朝鮮人と似非人道主義

文責はすべて、酒たまねぎや店主の木下隆義にございます


平成20年4月15日火曜日晴れ △
 下記のようなニュースが先日ありました。
以下引用
 
川崎の韓国籍一家に在留許可 社会 2008/03/26
 川崎市川崎区桜本に住む韓国籍の姜(カン)賛圭(チャンギュ)さん(44)と家族の 計四人が、国に在留特別許可の不許可処分を取り消すよう求めた訴訟をめぐり、法務省は二十六日までに、四人に一年更新の定住資格を与えた。学齢期に当たる子供二人への影響などに配慮した人道的措置とみられる。
 姜さんは妻の李(イ)金和(クンハ)さん(40)と中学三年の長男(15)、小学六年の長女(12)の四人家族。一家は昨年三月、入管難民法違反に問われて在留の不許可処分を受け、姜さんは同年十月に仮放免されるまでの約七カ月間収容されていた。
 一家は二カ月後に処分の取り消しを求めて東京地裁に提訴。支援者らが約一万二千人余の署名や学校関係者の自筆嘆願書を集めるなどしていた。
 横浜市中区で二十六日に開かれた「神奈川人権センター」の定期総会に出席した姜さんは、一連の経緯を説明し「同じ立場の人たちが安心して暮らせるようになってほしい」と謝意を示した。代理人の三木恵美子弁護士は「途中から来日した子供の学び続ける権利を保障した点で、 意義のある判断が下された」と話していた。
 姜さんは一九九〇年に夫婦で来日。一度韓国に帰国して起業したが倒産。九七年に再来日し、その二年後に学齢期に達した子供二人を呼び寄せたという。

引用終わり
神奈川新聞 社会 2008/03/26

 この記事を読んで、どこが人道的に扱う必要がある家族というのであろうか。この朝鮮人は不法滞在している犯罪者であり、その犯罪者が厚かましくも自分の子供を呼び寄せて暮らしていただけの家族です。一年更新の滞在許可を得て、今後どうするつもりであろうか。子供達が卒業したらそのまま日本に居着くためのあれやこれや厚かましい理屈を言っていろいろ工作をするのであろうか。
 そもそも、「途中から来日した子供の学び続ける権利を保障した」とはどういう事であろうか。勝手に自分の子供を呼び寄せておいて、学ぶ権利もなにもないだろう。そのまま朝鮮に置いておけば済む事です。
 二年後の一九九九年に呼び寄せたということは二年間その子供の面倒を見ていた親戚なり、肉親なりがいたことになります。
 朝鮮人は小学生からアメリカに留学させたりしていますが、そんな小さな時からの留学も人道的には問題ないわけです。ただ、その留学中の朝鮮人小学生が小学五年生なのに、性犯罪容疑で拘束されるというのは流石というべきでしょうか?
以下引用
 
アメリカに親の同伴なく早期留学中の韓国人小学生2人が、女子小学生と2歳の幼女を相手に性犯罪をはたらいた容疑で現地警察に逮捕されたことが分かり、早期留学に格別 の注意が必要だという指摘がなされている。
略)
外交通商部はこの事件に関して、海外安全旅行サイトの告知事項欄を通じ、「アメリカなど外国への早期留学が急増しているが、
幼い 生徒たちが文化的な違いを認識する前に今回のような状況に直面する可能性があり、親たちの格別の注意が要求される」と表明した。
ソウル聯合ニュース(2006/03/25 11:10)
http://www.chosun.com/national/news/200603/200603250161.html

 外交通商部の「アメリカなど外国への早期留学が急増しているが、幼い 生徒たちが文化的な違いを認識する前に今回のような状況に直面する可能性があり、親たちの格別の注意が要求される」という声明もすごいものがあります。

 あと、不法残留二〇年もしていて、その犯罪者が「実績評価して」と厚かましくも提訴しているというニュースもありました。犯罪の実績を評価しろということでしょうか。
以下引用
 
約20年も不法残留し、東京都内で焼き肉店を経営している韓国人夫婦が、退去強制処分の取り消しを求める訴訟を東京地裁に起こしたことが6日、分かった。夫婦の代理人によると、これほど長期間の不法残留者の処分取り消し訴訟は極めて珍しいという。夫婦は「いまさら『国に帰れ』は酷。日本での生活実績を評価してほしい」と訴えている。
 提訴したのは、姜柄勲(カン・ビョンフン)さん(53)夫婦。訴状によると、夫婦は昭和63年に短期滞在資格で入国し、そのまま飲食店従業員として働いていた。平成16年に東京・池袋で焼き肉店を開店。同店のオーナーとして約20人の日本人を雇用して経営に当たっていた。
 夫婦は18年、法的に不安定な立場を解消しようと、自ら東京入国管理局に出頭。在留特別許可を申請したが認められず、昨年末から茨城県牛久市の入管施設に収容されている。
 夫婦には不法残留以外の違法行為はない。韓国に生活拠点がないため、帰国させられれば生活に困ることは明白という。夫婦の知人らは、処分取り消しを求める署名活動を始めている。
 代理人によると、長期間平穏に生活していたことを理由に退去強制処分の取り消しを認めた裁判例は、地裁判決が1例あるだけ。このケースも高裁で原告が逆転敗訴し、最高裁で敗訴が確定している。訴えが認められるのは、かなり難しいとみられる。

引用終わり
産経2008.4.7 00:56

 勝手に我が国に来ておきながら「いまさら『国に帰れ』は酷。」「韓国に生活拠点がないため、帰国させられれば生活に困ることは明白」とは呆れてものが言えぬ。似非人権団体がよく不法滞在イコール弱者というイメージを一般化させようとしているとしか思えない。いずれのケースも不法滞在するつもりでわが国に入国した彼ら自身の責任であり、正規の手続で入国しなかったのが悪いのです。彼らはわが国の法を犯した犯罪者以外のなにものでもありません。そして、その犯罪者を支援する似非人権団体も多く存在します。神奈川人権センターなどもそのひとつです。その似非人権団体の問題点は、改めて記させていただきます。

裏表紙