爆笑!バカ創価学会信者からの抗議メール

文責はすべて、酒たまねぎや店主の木下隆義にございます


 

爆笑メール一発め
8月16日土曜日今日も雨、そして涼し〜
×
先日下記のようなメールを山梨在住の方よりいただきました。


「貴方のホームページを見させてもらいました。
その中で「お笑い聖教新聞」というページがありましたので、そのページの事で、メールしました。

私は、創価学会のメンバーですが、聖教新聞は、何も北朝鮮のような行為、また、思想は全くありませんよ。
これまでに、聖教新聞を読んで、一千万人ものSGIメンバーや購読者が勇気付けられたか図り仕切れません。
日本では、550万部の購読部数で、全国第三位の購読数という記録です。

聖教新聞で、メンバーが、池田SGI会長の指導を読んで、難病からの克服や経済悪化による大難で宿命を乗り越えています。

その中には、世界最大の著名な学者や名門大学でも、「聖教新聞は、今だかつてなかった新聞である」と高い評価を得ていますよ。

もし、聖教新聞が貴方の通りだとしましょう。世界五大陸の世界各国・各界・組織から、今までに1600以上の顕彰を授与され、世界の偉大な指導者などの対談は、公式だけでも1500回になります。
そんな団体の新聞が、北朝鮮と同様であるならば少なくとも、世界からは、無視されているでしょう。

SGIは、各国の国連サミットなどで、その国にとって異例の展示会を開催もしています。
アメリカでは、池田SGI会長の対談の書籍が、2年連続『年間最優秀書籍賞』を受賞し、全米で、2年連続の受賞は、異例であると書籍博覧会の会長が語っていました。

北朝鮮は、世界の誰からも、全くと言っていいほど評価されていないし、奇妙な行為ばかり続けています。
逆らえれば、銃殺されるような団体と、私達とは、大変にかけ離れています。

あなたは、もう少し、聖教新聞とSGIの実績を調べて、自分の目で確認してほしいですね。
『木を見て、森を見ず』という言葉通りですね。

ちなみに、◆パナソニック株式会社の代表取締役社長 ◆トヨタグループの会長 ◆西日本新聞社の代表取締役社長 ◆スタジオジブリの鈴木プロデューサーと宮崎監督 (他多数)なども聖教新聞の愛読者であると、知っておいてください。

(以上原文のまま)
いや〜ウイルスメールはよく来ますが、本文そのものがウイルスだったのは初めてです。これじゃあウイルスチェックには引っ掛かりません。
最強のウイルスと言えるでしょう。
お笑いウイルスで、私を笑い殺すつもりのようです。
『木を見て、森を見ず』よ〜く胸にきざみつけておきます。
笑いネタ満載の文章、いや〜ありがとうございます。今、この文章を書いている時も、笑いが止まらず苦しいぐらいです。

「お笑い聖教新聞」とは大変失礼いたしました。
お笑いではなく、「大爆笑聖教新聞」かそれよりも、やっぱりストレートに「気狂い創価学会聖教新聞」が正しいのでしょうか。

笑う門には福きたると申しますので、また新しいお笑いネタを期待いたしております。
こんなわかりやすいネタでは失礼と思いますので、一応お約束のツッコミを
?


私は、創価学会のメンバーですが、聖教新聞は、何も北朝鮮のような行為、また、思想は全くありません
よ。←本人が一番わかっていないようです。だからカルトなのでしょう。

 日本では、550万部の購読部数で、全国第三位の購読数という記録です。←ハテ、どうして、それほどの大新聞が一般的ではないのでしょう。まあ、創価学会の方は、お一人で10部も20部もとって喜んでいる方も多いようです。私なども自分で聖教新聞などという崇高な新聞は買った事がございません。どっかのバカが勝手に配って・・・・

聖教新聞で、メンバーが、池田SGI会長の指導を読んで、難病からの克服や経済悪化による大難で宿命を乗り越えています
。←私などは池田大作という人間にだまされて喜んでいるバカ、いや、かわいそうな輩としか思えません。>経済悪化による大難で宿命を乗り越える???

その中には、世界最大の著名な学者や名門大学でも、「聖教新聞は、今だかつてなかった新聞である」と高い評価を得ていますよ
。←今だかってなかったカルト新聞ということでしょう。>世界最大の著名な学者や名門大学???

