酔鯨


高知県高知市長浜566 
杜氏 土井教治 広島杜氏 


 高知市内に残る唯一の蔵元さんです。元は紅珊瑚というお酒を造っていましたが、大手の食品メーカーである旭食品が蔵を買い取り酔鯨酒造を造りました。その当時は吟醸などはほとんど造っていなかったそうですが、長谷川さんと出会い、吟醸酒がメインの蔵元さんに大きく変貌をとげました。数年前に酒造りのための新しい蔵をたて、設備も最新式のものになり、現在は3300石の造りのうち8割以上が本醸造以上のいわゆる特定名称酒という構成になっています。

仕込み水はそれほどいいとは思えませんが、イイ意味で個性のある酒を造っている蔵元さんです。
 私はここの平成3年の純米大吟醸(山田錦30%)の斗瓶取りを飲んで感激した記憶があります。
 ここの酒は、生で出荷される酒がほとんどですが、ヒネが出にくい酒のように思います。昨年春に製造部長である石元氏が来店していただいた時に、当店に平成9年に送っていただいた後当店の冷蔵庫に保管してあった、平成2年の金正受賞酒は生であるのにかかわらず、11年過ぎた時間を感じさせないすばらしい酒でした。生の常温熟成とかいっているヒネタ酒をうまいといって飲んでいるバカどもに飲ませてやりたいです。でもそういった生ヒネバカに飲ませるのは勿体無い酒です。

今年(15BY)も高松国税局にて局長賞を受賞しました。これで3年連続高松局主席おめでとうございます。


濱川商店「美丈夫」酔鯨酒造「酔鯨」16年8月

表紙にもどる