高木健一

文責はすべて、酒たまねぎや店主の木下隆義にございます


 

戦時売春婦をネタに商売にしている朝鮮人、日本人

平成23年5月9日月曜日晴れ ○

 今日の産経新聞の記事です。

以下引用

<「日本から補償金」3万人だます 韓国の団体幹部ら摘発

 【ソウル=黒田勝弘】ソウル市警察当局はこのほど、日本統治時代の戦時動員被害者に対し、日本政府などから補償金を

受け取ってやるといって弁護士費用などの名目で会費15億ウォン(約1億2千万円)をだまし取っていた団体幹部など39人を、詐欺の疑いで摘発したと発表した。被害者は3万人に上る。

 摘発されたのは「太平洋戦争犠牲者遺族会」「民間請求権訴訟団」など対日要求や反日集会・デモを展開してきた団体。

古くからの活動家で日本でも知られる梁順任・遺族会会長(67)にも容疑が向けられており、対日補償要求運動にブレーキが

かかりそうだ。

 発表によると、梁会長らは遺族会や訴訟団など各種団体を組織して会員を募集。その際「動員犠牲者でなくても当時を生きた者なら誰でも補償を受け取れる」などと嘘を言った例もあり、会員を集めると手当を支払っていたという。警察発表では、梁会長らはソウルでの日韓親善サッカーの試合のスタンドに約500人の会員を動員し、日本政府に謝罪と補償を要求する横断幕を掲げる“偽装活動”をしてきたとしている。>

引用終わり

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110509/crm11050909470004-n1.htm

アホウ朝鮮人どもがやっていた日韓親善サッカーの試合のスタンドに約500人の会員を動員し、日本政府に謝罪と補償を要求する横断幕を掲げる“偽装活動”です。

同じく、このニュースのKBS動画ニュースです。

http://news.kbs.co.kr/society/2011/04/22/2280139.html

この一番手前の朝鮮人クソババアが梁順任容疑者です。

 

 

このニュースにあった「太平洋戦争犠牲者遺族会」というのは、他にもいろいろやってます。

<韓国の市民団体「太平洋戦争犠牲者遺族会」などは16日、ソウルで記者会見し、植民地時代に多くの朝鮮半島出身者が日本に強制動員され犠牲になったとして、天皇陛下の謝罪などを求める訴訟を起こすとの声明を発表した。

 今年8月で植民地支配が始まった日韓併合から100年となるのに合わせ、日本の弁護士の協力も得て訴訟準備を進めているという。

 声明によると、朝鮮王朝がかつて所蔵し、現在は日本の宮内庁に保管されている書物などの返還や、朝鮮王朝末期の1895年に王妃だった閔妃(死後に明成皇后と呼称)が暗殺された事件の真相究明を求める訴訟も計画している。>

産経ニュース

http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100716/kor1007162112003-n1.htm

 「太平洋戦争犠牲者遺族会」とは昭和四十七年(一九七二年)に発足したもので、南朝鮮(韓国)政府からの戦後補償を受けるために戦争犠牲者の遺族からの届出を受け付けたり、その他、家族の生死確認や遺骨調査、援護の拡充などを求めて活動してきた。

 其の後、除々に活動の性格が変貌し、現在に至る。

 