もし、聖教新聞が貴方の通りだとしましょう。世界五大陸の世界各国・各界・組織から、今までに1600以上の顕彰を授与され、世界の偉大な指導者などの対談は、公式だけでも1500回になります。
そんな団体の新聞が、北朝鮮と同様であるならば少なくとも、世界からは、無視されているでしょう
。←池田大センセイと同じ北朝鮮の金デブも、勲章だけだったらいっぱい貰っているでしょうし、いろいろなVIP対談もやっています。池田センセイの場合は銭さえ出せば、名誉を買えるという事を実践、実証されているわけですね。すばらしー、うむ、すばらし〜
しかし、肝心の日本政府からの勲章はどうなったのでしょう。なんか、公明党の元委員長あたりがもらったら、逆鱗にふれたそうですけど・・・・あと毎日、毎日、よく聖教新聞の第一面に、あのみっともないデブの写真を載っける記事がありますね。探してくるの大変でしょう。(そういえば毎日といえば、毎日新聞は聖教新聞で持っているってのを聞いた事がありますけど・・・)


SGIは、各国の国連サミットなどで、その国にとって異例の展示会を開催もしています。
アメリカでは、池田SGI会長の対談の書籍が、2年連続『年間最優秀書籍賞』を受賞し、全米で、2年連続の受賞は、異例であると書籍博覧会の会長が語っていました
。←すばらし〜、何を基準にしているかわからないけど、これも銭で・・・・

北朝鮮は、世界の誰からも、全くと言っていいほど評価されていないし、奇妙な行為ばかり続けています。
逆らえれば、銃殺されるような団体と、私達とは、大変にかけ離れています
。←いやいや、そっくりだと思いますよ。

ちなみに、◆パナソニック株式会社の代表取締役社長 ◆トヨタグループの会長 ◆西日本新聞社の代表取締役社長 ◆スタジオジブリの鈴木プロデューサーと宮崎監督 (他多数)なども聖教新聞の愛読者であると、知っておいてください
←はいはい、そうですか。だから?

というようなツッコミよりも、私などは、自業自得とはいえ、あの池田センセイに騙されて喜んでいるこの方がお気の毒と思います。

普通に考えて、あの池田という人間がどうして勲章とか名誉博士をもらえるのですか。まあ創価大学の名誉博士程度だったら私にも理解できます。
池田大作の権力欲、名誉欲を満たすために大変ですね。御苦労様です。あなたの文章からも意味のない権威、名誉などをありがたがっているのが、よ〜くわかります。

という内容のメールを返信させていただきました。


爆笑爆弾メール2発め
8月17日日曜日雨 × 

さてさて、昨日の創価学会の方からの返事のメールをいただきました。
何と申しましょうか、今回も返事すべてがおもしろさ満載なのです。
やらせではありませんので、そのまま載っけさせていただきます。

「>私は、創価学会のメンバーですが、聖教新聞は、何も北朝鮮のような行為、また、思想は全くありませんよ。←本人が一番わかっていないようです。だからカルトなのでしょう。

これは、本当のそうでしょうか?では、お答えしましょう!
創価学会は、核兵器廃絶のための「アポリジョン2000」と題して、国内で、1300万人を超える署名活動をしました。その署名を国会に提出し、核廃絶を目指す組織に提出した所、核問題が発生してから、初めて核兵器の廃絶に成功しました。完全に廃絶はできなかったものの、政府は、SGIの協力があったおかげであると、語っています。
それ以外には、『携帯電話の通話料金値下げ』『インターネットの通信費用の値下げ』その数年後には、『ADSLの開設』。他にも、様々あります。


>日本では、550万部の購読部数で、全国第三位の購読数という記録です。←ハテ、どうして、それほどの大新聞が一般的ではないのでしょう。
まあ、創価学会の方は、お一人で10部も20部もとって喜んでいる方も多いようです。私なども自分で聖教新聞などという崇高な新聞は買った事がございません。どっかのバカが勝手に配って・・・・

これは、どうでしょうか?私の知人や友人、また、母親の会社の関係上、ざっと5000人との関係があります。
この内の2割が学会の方でした。ですが、この5割の方は、学会の方ではないのですが、聖教新聞の愛読者ですよ。
一人で10部もとっている人というのは、ごく少数ではないでしょうか?
10部とっている人というのは、景気の悪化により、新聞でさえ購読できない友人がいる為に、さし上げる為ではないかと思います。
それに、学会の方は、バカがかってに配るという、迷惑な行為は絶対ないでしょう。


>聖教新聞で、メンバーが、池田SGI会長の指導を読んで、難病からの克服や経済悪化による大難で宿命を乗り越えています。←私などは池田大作という人間にだまされて喜んでいるバカ、
いや、かわいそうな輩としか思えません。
経済悪化による大難で宿命を乗り越える???

