北京オリンピックを支援する議員の会

平成20年2月20日水曜日晴れ △
 今日の重慶で行われたサッカー対支那戦での主審は北朝鮮だったそうな。宗主国様に対しては何も言えるはずがないから、公正な審判など朝鮮人に望む方が酷。当然のごとく、支那チームは反則しまくり。主審は無視。けが人続出。
 朝鮮人が審判に向いていないのは過去の例でも明らか。そして、支那のような国でまともな試合を望む方がおかしい。
そんな国での腐れオリンピックに諸手をあげて、応援している国賊河野洋平。

 手元にある「中国の黒いワナ」(別冊宝島Real 二〇〇七年九月刊)に、あの売国奴河野洋平が作った「北京オリンピックを支援する議員の会」の議員名が掲載されていました。 これは河野洋平が、平成一八年(二〇〇六年)一二月、支那に日本国際貿易促進協会(国貿促)会長の身分でいき、胡錦濤と会った。その時に河野洋平の飼い主である胡錦濤より命令されて作ったのが、この北京オリンピックの支援を目的とする超党派の議員連盟です。
 飼い主である支那からの命令に、河野洋平はその醜い顔と体に似ず、動きは早かった。翌二〇〇七年二月二〇日に発起人会が開かれ、発起人会会長に河野、幹事長に野田毅が選出され、なんと、三月二六日には、飼い主代理として、王毅大使を招いて設立総会が開かれたそうです。
 下記はその「中国の黒いワナ」に掲載されていた青木直人氏の記事による議員リストです。
 以下引用
役職 国会議員名 所属
会長 河野洋平 自民党
幹事長 野田毅 自民党


副会長 加藤紘一 自民党
高村正彦 自民党
古賀誠 自民党
島村宜伸 自民党
谷垣禎一 自民党
中馬弘毅 自民党
津島雄二 自民党
二階俊博 自民党
額賀福志郎 自民党
福田康夫 自民党
町村信孝 自民党
森山眞弓 自民党
山崎拓 自民党
片山虎之助 自民党
岡田克也 民主党
川端達夫 民主党
輿石東 民主党
田名部匡省 民主党
北側一雄 公明党
漆原良夫 公明党
浜四津敏子 公明党
会長代理 中川秀直 自民党
鳩山由紀夫 民主党
顧問 海部俊樹 自民党
小泉純一郎 自民党
森喜朗 自民党
青木幹雄 自民党
扇千景 自民党
小沢一郎 民主党
横路孝弘 民主党
渡部恒三 民主党
今泉昭 民主党
小川敏夫 民主党
羽田孜 民主党
志位和夫 共産党
福島瑞穂 社民党
綿貫民輔 国民新党
幹事長代理 大島理森 自民党
副幹事長 逢沢一郎 自民党
石原伸晃 自民党
衛藤征士郎 自民党
川崎二郎 自民党
河村建夫 自民党
斉藤斗志二 自民党
船田元 自民党
保利耕輔 自民党
小野清子 自民党
中曽根弘文 自民党
真鍋賢二 自民党
赤松広隆 民主党


事務局長 鈴木恒夫 自民党


幹事 伊藤信太郎 自民党
井上信治 自民党
今津寛 自民党
遠藤利明 自民党
大村秀章 自民党
小野寺五典 自民党
小渕優子 自民党
岸田文雄 自民党
北川知克 自民党
木村義雄 自民党
竹下亘 自民党
谷本龍哉 自民党
西村明宏 自民党
荻原健司 自民党
武見敬三 自民党
林芳正 自民党
山本一太 自民党
奥村展三 民主党
近藤昭一 民主党
長安豊 民主党
北澤俊美 民主党
田端正広 公明党
穀田恵二 共産党 
小池晃 共産党 
照屋寛徳 社民党


事務局次長 馳浩 自民党
橋本聖子 自民党
藤村修 民主党

自民党(衆議院)

自民党(参議院)