 これについては我が国の売国奴どもの活躍に寄るところが大である。

昭和四十七年 「太平洋戦争犠牲者遺族会」結成

昭和四十八年 千田夏光氏『従軍慰安婦』出版

昭和五十二年 吉田清治氏『朝鮮人慰安婦と日本人』出版

昭和五十七年 九月、十一月吉田清治氏「第一次樺太朝鮮人裁判」(原告代表 高木健一弁護士)で原告側証人として、朝鮮人奴隷狩りを証言。

昭和五十八年 吉田清治氏『私の戦争犯罪』出版

昭和六十年 千田夏光氏『従軍慰安婦、慶子』出版      

平成元年    吉田清治氏『私の戦争犯罪』が韓国語に翻訳され、後にドラマ化。

     五月 青柳敦子氏「朝日ジャーナル」に十五回にわたって意見広告掲載。

     六月 高木健一弁護士 「第一次樺太朝鮮人裁判」の提訴取り下げ。後に韓国政府から、国民勲章を授与される。

     八月 『済州新聞』が吉田清治氏の『私の戦争犯罪』を全くの嘘と糾弾。

     十一月 青柳敦子氏 裁判を提訴する原告探しのため南朝鮮(韓国)へ渡りのちに「太平洋戦争犠牲者遺族会」と協力。

平成二年 三月 青柳敦子氏「「太平洋戦争犠牲者遺族会」会員たちと供に、ソウル日本大使館に向けてデモ

     五月三十日 参議院予算委で竹村泰子議員(社会党)が

           国会で初めて、従軍慰安婦の調査要求。

     六月一日 参議院内閣委で吉岡吉典議員(共産党)

           朝鮮人強制連行、朝鮮人慰安婦一四万人以上犠牲になったことなど質問。

     六月六日 参議院予算委で本岡昭次議員(社会党)

           「強制連行の中に従軍慰安婦という形で連行されたという事実もある」と質問。

     十月十七日 南朝鮮(韓国)の三九団体(韓国教会女性連合会、韓国女性団体連合会など)の代表がソウル日本大使館を訪れ、海部首相に連名で「公開書簡」を送付。

           六月六日の本岡昭次議員に対する清水職安局長の答弁を引用し、これを無責任とし、吉田清治氏の著書を証拠としながら、補償や謝罪を要求。

     十一月十六日 韓国教会女性連合会、韓国女性団体連合会等16団体が参加して「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)、代表ユンジュンオク氏」を結成。

     十二月十八日 参議院外務委で清水澄子議員(社会党)

     六月六日の清水職安局長の答弁について質問。

    「従軍慰安婦という、強制連行の中で女子挺身隊として強制連行された朝鮮の女性たちの問題は国家も軍も関与しなかったという、それをそのままお認めになるわけですね。」

     

平成三年四月一日 参議院予算委で本岡昭次議員(社会党)の質問

    「政府が関与し軍がかかわって、女子挺身隊という名前によって朝鮮の女性を従軍慰安婦として強制的に南方の方に連行したということは、私は間違いない事実だというふうに思います。この問題をどういうふうに対応していったらいいと思われますか。」

 そして、同時に朝日新聞が一生懸命やってきた反日活動の一環として従軍慰安婦強制連行に関する一大キャンペーンを開始しました。

 八月十一日朝日新聞記者植村隆が「女史挺身隊」と慰安婦をワザと混同させた記事を掲載。

「女子挺身隊」の名で戦場に連行され、日本軍相手に売春行為を強いられた『朝鮮人従軍慰安婦』のうちの一人

  この記事を書いた朝日新聞記者植村隆は今回の粱順任容疑者の娘と結婚しているのである。容疑者の身内によるマッチポンプ記事なのである。

  八月二十七日 参議院予算委で清水澄子議員(社会党)が戦争責任と戦後補償について質問。「これまでは請求権は解決済みとされてまいりましたが、今後も民間の請求権は一切認めない方針を貫くおつもりでございますか。」

 

 十二月六日、東京地裁に国を相手に太平洋戦争犠牲者遺族会が補償が請求して提訴

       訴訟原告代理人は高木健一、幣原廣、林和男、福島瑞穂弁護士らである。

「弁護士のTらが韓国で火をつけて歩いた。どうしてそういうことをやるのか、今でも腹が立って仕方がない」(元官房副長官の石原信雄氏談 平成一六年八月三日産経新聞【戦後60年 歴史の自縛】(2)総辞職前日の慰安婦談話より)

 この計画に積極的に加担していた我が国の「各方面」の売国奴ども

 詐欺師)千田夏光、吉田清治

 反日活動家)青柳敦子、臼杵敬子

 売国マスコミ)朝日新聞、植村隆

 弁護士)高木健一、幣原廣、林和男、福島瑞穂

 反日国会議員)竹村泰子、吉岡吉典、本岡昭次、清水澄子

 そして、加藤紘一、河野洋平、宮澤喜一

参照→*朝日新聞の従軍慰安婦問題と遺棄化学兵器問題にみる共通性

 