これは、信心をしていると、日蓮大聖人も説いていますが、仏法を実践すると魔が現れて、仏法修行を止めさせる働きが発生するのです。その時、病魔や経済悪化により、信心を信じられなくするように魔が働くのですが、そこで、信心で乗り越えないと、奈落のどん底に落ちてしまうのです。乗り越えると、病魔に打ち勝って、幸福や歓喜を味わえるようになるのです。
そもそも、貴方って、仏法を勉強しているのですか?
自分がただそう思ったから、とか、週刊雑誌(新潮社とか)の記事を見て、そう思っているのですか?
もし、そうでしたら、100%間違っていますよ。
新潮社の雑誌は、全くのデタラメの記事で、今までに多数のデマ報道により、東京の最高裁から、数千万円もの賠償金を命令されているんですよ。
裁判長からは、100万件に一件あるかないかの、とんでもないひどい事件である。と語っていました。
創価学会だけでなく、読売新聞、参議院議員、テレビプロデューサー、等々のデマ報道を流し、最高裁や東京地裁などで、総額1億超えるほどの賠償金を支払っています。
そのような完全敗訴している雑誌をあなたは信じているのですか?
読売新聞が全国で調査したところ、「週刊雑誌を信じる」という結果は、国民のたった1%未満という結果が出ました。
1億3千万人いると言われている日本で、たった100万人程度しか信じていないんですよ(笑)
残りの『1億2千900万人』の人は週刊雑誌など、信じていないとの結果です。

現に、創価学会で入信する前に、体内の全臓器が末期ガンと宣告されて、余命1週間とされたメンバーは、その日に創価学会の男子部に運命的に出会い、残りの人生を、この信心でかけてみようとと決意し、1日中祈り続けました。その結果、現代医学では、絶対不可能とされた大難病を、たった1ヶ月で完治し、性格も改革され、今では、素晴らしい人生を送れるようになった。という感動する報告があります。
これでも、だまされていると言えるのでしょうか?


>その中には、世界最大の著名な学者や名門大学でも、「聖教新聞は、今だかつてなかった新聞である」と高い評価を得ていますよ。←今だかってなかったカルト新聞ということでしょう。>世界最大の著名な学者や名門大学???

そうではないですよ。「今だかつてなかった新聞」の意味が違います。
人間の価値を評価し、人々の幸福になった感動を新聞紙上で掲載する新聞が、世界中でも今だかつてなかった!という事です。
それに、550万部の購読部数を誇っていますが、創価学会のメンバーより、日本では、圧倒的に学会の理解者の方が遥かに多いんですよ。
その証拠に、東京の武道館で、大文化祭では、招待された人の半数以上は、未入会の友でした。
昨年だけでも、50万世帯の友が、創価学会に入信しました。
どうですか?あなたが知らない事だらけですよね?
知らない事の方が多いのに、悪く評価ばかりしている貴方は、
評価する義務もないのでは?

>もし、聖教新聞が貴方の通りだとしましょう。世界五大陸の世界各国・各界・組織から、今までに1600以上の顕彰を授与され、世界の偉大な指導者などの対談は、公式だけでも1500回になります。
>そんな団体の新聞が、北朝鮮と同様であるならば少なくとも、世界からは、無視されているでしょう。
←池田大センセイと同じ北朝鮮の金デブも、勲章だけだったらいっぱい貰っているでしょうし、いろいろなVIP対談もやっています。
池田センセイの場合は銭さえ出せば、名誉を買えるという事を実践、実証されているわけですね。すばらしー、うむ、すばらし〜
しかし、肝心の日本政府からの勲章はどうなったのでしょう。なんか、公明党の元委員長あたりがもらったら、逆鱗にふれたそうですけど・・・・あと毎日、毎日、よく聖教新聞の第一面に、あのみっともないデブの写真を載っける記事がありますね。探してくるの大変でしょう。(そういえば毎日といえば、毎日新聞は聖教新聞で持っているってのを聞いた事がありますけど・・・)

