という雑誌二〇〇二年二月号に以下のような文章を寄せているそうです。
「私は訪朝して以降、世界の中で尊敬される人物は誰ですかと聞かれると、真っ先に金日成主席の名前を挙げることにしています。なぜ私が金日成主席を尊敬するようになったかというと、主席に直接お会いして、朝鮮人民が心から敬愛し、父と仰ぐにふさわしい人であることを確信したからです。(略)金日成主席と金正日総書記が二重写しになって、何の懸念もなく金正日総書記のことを信頼できるようになりました」
(私の引用は「諸君」平成一九年一月号p七三〜七四)
 また、「朝鮮の自主的平和統一支持日本委員会」の代表委員には、「横田めぐみさんの拉致はやらせだ」と社民党の機関誌に書いたあのバカの
北川広和も名前を列ねています。

裏表紙