 

素晴らしい売国奴による連係プレーです。

福島みずほなどは弁護士でも夫婦そろって国を売り、その後、国会議員としても国を売っています。

我が国のためにならないことだったら何でもする腐れ売国奴どもです。

今日は食事に外に出ただけで、どこにも行かず部屋でゴロゴロとマンガの本を読んで一日が終わる。

酒は飲まず。

当然、サルでもエビでもない。


 

朝鮮人戦時売春婦の強い味方
2月12日土曜日 晴れ ○ 13日め

 高木弁護士は「日本の戦後責任をはっきりさせる会」
http://www.zephyr.dti.ne.jp/~kj8899/hakkiri-kai.main.htmlなどで活躍?されている反日利権屋と言われている有名人です。つまり、売国奴として飯を食っている人です。
しかし、朝鮮人がよくやるリレーハンストって、とても日本人には思い付かない事です。こんなこと日本にわざわざ来てやっていたのですね。
http://www.zephyr.dti.ne.jp/~kj8899/01.8.yasukuni.html
アホらし!
まあ、反日だったらなんにでも首を突っ込み飯の種にしている人です。
慰霊碑
http://www.onekoreanews.net/20040204/syakai20040204003.htm

高木健一弁護士については、御来店頂き、お会いした事のある松尾光太郎氏がホームページにて
http://www31.ocn.ne.jp/~matsuo2000/newpage2.htmその著書の批判をされています。ぜひごらんください。http://www31.ocn.ne.jp/~matsuo2000/E/E28.htm

 インターネットで下記のような記事がありました。

■インドネシアに現れた日本人弁護士たち■

 平成5年に高木健一氏(金学順さんらの日本政府に対する訴訟の主任)ら、日本の弁護士3人が インドネシアにやってきて、地元紙に「補償のために日本からやってきた。元慰安婦は名乗り出て欲しい」という 内容の広告を出した。(「日本人が捏造したインドネシア慰安婦」、中嶋慎三郎)



 兵補協会のラハルジョ会長は、「補償要求のやり方は、東京の高木健一弁護士の指示を受け」、 慰安婦登録を始めた。会長は取材した中嶋慎三郎ASEANセンター代表に対して、「慰安婦に2百万円払え」と 怒号したというから、名乗りでれば、2百万円もらえると宣伝している模様であった、と言う。
インドネシアでの2百万円とは、日本なら2億円にも相当する金額なので、大騒ぎとなり、2万2千人もが 元慰安婦として名乗りをあげた。ちなみに、当時ジャワにいた日本兵は2万余である。

この様子を報道した中京テレビ製作のドキュメンタリー「IANFU(慰安婦)インドネシアの場合には」に、 英字紙「インドネシア・タイムス」のジャマル・アリ会長は次のように語った。

「ばかばかしい。針小棒大である。一人の兵隊に一人の慰安婦がいたというのか。
 どうしてインドネシアのよいところを映さない。こんな番組、両国の友好に何の役にも立たない。
 我々には、日本罵倒体質の韓国や中国と違って歴史とプライドがある。「お金をくれ」などとは、 360年間、わが国を支配したオランダにだって要求しない」

 この番組の予告が、日本共産党の機関紙「赤旗」に出ていたことから、インドネシア政府は、 慰安婦問題の動きが、共産党により、両国の友好関係を破壊する目的で行われていると判断したようだ。

 インドネシアでは2万2千人人の女性が拉致され、騙された慰安婦だったと名乗り出ていますが、当時、インドネシア日本軍は2万人です。そりゃあ、新聞広告で名乗り出れば200万円やるといえば、現地では数十年分の年収になるわけですから名乗り出るでしょう。それ以前には、騙された拉致されたと言い出す元慰安婦は全く存在しなかったそうです。しかし、我が軍一人当り1・2人もの慰安婦ですか。至れり尽せりの心使いですな。
スエノ社会大臣が、すぐにマスコミ関係者を集め、次の見解を明らかにした。