裏金で、授章・・・ですか・・・。なーるほどねぇ。
ですが、考えてくださいよ。今までに、「週刊新潮」、「週刊現代」、「日本共産党」「乙骨」「山崎正友」「日顕宗ならびに、一部の宗門」「阿部日顕」と、創価学会を中傷する組織がいましたが、全て、東京の最高裁や東京地裁などで、長い期間闘争した結果がでました。
創価学会は、
全てのデマ報道で、創価学会側の完全勝訴が確定しました。
ウソだと思ったら、東京の最高裁に問い合わしてみてくださいよ。
悪く評価して、ネットで公表するのでしたら、そのくらいはしてくださいよ。

今では、新潮社の社長は、先日、何の疑惑もありえない交通事故死による被害者を、保険金目当てで、あたかも殺したかのように、報道した新潮社の社長に名誉毀損で書類送検されました。
NHK報道ニュースでは、「大手企業会社の社長を書類送検する」というのは、過去には数えるほどしかない。「異例である」と、ニュースで言っていました。
週刊新潮は、このように、デマを報道して、部数を増やすように消費者を騙して、買わしているのです。
ですが、現在では、それが仇となり、廃部寸前状態・・・
全てのマスコミや(これが、
新潮社のマスコミも、呆れ果ててしまい、辞めていくマスコミもいるぐらいです)、大手企業からも相手にされず、小説を書いてくれる作家さえ、一人もいないのです。

>SGIは、各国の国連サミットなどで、その国にとって異例の展示会を開催もしています。
>アメリカでは、池田SGI会長の対談の書籍が、2年連続『年間最優秀書籍賞』を受賞し、全米で、2年連続の受賞は、異例であると書籍博覧会の会長が語っていました。
←すばらし〜、何を基準にしているかわからないけど、これも銭で・・・・

あの〜、何度も言いますが、銭で・・・って言っていますが、それは、どこから聞いたのですか?
国連のサミットで、銭でした、と言いますが、そんなことしたら、間違いなく、マスコミが騒ぎ立てますよ。
逆に、マスコミは、世界であっても、創価学会の活動や実績を認めて、顕彰の授与式などは、最近は、ニュースで中継されいるぐらいです。
ブラジルでは、全土にわたって、生中継し、報道しています。
中国・アメリカ(全米で)・インド・ブラジル・フランス・オーストラリア・スペイン・ギリシャ・イタリア・等々の100カ国を超える国のマスコミが、創価学会の活動を報道しているんですよ。
今までに、数え切れないほどの活動で、なぜ、裏金で中傷され、創価学会側が敗訴しないのでしょうか?

アメリカの書籍博覧会の会長も、2年連続の『年間最優秀書籍賞』を授与され、アメリカの名門大学や、各界や、都市などからも、池田SGI会長の闘争を高く評価しています。
名門大学とは・・・
◆モスクワ大学◆国立サンマルコス大学◆北京大学◆フィリピン大学◆アンカラ大学◆香港大学◆デンバー大学◆上海大学◆モンゴル国立大学◆南京大学◆香港中文大学◆南京師範大学◆上海外国語大学 等の名門大学

それ以外の各界とは・・・
◆世界詩人会議(世界芸術文化アカデミー)◆インド 国際文化開発協会◆国際詩人学会◆世界詩歌協会◆ヨーロッパ科学芸術アカデミー◆フランス ナポレオン歴史協会
等々です。

もし、あなたの言う通りで、とんでもない団体であろうの私達の池田名誉会長が、名門大学や
世界各国で活躍するの各界から、池田SGI会長に幾度となく顕彰をするでしょうか?

