入試にみる在日朝鮮人による逆差別

文責はすべて、酒たまねぎや店主の木下隆義にございます


平成19年2月1日木曜日晴れ △
 大阪市立大が来年度から 入試に「韓国・朝鮮語」を導入というおかしなニュースがありました。
以下引用
 大阪市立大は来年春に実施される08年度入試から、外国語科目の一部に「韓国・朝鮮語」を 導入することを決めた。大学入試センター試験では02年度から外国語の選択科目に韓国語 (朝鮮語)が加わったが、各大学の2次試験で導入している国公立大は東京大(93年度から) などごくわずかにとどまっていた。
市大によると、08年度入試からは医学部医学科を除く全学部全学科で、外国語は英語を 必修としたうえで、一部の問題については英、独、仏、中国、韓国・朝鮮語の5言語の中から 選択できるようにする。
 大阪府は全国の約4分の1、14万人を超す在日韓国・朝鮮籍の住民がおり、
民族団体が 十数年前から大学側に入試科目での採用を要望してきた。在日本大韓民国民団大阪府地方本部の 鄭炳采(チョン・ビョンチェ)・文教部長は「韓国語を学ぶ子どもにもやりがいができ、 韓国の文化により関心をもってもらうきっかけにもなる」と評価している。
朝日新聞平成一九年二月一日
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200702010036.html
引用終わり

 どうして英語、独語、仏語、支那語、韓国・朝鮮語の五言語の中から 選択なのでしょう。普通でしたら英語、独語、仏語、支那語以外に加えるのは多くの国で使われているスペイン語だったり、ロシア語やアラビヤ語でしょう。大学での学術研究において必要性の高い言語であれば理解もできるが、朝鮮語がとうてい価値のあるものと思えない。朝鮮語が母国語である在日朝鮮人にとって都合のよいだけの 在日朝鮮人による逆差別の典型です。
 その他、在日朝鮮人はセンター試験にも外国語として朝鮮語を導入させる事にも成功しています。
平成一六年度センター試験
【外国語】平均点(200点満点)
英語    130.11点
韓国語  147.97点
中国語  153.64点

平成一七年度センター試験
【外国語】平均点(200点満点)
英語    116.18点
韓国語  169.12点
中国語  158.13点

平成一八年度センター試験
【外国語】平均点(200点満点)
英語    127.752点
韓国語  155.29点
中国語  170.57点

 これらは得点調整もなくそのまま受験における点数として加算されるという支那語、朝鮮語が母国語である支那人、朝鮮人が非常に有利なシステムになっています。

 先日、日記に書いた玉川大学が各種学校である朝鮮学校生徒の受験を拒否したという当たり前の事について在日朝鮮人が騒いで、在日朝鮮人お得意の「抗議」という名目の迷惑電話をかけるよう扇動しています。
以下引用
   
玉川大学に抗議の嵐を! 07・1・16
略)
 民族学校の高校課程の履修者に対して高校中退者や中卒者と同じように高卒検を課すことの問題については言うまでもありません。
また東京朝高などでは高卒検を生徒たちに受けさせていますが、これは未だ玉川大学のような大学がごく一部あるが為であって、高卒検を受けなくても受験できるとうに大学が方針転換することに対し、それを不公平だとする人など到底考えられません。
 いずれにせよ、願書受付の締め切りは26日(郵送は25日消印まで)ということなのであまり日がありません。

 
多くの方が抗議の声を大学に寄せられることをお願いしたく思います
略)
金東鶴です。

略)

神奈川朝高の先生方に対してもそして私に対しても当初は、もう決まっていることですからの一点張りからは少し前進したとは言えますがその検討の結果についてはまだ決して楽観できる状態ではありません。
 
急なお願いですが出来れば今日午前中に連絡可能な方は玉川大学の入試広報部042−739−××××の方に電話をいれていただけますでしょうか。
宜しくお願いします。
 略) 外国人の子どもの教育を受ける権利、そして自己の民族的アイデンティティを培いたいというおもいをどう考えるのか、学力の客観的基準は試験結果によってはっきりするにもかかわらず、民族教育を受けただけで中卒者と同じように旧大検を課すことに問題を感じないのか、同じスタートラインに立たせるだけのことがどうしてもできないことなのかといったことを話しておきました。
(昨晩、今日午後にくる大学からの連絡の結果次第で皆さんに訴えかけようかと思いましたが、
やはり多くのプレッシャーを早めに大学にかけたほうがと思い直しメールしています。急なお願いですがすぐ連絡できる方は、大学に電話を入れてみてください。)  
引用終わり
http://www5d.biglobe.ne.jp/~mingakko/net070111.htm

 なんという醜いそして勝手な言い種でしょう。「自己の民族的アイデンティティ」を培いたければ日曜学校などいくらでもやり方はあるはずです。先日の日記にも書きましたように、我が国に住んでいながら在日朝鮮人は我が国の学校教育法ではあくまで「各種学校」である朝鮮高校を高等学校扱いさせています。朝鮮高校は文部科学省による学習指導要領など受け入れる必要がないために、我が国にありながらどんな気狂いじみた偏った教育でも可能な学校として存在しています。昨年、問題になった未履修などまったく関係ない偏った教育機関なのです。そんなところが大学受験資格があること自体おかしいのです。これこそ典型的な在日朝鮮人による逆差別です。