民主党

公明党

その他

あかま二郎
安次富修
麻生太郎
石田真敏
伊藤公介
伊藤忠彦
猪口邦子
今井宏
愛知和男
井脇ノブ子
江崎鐵麿
江渡聡徳
大野松茂
岡下信子
奥野信亮
鍵田忠兵衛
加藤勝信
金子善次郎
上川陽子
亀井善太郎
亀岡偉民
河井克行
北村茂男
北村誠吾
木原誠二
木村勉
河野太郎
後藤茂之
後藤田正純
桜井郁三
櫻田義孝
佐田玄一
塩谷立
新藤義孝
菅原一秀
鈴木馨祐
関芳弘
園田博之
平将明
高木毅
武田良太
竹本直一
田中和徳
谷公一
土屋品子
土屋正忠
土井亨
土井真樹
富岡勉
中野清
中山成彬
並木正芳
西村明宏
西村康稔
西本勝子
丹羽秀樹
野田聖子
萩生田光一
橋本岳
林幹雄
原田憲治
広津素子
藤野真紀子
牧原秀樹
松島みどり
松浪健四郎
松本純
松本文明
三ツ林隆志
三原朝彦
山口俊一
山本明彦
山本幸三
吉川貴盛
渡辺具能

秋元司
浅野勝人
有村治子
魚住汎英
岡田直樹
岡田広
金田勝年
加納時男
岸宏一
木村仁
山東昭子
鈴木政二
伊達忠一
谷川秀善
田村耕太郎
常田享詳
保坂三蔵
松田岩夫
山本順三
吉田博美
若林正俊

泉健太
市村浩一郎
内山晃
加藤公一
楠田大蔵
古賀一成
神風英男
仙谷由人
高木義明
田名部匡
長浜博行
平岡秀夫
平野博文
細川律夫
前田雄吉
村井宗明
横光克彦
家西悟
池口修次
江田五月
尾立源幸
木俣佳丈
黒岩宇洋
郡司彰
鈴木寛
千葉景子
角田義一
広田一
福山哲朗
松下新平
梁瀬進
山下八洲夫
渡辺秀央

池坊保子
石井啓一
石田祝稔
井上義久
江田康幸
斉藤鉄夫
佐藤茂樹
高木美智代
東順治
福島豊
冬柴鐵三
荒木清寛
風間昶
加藤修一
高野博師
遠山清彦
西田実仁
浜田昌良
弘友和夫
松あきら
渡辺孝男
鰐淵洋子

共産党
石井郁子
笠井亮
市田忠義
井上哲士
緒方靖夫
紙智子
仁比聡平

社民党

重野安正

国民新党

亀井郁夫

無所属

下地幹朗
鈴木宗男
荒井広幸

「中国の黒いワナ」P四三〜四六(別冊宝島Real 二〇〇七年九月刊)

 以上の議員リストには政界引退、あるいは落選した議員も含まれています。
 青木氏は、このリストを入手する過程で、事務局のある河野洋平の秘書をしていた鈴木恒夫自民党衆議院議員事務所は、公開には積極的ではなかったそうで、ファクスで送られてきたリストには、発信者が誰か特定されないようにとの配慮からレターヘッドが付いていなかった。そして、リストの公開は遠慮してほしいとも言われたそうです。

 流石は河野洋平の秘書をしていた男だけのことはあります。飼い主である河野洋平同様、鈴木恒夫こいつも腐っています。


 青木氏は下記のように結んでいます。
 <
知られては困る議活動とはなんなのか。国民の血税で行う政治活動をオープンにすることに、何か差し障りがあるのか。中国政府にはいい顔をするが、日本国民には情報公開の責任すら積極的に果たそうとしないのなら、そもそも日本国民の代表たる資格がないと言われても、仕方がない。

 この言葉を、支那の顔色ばかりみている腐れ議員どもはどう聞くのでしょう。

腐れ議員どもはどうせどうも思わないんだろうな。



裏表紙