全てが裏金で授与?・・・これはムリですよ。一度でも、裏金で授与されていたら、新潮社や東京のマスコミが黙っていないでしょうね。

>北朝鮮は、世界の誰からも、全くと言っていいほど評価されていないし、奇妙な行為ばかり続けています。
>逆らえれば、銃殺されるような団体と、私達とは、大変にかけ離れています。
←いやいや、そっくりだと思いますよ。

これも、全くの思い違いですね。では、いつ、創価学会で殺人事件が起きたのでしょうか?強制奴隷されているのであれば、1千万人もいる団体に大発展したのでしょうか?
強制入信?(笑)、それは、絶対ないですよ。そんなことしたら、今回私が、上記に書いた悪等の団体のような連中が、世間に言いまわっていますよ。(笑)
ですが、そのような話は聞きません。テレビでもニュースでも、ラジオでも、新聞でも、雑誌でも、報道してないですよ。ナゼですか?
あなた!これを説明してくださいよ!回答してください!
それに、北朝鮮とそっくりだったら、日本国中の市民や国会でも、大問題になるでしょうね。


>ちなみに、◆パナソニック株式会社の代表取締役社長 ◆トヨタグループの会長 ◆西日本新聞社の代表取締役社長 ◆スタジオジブリの鈴木プロデューサーと宮崎監督 (他多数)なども聖教新聞の愛読者であると、知っておいてください。 ←はいはい、そうですか。だから?

だからなに?と言われては、理解してないので、教えますね。
パナソニックの社長(
省略します)や、トヨタの社長、西日本新聞社の社長、スタジオ・ジブリなどが、あなたの言う通りの団体だとしたら、とっくの昔から読まないですよ。
創造の邪魔になりますからね。
ですが、愛読者ということは、
創造を発掘するのに、大変に素晴らしい記事が掲載されているから、読んでいるのではないでしょうか?
とんでもない記事が書かれていたら、真っ先に、購読を拒否しますよ。

世界で初めて、アニメ映画(千と千尋の神隠し)でアカデミー賞に受賞した作品や数々の受賞をされ、日本いや、世界で、数々の記録を生み出した鈴木プロデューサーと宮崎監督が、「創価学会の活動や実績。また、聖教新聞の内容は、為になるものばかり。それに、池田SGI会長の指導は、大変に勉強になります。」と、鈴木プロデューサーの仕事仲間である、「ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社」の代表取締役社長である星野さんから、直接聞きました。

それほどの世界で活躍している方々が、創価学会を評価しているんですよ。
あなたも、スタジオ・ジブリの映画は、一度でも見たことあるでしょう〜に。
見ていなかったら、勿体無いですよ。是非、見てくださいね。」


 だそうです。こんな人とはお知り合いにはなりたくね〜〜〜〜
今回も大爆笑ツッコミどころ満載の送っていただいたメールを文字の色を変えたり、大きさを変えましたが、内容はそのまま載っけています。
しかし、相変わらず意味不明の言葉がならびます。
先のメールでわざとらしく書いておいたのに、何の反応もなかった
>経済悪化による大難で宿命を乗り越える???
>世界最大の著名な学者や名門大学???
だけではなく、

>その署名を国会に提出し、核廃絶を目指す組織に提出した所、核問題が発生してから、初めて核兵器の廃絶に成功しました。完全に廃絶はできなかったものの
って全然意味がわからないのですが、日本って元々核兵器って持ってませんし・・・・・ましてや>完全に廃絶はできなかったもののて続いていますから、文章としても変ですよね。
>母親の会社の関係上、ざっと5000人との関係があります。
この内の2割が学会の方でした。ですが、この5割の方は、学会の方ではないのですが、聖教新聞の愛読者ですよ。
2割が創価学会信者とすると残りは8割なんだが、この人のいっている5割ってなんだ????やっぱ日本語が変! 頭も変!
>評価する義務もないのでは?
評価する義務ってなんなのでしょう。
>新潮社のマスコミも、呆れ果ててしまい、辞めていくマスコミもいるぐらいです)、
はて、辞めていくマスコミ?
マスコミュニケーション【mass communication】
新聞・ラジオ・テレビ・週刊誌・映画などのマス-メディアを通じて,不特定の大衆に大量の情報を伝達すること。また,そのマス-メディア。大衆伝達。マス-コミ。(新辞林 三省堂より)
辞めていくマスコミ????
創造を発掘するのに
これも意味不明
* そうぞう【創造】
(1)それまでなかったものを初めてつくり出すこと。
* はっくつ【発掘】
土中に埋もれているものを掘り出すこと。 (新辞林 三省堂より)


という小さなツッコミよりも、この御仁は、有名人を引き合いに出す事の無意味さとか、池田大作センセイが、名誉市民、名誉教授などをいくつもらったなどという事を誇らし気にいってみても、創価学会の信者以外からは全然評価されていないという事を理解できないみたいです。さすがはオームと同じカルト教団だけの事はあります。


