台湾人・蒋介石という神話

日記の文責はすべて、酒たまねぎや店主の木下隆義にございます


平成20年2月28日木曜日晴れ ×
 台湾には、本省人と呼ばれる五〇年間我が国の統治時代に日本人としての教育を受けた台湾の人々と、外省人と呼ばれる戦後、支那大陸より蒋介石に率いられてきた支那人の二つの台湾の人々がいます。戦後、台湾に入ってきた支那人は水道の蛇口から水が出ているのを見て、これは便利と金物屋で蛇口を買って帰り、自分の家の壁に取り付け、蛇口をひねったら水が出ないので、金物屋に怒鳴り込んだというエピソードがあるほどの「お茶目な」人々でした。
 今日、二月二八日は、その支那人が多くの台湾の人々を虐殺した日です。
 一九四七年二月二七日、台北市で闇タバコを販売していた女性を、支那人である国民党政府の官憲が摘発した。この女性が土下座して許しをえようとしたにもかかわらず、支那人官憲は銃剣の柄で殴打しただけけでなく、商品、所持金を没収した。この時、タバコ売りの女性に同情して、集まった台湾人民衆に向かってこの支那人官憲が発砲したさいに、無関係な台湾人を射殺し逃亡。
 この事件によって台湾人の人々が、二八日に市庁舎に押しかけたが、そのデモ隊に向かって支那人憲兵隊は市庁舎の屋上から機関銃にて、無差別に発砲し、多くの台湾人が殺害される。
 その後、蒋介石の命令により支那本土から派遣された支那兵による第二一師団と憲兵隊が、台湾一般市民に対しての無差別的な発砲や、裁判官・医師・役人など日本統治下で高等教育を受けたエリート層が目標とされ投獄・拷問などにより虐殺される。基隆では針金を台湾人の手に刺し込んで縛って束ね、チマキと称し、トラックに載せ、そのまま基隆港に投げ込むという醜い虐殺もおこなわれた。この手に針金を通すというやり方は、支那人そして、それに事大して生きてきた朝鮮人など特有の残虐さを感じる。
 この支那人による台湾人への虐殺事件によって、約二八〇〇〇人が殺害・処刑されました。
 一九八七年まで継続していたこの時に発令された戒厳令下、支那人による白色テロと呼ばれる恐怖政治が永らく続く。そんな台湾において、「民主化」が実現するのは、当時の李登輝総統が一九九二年に刑法を改正し、言論の自由が認められるまで待たなければならなかった。
 我が国に留学中に、台湾独立運動に参加した金美麗氏は、この一九九二年に台湾が民主化するまで三〇年以上も祖国台湾に帰国する事が許されなかったのです。

 蒋介石は、我が国の満州をはじめとする大陸と台湾の膨大な資産を接収しました。 一九五二年に締結した日華平和条約では、日本人が台湾に残してきた財産と台湾人の日本に対する請求権の問題は、特別取り極めで解決することになっていたが、日本政府の特別取り極め交渉の申し入れを三度とも、蒋介石は取り合わなかった。これは、我が国の 残置財産が膨大であり、その評価額が、賠償金を上回るからです。戦後日本のために「日本への賠償要求を放棄」というのがいかに厚かましい嘘であるか。朝鮮半島における我が国の資産も同じで、朝鮮人の図々しさが良くわかります。
 戦後、蒋介石は、親日的態度をとりながら、我が国の台湾統治を否定する政策をとり、朝鮮と同じように、我が国の書籍、歌まで輸入禁止にしていましたが、台湾人の人々は、このような支那人統治と我が国の統治との二つの統治を経験する事により、いかに支那人の統治が醜いものであるか理解する事により日本統治時代を懐かしむ人々が多くいらっしゃいます。
 一九七五年に蒋介石、一九八八年に息子の蒋経国が死去したが、「統一後に大陸で埋葬せよ」と遺言し、その遺体はあの虐殺者である毛沢東などと同じく永久保存処理され、棺は台湾の大地からは離された浮き上がった状態で置かれている。その後、二〇〇五年に一億円もかけて台湾政府が墓所を建設したが、その墓所に埋葬される事もなく、時間が経過。そして、蒋介石、蒋経国の遺族(蒋経国の息子の妻、蒋方智怡)が昨年暮れに「遺体を中国・浙江(省)の故郷に戻したい」と発言し、陳総統は「台湾を馬鹿にするな」と厳しく反論した事などが報道されていました。(2007年12月24日20時17分 アサヒ・コム)
 歴史上、支那人がどのように 死者に対してまさに鞭打つ民族であるかわかっているはずなのに、このようなことを言うとは、台湾の解放者として台湾全土に何千という自身の像を建てさせ、死後にその像が一ケ所に集まられ銅像公園になっているというエピソードとともに、滑稽さを通り越して、哀れささえも感じる。蒋介石も遺族もまさに惚けているとしか思えません。王兆銘の死後、その墓所に対し蒋介石自身がおこなった事をよもや忘れたのでしょうか。
 このように台湾人を平気で虐殺できる蒋介石という支那人が、我が国国民にだけ寛容な態度もとれるはずがないことは、だれでも理解できる事です。そんな典型的な支那人である蒋介石に対して、未だに、日本を救ってくれたとして蒋介石に恩を感じているという日本人がいるとしたら、これまた滑稽以外のなにもののでもない。

蒋介石は台湾人ではなく支那人である事を忘れてはならない。

酒たまねぎやホームページ

裏表紙