田原総一朗が高市早苗議員にはいた靖國神社についての暴言

文責はすべて、酒たまねぎや店主の木下隆義にございます


 

平成17年5月29日日曜日晴れ ○
平成17年5月22日 スポーツニッポン 22面
田原総一朗の一刀政談より
以下一部引用
 
わたしは率直にいって、中国、韓国などの政権当事者が、日本の首相に「靖国神社に参拝するな」というのは内政干渉だと思う。中国、韓国からλる干渉されて首相が靖国参拝を取りやめるのは反対である。だが、A級戦犯合祀(ごうし)は、実は国内間題なのである。靖国神社に杷(まつ)られているほとんどの霊は、いわゆる赤紙で召集されて戦死した兵士たちである。戦争の犠牲者たちだ。
その遺族たちは、彼らの父や夫、兄弟たちに赤紙を出した側、つまりA級戦犯と合杷されていることに複雑な低抗感を抱いている。このことがよくわかっているからこそ、中曽根康弘、宮沢喜一、そして森喜朗はA級戦犯分杷論を掲げているのである。小泉首椙は、この点をどうとらえているのか。

引用終わり

 この田原という御仁は自分が司会をしているテレビ朝日の「サンデープロジェクト」平成14年8月18日放送で、高市早苗議員にむかって
「こういう幼稚な人がね、下品な言葉ででね、靖国、靖国って云うから。僕は靖国はあっていいと思う。参るのもいいと云う。あんたみたいな下品な人間がね、靖国神社へ行ったらねえ(『下品というのは云い過ぎじゃありませんか』と高市氏が抗議するも田原氏は無視)
日本で下品な人間のねえ、憎らしい顔をしたのが集まってるんだ。可哀そうだと思うよ、あんなのは。」と暴言を吐いております。
それに対して、高市氏は
「私は少なくとも当時の政権が決定したことに関して、後世の国会議員が判断する資格はないと思っています」
と明確な言葉で筋道の立った反論を述べています。

  
田原という男は靖国神社へは「日本で下品な人間、憎らしい顔をしたのが集まってるんだ」とまでテレビの全国ネットでいっているのです。
その男が、「靖国神社にられているほとんどの霊は、いわゆる赤紙で召集されて戦死した兵士たちである。戦争の犠牲者たちだ。
その遺族たちは、彼らの父や夫、兄弟たちに赤紙を出した側、つまりA級戦犯と合杷されていることに複雑な低抗感を抱いている。このことがよくわかっているからこそ、中曽根康弘、宮沢喜一、そして森喜朗はA級戦犯分杷論を掲げているのである」などといっても、ボケ老人の戯言にしか聞こえません。筑紫と一緒に早くマスコミから消えて欲しい。

 この田原というひとはその後、右翼に責められて、謝ったらしいけど・・・・


裏表紙