 

爆弾3発め
8月19日火曜日 ×

 また御返事を頂戴いたしましたので、おかげさまで楽しめます。
当然そのまま載っけさせていただきます。
私のようなアホウには理解できない所が多々ございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「あなたの批判、中傷が、想像してた以上だったもんで、ワザワザ説明するのが、めんどうになったんですよ(笑)
だから、文章も、始めからやる気がなかった・・・(笑)
『経済悪化による大難で宿命を乗り越える???』
これは、「不況により、会社経営の困難で、倒産寸前の会社があって、その会社の社長がSGIメンバーです。人間誰しも、宿命というものがあると、日蓮大聖人が説いています。その宿命とは、例えて言うならば、この世に生まれてくる以前から、宿命というものが決まっています。宿命の意味でずが、例えていうと、
◆会社を経営するにあたって、不況と人間関係の悪化により、仕事が上手くいかなくなってしまうことです。大抵の会社は倒産しています。(経済新聞紙上の記事にも、同じようなことが書いてありました)
◆他の例えで言えば、生まれながらにしての難病としましょう。その難病が、現代医学では、完治不可能である場合です。その場合、実話でもあるのですが、末期ガンにより、余命がわずかとなった場合、乗り越えることが出来るでしょうか?余命が1年ならまだしも、知り合いのメンバーには、余命1週間未満と宣告された人がいます。そのメンバーは、信仰で、絶対乗り越えられる!と命懸けの信仰をしました。その宿命を、乗り越えることができたのです。その宿命を乗り越えた事で、信仰の確信と、仏法の偉大な力を命で感じることが出来たのです。その日から、そのメンバーは、数十人の友人、知人、会社の同僚などに仏法の偉大さを語り、その内の十数世帯の弘教(入信)することが出来たのです。


『世界最大の著名な学者や名門大学』とは、
短縮にしてしまったので、正確に言うと、『世界最高峰の名門大学の著名な学者で、世界最大の実績を誇っている大学』です。
学者だけではなくて、名門大学の教授、博士。さらに、各界の会長です。
名門大学とは、◆モスクワ大学◆国立サンマルコス大学◆北京大学◆フィリピン大学◆アンカラ大学◆香港大学◆デンバー大学◆上海大学◆モンゴル国立大学◆南京大学◆香港中文大学◆南京師範大学◆上海外国語大学
等です。

『評価する義務』とは、
あなた、一般市民のために、あなたの(勝手な考えですけど・・・)調査結果を知って欲しい為に、ホームページを制作したんですよね?
義務とは、あなたの感じたことを大勢の人に知ってもらいたいと思ったということを義務という言葉にしたまでです。

『新潮社のマスコミも呆れ果ててしまい、辞めていくマスコミもいるぐらい』ですが・・・
これは、全般の事を指したかったんです。
記者やジャーナリストやその情報流通に携わっている人の事を言いたかったんです。
現に、記者は、呆れ果ててしまい、新潮社の下で、働きたくないと言っている記者もいました。

『創造を発掘』とは、対談でそう語っていましたよ。
これは、スタジオ・ジブリの鈴木プロデューサーが、宮崎監督が言っていた事を、話したのですが。「もののけ姫」や「となりのトトロ」や「千と千尋の神隠し」の作品を制作する事ですよ。
『創造』とは、あなたがメールで書いた通りで、映画は、今までになかったストーリーやキャラクターを生み出す(つくり出す)ことですよね。
『発掘』とは、何も地中に埋まっているものだけの事を指してはいないでしょう。
フジテレビ系の情報番組の『発掘!あるある大事典』でも、番組名のとおりで、情報を探り出しているでしょう。
ジブリもまた、大量の資料等を見て、背景などを探り出す作業をしています。