1) インドネシア政府は、この問題で補償を要求したことはない。

2) しかし日本政府(村山首相)が元慰安婦にお詫びをしてお金を払いたいというので、いただくが、 元慰安婦個人には渡さず、女性の福祉や保健事業のために使う。

3) 日本との補償問題は、1958年の協定により、完結している。

インドネシア政府の毅然たる姿勢で、高木弁護士らのたくらみは頓挫した。
この声明の後で、取材した中嶋氏は、数名のインドネシア閣僚から、次のように言われたという。

「今回の事件の発端は日本側だ。悪質きわまりない。だが、我々は日本人を取り締まることはできない。
 インドネシアの恥部ばかり報じてインドネシア民族の名誉を傷つけ、両国の友好関係を損なうような 日本人グループがいることが明白になった。あなた方日本人の手で何とかしてください」

インドネシア政府は、国民に、個人や組織の利益に躍らせられないように求めるという公表をしました.高木氏は、拉致され騙された元慰安婦数に、元日本兵の愛人や戦地強姦の犠牲者が含まれていることを告白しました。高木氏は、インドネシアにおいて、約100人ほどの元慰安婦が拉致され騙されたと訂正しています。

 しかし国際社会では、事実の伝わりにくさを利用して、慰安婦問題をスキャンダルに仕立てようとする アプローチが今も展開されている。その最初は宮沢首相の訪韓直後の平成4年2月17日、 日本弁護士連合会の戸塚悦郎弁護士が、国連人権委員会で、慰安婦を人道上の罪と位置づけ、 国連の介入を求める発言をした事である。

平成8年3月にジュネーブで開かれた国連の人権委員会に提出されたクマラスワミ女史の報告書は、 家庭内暴力を主テーマにしているのに、その付属文書に「戦時の軍用性奴隷制問題に関する報告書」と題して、 半世紀以上前の日本の慰安婦問題を取り上げている。戸塚弁護士は、この時にもジュネーブで 本岡昭次参議院議員(社会党→民主党)とともに、デモやロビー活動を行っている。

報告書は、やはり吉田清治の本や、慰安婦たちの証言を取り上げている。その中で、北朝鮮在住の 元慰安婦の証言として、『仲間の一人が一日40人もサービスするのはきついと苦情を言うと、 ヤマモト中隊長は拷問したのち首を切り落とし、「肉を茹でて、食べさせろ」と命じた。』などという話が 紹介されている。この元慰安婦は、1920年に生まれ、13歳の時に一人の日本兵に拉致されたというのだが、 1933年の朝鮮は平時であり、遊郭はあったが、軍専用の慰安所はなかった。
その程度の事実確認もされていない証言が、4例紹介され、その上で日本政府に対し、被害者への補償、 犯罪者の追及と処罰を勧告している。

日本のジュネーブ外務省はこの文書に関する40頁の反論を作成し、根回し工作をしたもようだ。
西側諸国代表の間では、クマラスワミ報告書の欠陥が理解されたが、韓国、北朝鮮、中国、 フィリピンなどの関係国は立場上、強く反発した。
このような攻防の結果、人権委員会では家庭内暴力に関する本文は「賞賛する」という最高の評価を得た一方、 慰安婦に関する部分は、take note(留意する)という最低の評価であった。
(「慰安婦の戦場の性」、秦郁彦、新潮選書,p259)

 ねつ造によるすさまじいばかりの反日活動です。
高木氏はあの同じく嘘つき日本人の『朝鮮人慰安婦と日本人』を出した吉田清二氏を巻き込んで、1982年 6月 9月、11月 「第一次樺太朝鮮人裁判」で原告側証人として、朝鮮人奴隷狩りを証言させています。
(原告代表は高木氏)

当然、その反日活動により南朝鮮政府の覚えもめでたく、勲章をもらっています。
反日活動家、売国奴高木健一の面目躍如です。
早く同じ松井やより氏のところへ行って欲しいものです。

裏表紙