ウィキペディア(Wikipedia)における捏造記述


平成21年3月10日火曜日晴れ ×

 ウィキペディア(Wikipedia)という「フリー百科事典」なるものがある。編集をある程度インターネットを使って自由におこなえるために、便利な反面、一部に捏造などがはびこっている。

 国会議員の西村眞悟氏の場合、現在、下記のように書かれている箇所があります。

 以下フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(本日現在)よりの引用

 < 1997年5月6日 - 「日本固有の領土である」として、尖閣諸島魚釣島に親しい暴力団住吉連合会組員3人と視察を行う。

となっているが、これは、意図して行われている悪質な捏造記述です。

 西村眞悟議員は、同士三人とともに平成九年五月六日、午前八時三十分に我が国固有の領土である尖閣諸島に上陸した。

 その三人とは仲間均氏、宮嶋茂樹氏、稲川和男氏の三人である。

仲間氏は石垣市議会議員、宮嶋氏は今でもマスコミに何度も登場している有名なフリーカメラマン。そして、私も何度かお会いさせていただいているが、稲川氏は映像教育研究会の代表であり、西村議員とともに犯罪国家北朝鮮に拉致された同胞奪還のために奔走されている方です。

 この三人が約十年前には暴力団の一員だったとでもいうのであろうか。

 アホを言うな!

西村眞悟議員にとって、尖閣諸島上陸は平成八年十月二十日の総選挙での公約です。

 この上陸に対して、当時の橋本内閣は種々の嫌がらせ、妨害をしている。

 石原慎太郎氏が乗船していた五百五十トンの船(外国船籍)に対して、上陸を海運事務所が出さず、結局、多くの人員の上陸を諦めることになるのもそのひとつです。

そのため、西村議員は四人だけのアタック隊のみ上陸する事とし、外洋の荒海の中、四・五トンの漁船に乗って向かう。

 その漁船よりゴムボートに乗り移って、懸命に四人でオールを漕いで、県と石垣市が建てた「八重山郡尖閣群魚釣島」と刻まれた古い石柱のある魚釣島に上陸した。

  西村議員はこの上陸の際、四月二十二日、午前八時、靖國神社の春期例大祭に出席したときに戴いたお神酒一升を、尖閣諸島にある開拓民の皆様の慰霊碑に捧げている。

 朝鮮の金泳三大統領(当時)に臣下の礼をとり、我が国固有の領土竹島のを守らなかったばかりでなく、支那人を愛人にしていたとまでいわれた橋本龍太郎氏は、西村眞悟議員ら四名の行動に対して、地主の意思を無視したと非難し、池田行彦外相、梶山官房長官(いずれも当時)は、「中国の感情を害した」と非難した。「支那命」で日本のためにならないことだったらなんでもやった橋本内閣らしいといえばらしい行動です。

 

 ちなみに、日本人の尖閣諸島上陸に関して、鳩山由紀夫氏にとっての宗主国様(かもしれない)支那の政府要人に対して、北京で

「あれは日本の一部の右翼がやったこと」などと説明していたそうです。

 これも、あの検察による小沢氏の秘書逮捕に対して「陰謀だ」というメイゲンを吐いた鳩山由起夫氏らしいと言えばらしい。

 以上、「誰か祖国を思わざる」(西村眞悟著 クレスト社 平成九年刊)を久しぶりに読み返してみて、同書よりの引用によりウィキペディアの捏造を否定。

 河岸で土曜日の不始末を謝りまくる。「よっ、中川(酒)さん」などと今回もあっちこっちからアタタカイお言葉。

 中川議員といえば、一緒に酒を飲んだ読売新聞の越前谷知子記者のプロフィールが突然消されて話題になったが、まだそのままのようです。

取材対象と一緒に同席するなど、記者として当たり前のことだから堂々と掲載すればいいと思うのだが、プロフィールまで消去するとはどこか後ろ冷たいことがあったのだろうか。

 Yさん息子さんと来店。Iさん来店。一名様来店。当店より一番近い場所にお住まいのカトリーヌさん三名様で来店。Kくん、Hさんと来店。マロさん来店。

ドンチャン。今日こそ「最後まで記憶あり」と思ったが、いろいろと覚えていないことをやっていた。やっぱサル・・・・・

 

 


平成21年4月19日追記

その後、記述は改められたようです。


 

 

過去の日記

平成21年平成20年

平成19年平成18年

平成17年平成16年

平成15年平成14年

平成13年平成12年


酒たまねぎやホームページ

酒たまねぎやURAホームページ