鈴木プロデューサー本人が、そう語っていました。⇒『創造を発掘して、今までなかった映画を作りたい』・・・と。

それから、あなたは全く知らないようなので、言っておきますけど・・・。
池田SGI会長の顕彰が、たくさん授与されているのは、どうしてだと思います?
もし、信者(SGIメンバー)だけが評価しているとしましょう。それでしたら、どうして、学会のメンバーがひとりもいない組織や各界から、授与されているのでしょうか?
ゴルバチョフ元ソ連大統領も、創価学会のメンバーではないのですよ。
ゴルバチョフ氏は、幾度となく、対談を重ねる中で、世界の名門大学の学長や教授などからも、対談集の書籍等を読み、大変な反響や評価をされているんですよ。
約10年前にも、ソ連と日本の関係が悪く、その当時、大統領であった、ゴルバチョフ大統領と創価学会の名誉会長との対談が日本で実現となり、日本中で全国中の全新聞、一般テレビ局(NHK総合でも)が、トップニュースとして、報道しました。

日本国内でも、都道府県の県庁等から、また、東京大学の日本の一流大学の教授、博士からも、多数の評価をもらい、一般紙上(経済新聞、朝日新聞、読売新聞、中日新聞、西日本新聞、全国都道府県の県内新聞、等)でも、大学の教授などから、池田SGI会長の功績などを讃える記事が掲載されています。
信者(SGIメンバー)だけではないんですよ。本当に。一般新聞に載っているので、読んでみたらどうですか?

日本の詩歌協会の会長も、池田SGI会長の詩や長編詩を評価しています。


それから、創価学会が偏見されるようなことをしているのでは?・・・というのは、ほとんどが、週刊誌によるものですよ。
週刊新潮、週刊現代 等です。これは、以前メールで送った通りで、全て創価学会側の完全勝訴により、一般市民からも、かなり多数の理解者がいます。
創価学会の本部で調べてもらった結果、推定1000万人〜2000万人は理解者がいる。と言っていました。

事実、東京の最高裁は、日本史上最高額の賠償金を、週刊新潮が、創価学会側に支払う命令を、最高裁から命令されました。最高裁の裁判長は、100万件に一件あるかないかの、異例中の異例でしょう。と語っていました。
しかも、最高裁から、賠償金を支払う命令が下るのは、めったにないそうで、これだけ見ても、いかに、週刊新潮が非常に極まりないデマ報道をしたのかということが、明々白々ではないでしょうか。過去1年から現在までに、創価学会側に支払った賠償金は、なんと、2000万円近いそうです。

これは、それらの裁判を始めから最後まで、担当してきた、弁護士が語っていたのを書きました。この記事は、読売新聞、中日新聞や、インターネットのホームページ上でも、掲載されています。

こんな感じですよ。解ってもらえました?
とにかく、創価学会は、学会だけの事しか考えていないというのは、デタラメであり、池田SGI会長の功績、活動、顕彰 等は、世界の100を超える様々な所から、讃えられている現実を知っていただきたい!
以上

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 だそうですが、残念ながらそのような崇高な考え方は、私のような知能では理解不可能でした。
しみずさんが当店の掲示板にお書きになっている「バカの壁」があるようです。(爆笑の壁??)
何といっても
>「あなたの批判、中傷が、想像してた以上だったもんで、ワザワザ説明するのが、めんどうになったんですよ(笑)」
とまでおっしゃっているぐらいですので、面倒でしょうが、アホウな私の説明におつき合いいただきたいと思います。
>『経済悪化による大難で宿命を乗り越える???』
わたしはこの場合は『経済悪化という大難を宿命として(受けとめ)乗り越える』
と書く方が普通ではと思います。

>『世界最大の著名な学者や名門大学』とは、
短縮にしてしまったので、正確に言うと、『世界最高峰の名門大学の著名な学者で、世界最大の実績を誇っている大学』です。

という短縮のしかた(訳しかた?)はすごいと思うのですがいかがでしょう。この場合の言葉の用法としては、普通は「世界最大」という言葉は「学者と大学」にかかるのではなく、「著名な学者」だけにかかるとおもいます。「世界最大の著名な学者」意味不明ですよね。名門大学にまでかかるとしたら、世界最大の名門大学が複数あってはおかしいです。
いかがでしょうか???
でも、こんな略し方が通ったら、世の中の記述試験で不正解はひとつも無くなっちまうのではないでしょうか????
 そして、正確に言った?つもりの
『世界最高峰の名門大学の著名な学者で、世界最大の実績を誇っている大学』という書き方も変じゃあありません???世界最大????


