朝鮮人特攻兵の石碑と黒田福美

と朝日新聞

文責はすべて、酒たまねぎや店主の木下隆義にございます


平成19年8月21日火曜日晴れ ○
 下記のような記事がチョンイル新聞(通名朝日新聞)にありました。
以下引用
 
朝鮮人特攻兵の石碑を故郷に 女優の黒田福美さんら計画
 略)
  黒田さんが
卓さんを知るきっかけは、16年前に宿泊先で見た「夢」だった。青年が現れ、「死んだことに悔いはないが、朝鮮人なのに日本人の名前で死んだことが残念だ」と告げる。意味が分からないが、頭から離れなかった。

やがて
「特攻兵では」と思い始める。ソウル五輪のころから韓国通で知られ、韓国ブームの中でテレビのコメンテーターとしても活躍していたが、特攻隊に朝鮮出身者がいたことは、それまで知らなかった。

95年に新聞のコラムに夢の話を書いたことで、靖国神社から連絡があり、卓さんの遺影を初めて見た。
知覧基地近くの食堂の娘だった赤羽礼子さんと知り合い、韓国の親族とも交流するうちに「
夢の青年」と信じるようになる

00年夏、沖縄県糸満市の「平和の礎(いしじ)」を訪ねた。沖縄戦の犠牲者らの名を刻む石碑に卓さんの名も刻まれていた。

 
沖縄で犠牲になった朝鮮人には強制連行された軍属が多いが、日本への協力を知られることをいやがる親族から刻銘の同意を得るのは簡単ではない。黒田さんは、犠牲者の調査を続ける韓国・明知大学教授の洪鍾●(●はにんべんに必、ホン・ジョンピル)さん(71)と出会う。

洪さんの兄は海軍兵だった。各地を歩いて遺族を探し、礎への刻銘の許諾を得るという地道な作業の中で、洪さんは卓さんの本家に当たる親族を探し当てていた。

昨年、二人で卓さんの故郷、韓国南部の西浦(ソッポ)を訪ねた。黒田さんによると、
卓さんの墓はないという。「石碑を故郷に建てたい」という黒田さんに村の人が問いかけた。「戦争で大勢が死んだのに、なぜその人だけ?」

洪さんによると、その町でも多くの人が戦争で犠牲になったとみられるという。「卓さんへの思いを通して、多くの人が巻き込まれた戦争の悲劇に思いをいたす」ムムそれが黒田さんがたどり着いた結論だった。

年内にも建立したいという碑の表には、卓さんへの追悼、裏面は戦争の犠牲者を悼む言葉を刻む。

黒田さんは「日本から訪ねてくれる人がいたらうれしい」。洪さんは「日韓の過去の歴史を学ぶ場になったらいい」と語る。

引用終わり
(asahi.com 2007年08月18日18時29分)
http://www.asahi.com/national/update/0818/TKY200708180216.html

  この黒田福美という女優の事は私は知りませんが、この記事を読んで思うのは、<黒田さんが卓さんを知るきっかけは、16年前に宿泊先で見た「夢」だった。青年が現れ、「死んだことに悔いはないが、朝鮮人なのに日本人の名前で死んだことが残念だ」と告げる。意味が分からないが、 頭から離れなかった。 >って、まるで、オカルトの世界です。そして、その夢に出てきた朝鮮人を「特攻兵」と決めつけ、そして、朝鮮人の特攻兵は多くいるのに、<赤羽礼子さんと知り合い、韓国の親族とも交流するうちに「夢の青年」と信じるようになる。>光山大尉と断定。そして、その光山大尉の像を建てる・・・・
 これはあの姜尚中氏もその著書でやっていることだが、反論も確認もできない死者の声を代弁し「死んだことに悔いはないが、朝鮮人なのに日本人の名前で死んだことが残念だ」と言っていることです。光山少尉がそのように思っていたかどうかも確認できません。
 妄想、思い込みで像を建てるという事がニュースになるとは流石は朝日新聞です。
 ましてや、
このニュースには「沖縄で犠牲になった朝鮮人には強制連行された軍属が多い」と朝日新聞らしい捏造が書いてあります。
 軍属とは、軍人以外で軍隊に所属する者のことをいうのであって、強制連行などありえません。
 息をするようにウソをつく。流石は支那・朝鮮の新聞であるといわれているチョンイル新聞(朝日新聞)だけの事はあります。

 それは、他の個所でも同じです。
 <昨年、二人で卓さんの故郷、韓国南部の西浦(ソッポ)を訪ねた。黒田さんによると、卓さんの墓はないという。>と書いているが、この光山大尉の墓は、 「日韓共鳴二千年」(名越二荒之助著 明成社)によれば、南朝鮮の慶州に、御両親、妹さんとともにあるそうです。

 この黒田福美という女優はインターネットで検索するとそのいろいろアホな行動が書かれています。
「韓流は(日本に対する)原爆ドカーン」(「原爆」は韓国人が日本人へ嫌がらせをするときに良く使う言葉)(出典:日本テレビ「ザ!情報ツウ」二〇〇四年一二月二七日)なお、この発言の後に「原爆という言葉を使った不適切な表現がありました。訂正して、お詫び申し上げます。」とのアナウンサーがお詫びの言葉を発する事態になった。
「日本の運命はこの方(金正日)の決断にかかっている」(出典:テレビ朝日「ワイドスクランブル」二〇〇五年四月一二日)
竹島のことを、司会者の訂正を無視し「独島」と言い続ける。(出典:テレビ朝日「ワイドスクランブル」二〇〇五年四月一二日)
韓国でレイプ未遂にあい、そのことを話した後「その時、私思ったんですね。私達も慰安婦のおばあさんにこういう事をしてたんだなって……。」※なお、その"おばあさん"の証言で裏づけが取れたものは一つもなく、また今の価値観で推し量っているも問題である。(出典:テレビ朝日「徹子の部屋」二〇〇二年五月二八日)

 朝鮮でレイプ未遂にあったときに、「その時、私思ったんですね。私達も慰安婦のおばあさんにこういう事をしてたんだなって」と思えるのは凄いです。アホとしか言い様がありません。
 そして、下記のような発言もあります。
以下引用
黒田:
略)私個人は、名前の問題についても、在日の方が本名を使おうが、通名を使おうが本来は自由じゃないかと思っています。本名を使わなければいけない、とかいうこと自体、実は非常に日本的な考えだと思います。要はさまざまなあり方を受け入れる体制があればいいわけで、日本社会の問題なのだと思います。

引用終わり
http://www.seinenkai.org/annyong/kuroda.htm (アンニョン!インタビュー黒田福美17号掲載)

 <在日朝鮮人が日本名の通名という偽名を使っているのは自由であり・・・・本名を使わなければいけない、とかいうこと自体、実は非常に日本的な考えだと思います>って、<死んだことに悔いはないが、朝鮮人なのに日本人の名前で死んだことが残念だ>というのと矛盾していませんかね。
 まあ、矛盾と思わないから夢から死者の言葉を代弁するということを平気でやり石碑を建てようなどという事が思い付くのでしょう。
 売名行為だといわれてもしかたないでしょう。

 脳みその腐ったバカ女優です。そんなバカ女優の話を取り上げるアホ新聞。

裏表紙