また、『評価する義務』、『新潮社のマスコミも呆れ果ててしまい、辞めていくマスコミもいるぐらい』という言葉にしても日本語としての態をなしていないと思うのは私だけでしょうか。
義務、マスコミという言葉の意味も理解せずに使用して、本当はこういいたかった、書きたかったとおっしゃるのでしたら、創価学会などというカルト教団に夢中になるよりも、もう少し日本語を勉強された方がよろしいかと思います。

あと、池田大作に多くのVIPが会談したり、勲章、名誉博士を授与したりするのに、銭が動いていないとどうして断定できるのでしょうか。

 そして、何よりも私が指摘したいのは、宗教家がどうして名誉、名声、権威などを欲するのか。
そんな欲太りの池田大作に、うさん臭さを感じる。(まるで、金正日などの独裁者そっくり!!)
そして、毎日、毎日、聖教新聞の一面にそのような事がお祭り報道され、それを何の疑いもなく喜んでいるバカ信者どもに恐怖を感じる。

日記には未掲載ですが、このバカから最後に?きた爆笑メールです。やはりバカは・・・・・

「池田SGI会長が、世界中から、数々の勲章や顕彰を授与するのに、銭が動いていないというあなたの断言ですが・・・。
週刊新潮や週刊現代が、創価学会や、池田SGI会長のデマ報道を流した事件の事で、証明できます。
今までに、数々のデマを流した週刊新潮、週刊現代は、過去のデマ報道で、『世界の著名な学者や大学教授、博士。大統領と対談する為に、裏金を使っていた』という事件や、『数々の顕彰を授与する為に、多額の裏金を使う為に、暴力団とか、裏の組織で、多額の裏金を用意していた・・・』とか、様々な事件がありました。
それらの事件は、ほとんどが、週刊新潮でした。

その事件を解決する為に、創価学会側は、新潮社側に起訴し、最高裁で裁判を起こしたのです。
あなたも、いくらなんでも、最高裁まで、裏金を使って、創価学会側が勝つように仕向けていると思ってはいないでしょうね?
私の身内の知り合いに、最高裁の関係者の方がいます。その方に聞いたところ、最高裁の裁判長に裏金を使おうものなら、過去に判決した数え切れないほどの被告人等に、殺されるほどの重要な役職であり、絶対というか、裏金そのものを拒否しますよ。
命をかけて仕事をしていますからね。

その最高裁で、ほとんどの裏金報道のデマも、裁判してきました。
裁判長は、『新潮社の異常極まりないデマは、100万件に1件あるかないかのとんでもない事件である』と言っていました。
検事や弁護士が、徹底的に調べて、その新潮社に、「その裏金をどうやって使っていたのかを、説明してもらいたい」と聞いたところ、新潮社側は、「いつ、どこで、だれが、どのようにして、裏金を渡したのかという、基本中の基本の発言が全く出来なかったのです。」
と弁護士が言っていました。

新潮社が、幾度となく、デマ報道を流しているのなら、そのくらいの証言はできるでしょう。
でも、できないんですよ。できないというか、捏造だから、証言しようがないんです
よ。
本当に裏金使っていたのなら、なぜ総額1億という多額を創価学会側に支払っているんですか?
断ればいいじゃないですか。だが、それも、できなかった。
賠償金も、過去最多ですよ。一年間で、10回以上も断罪されている新潮社をあなたは信じるのですか?

裁判中には、新潮社側は、証拠が何も出せず、無回答が多かったんですよ。
裁判長から創価学会側の完全勝訴と確定している事が、何よりの証明ではないでしょうか?

それに
、日本の国民の99%以上が「週刊誌の信用度ナシ」と読売新聞が調査しているんですよ。
この調査は、創価学会側だけに伝えたことではなく、NHK総合のニュースやフジテレビ、全国ネットのラジオ、全国紙 等でも、発表しました。

今や、新潮社は、
国民からの信用性がまるでなく、週刊新潮の購読者も減少・・・違った・・・激減しており、小説を書いてくれる作家もいないぐらいです。
国民の99%が、「信用できない」と答えているんですよ!
お解りですか!?


これが、何よりの証拠ですよ!!
これだけ言っても解らないのであれば、最高裁に問い合わせてください!

以上」


だそうで、相変わらず変な日本語を使っております。ちなみに週刊新潮には「なかにし礼」「藤田宣永」「幸田真音」の各氏の連載小説掲載しております。しかし、小説と国民からの信用性ってどうつながるのでしょう??

 裏表紙にもどる