<気違い朝鮮人と旭日旗>

 

日記の文責はすべて、酒たまねぎや店主の木下隆義にございます


気違い朝鮮人と旭日旗

平成26年3月25日火曜日晴れ×

 いかにも朝鮮人らしいニュースがありました。

 以下引用

<米名門大の学生食堂内に旭日旗? 韓国人学生らが撤去要求

NEWSIS/朝鮮日報日本語版

記事入力 : 2014/03/18 11:42

 米国の名門・ペンシルベニア大学キャンパス内に、日本の戦犯旗(旭日旗)を思わせるデザインの物が設置されていることが分かり、騒動になっている。

 同大学の学生新聞「デイリー・ペンシルバニアン」はこのほど「芸術文化研究棟(ARCH)の学生食堂にあるステンドグラスの窓に日本の戦犯旗のデザインが描かれているとして騒動になり、大学側は問題解決に苦心している」と報じた。

 芸術文化研究棟は2年間にわたる改修工事を経てリニューアルされた建物。戦犯旗のデザインは2年生のイ・スンフンさんが食事中に偶然発見した。イさんがソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「フェイスブック」にこの写真を掲載すると、すぐに韓国人学生たちが騒ぎ出した。

 4年生のイム・ヒョンスさんは汎(はん)アジアン・コミュニティー・ハウスのピーター・バン・ト・ディレクターに電子メールを送り、戦犯旗のデザインに関する問題点を提起した。東アジア学センターのフランク・チャンス副所長も「韓国と中国は第2次世界大戦時に日本の侵略を受けた被害者で、当該国の間では今も緊張がある」と指摘した。

 事の深刻さを認識した同大学当局はすぐに学生と面談を行った。ウィリアム・ギブソン副学長とマーク・フレーザー・ロイド同大学記録担当、デビッド・ブラウンリー美術歴史教授、そしてこの建物の改修を担当した大学建築士デビッド・ホレンバーグ氏も立ち会った。

 ステンドグラスはキリスト教学生会の国際的なミッション活動を象徴するもので、建物は1928年に建てられた。問題のステンドグラスがいつ作られたかは正確には分からないが、建物の完成とほぼ同じ時期だと推定される。

 大学側はステンドグラスの歴史的な価値を考慮、周辺に教育的な内容の案内板を取り付けたり、日本の戦犯旗について説明するパンフレットを建物内に用意し、キャンパスツアーにもこの内容を挿入する代案を示した。

 当初ステンドグラスの撤去を要求していたこの2人の学生は「今回の面談は非常に生産的だった。学生の関心事を大学は前向きに受け入れてくれた」と評価したが、それでも「多くの韓国人学生は今もステンドグラスの完全撤去を望んでいる」と語った。

 学校側はこの問題を解決するため、より多くの学生が参加する中で全見解を考慮し、解決策を立てることを明らかにした。

 デイリー・ペンシルバニアンの記事に対し、学生たちは17日現在、100以上のコメントを付けて激論を展開している。中には「ステンドグラスが1928年に作られたならば第2次世界大戦前なので撤去する必要はない」と書いている学生もいる。

 しかし、「日本の帝国主義は19世紀末から問題の旗を掲げて隣国を侵略し、多くの人々を殺傷した。戦犯旗のデザインは大学の恥」と主張している学生も複数いる。これらの学生たちは「いくら歴史的な物だといっても、もしこのステンドグラスのデザインがナチスのシンボルやクー・クラックス・クラン(KKK)団の旗だったら果たしてそのまま放置できるのか?」と、戦犯旗に対し学校側が断固たる措置を取るよう促している。

ニューヨーク=ノ・チャンヒョン特派員NEWSIS/朝鮮日報日本語版>

引用終わり

 これがその旭日旗とされたステンドグラスらしいです。

>東アジア学センターのフランク・チャンス副所長も「韓国と中国は第2次世界大戦時に日本の侵略を受けた被害者で、当該国の間では今も緊張がある」と指摘した。

>建物は1928年に建てられた。問題のステンドグラスがいつ作られたかは正確には分からないが、建物の完成とほぼ同じ時期だと推定される。

もうアホかと。

 朝鮮は一九一〇年より併合しているし、だいたい朝鮮と我が国は大東亜戦争時も戦ってはいないどころか朝鮮は日本人として戦っている。 

 旭日旗に関して産經新聞の記事です。

 以下引用

旭日旗使用「問題なし」政府、見解作成へ 韓国の反日ナショナリズムを牽制

2013.8.6 08:27 産經新聞

 韓国内で「軍国主義の象徴」「戦犯旗」と決めつけ、敵視する傾向が強まる旭日旗について、日本政府が「使用は問題ない」との認識を示す見解を作成中であることが5日、分かった。旭日旗は、日の丸(日章旗)と並んで日本を象徴する旗であり、自衛隊も長く使用し、国際的にも広く受け入れられている。政府は、旭日旗の意義を内外に改めて示し、韓国内の反日的風潮を牽制(けんせい)する狙いがある。(論説委員 榊原智)   

 常軌を逸した水準に達したともいえる韓国の反日ナショナリズムによって、旭日旗の名誉が奪われることは避けなければならない。

無理がある排斥理由

 7月28日のサッカー東アジア・カップの男子日韓戦で、韓国応援団は歴史問題を理由に日本を非難する横断幕を掲げた。日本サッカー協会は、国際サッカー連盟(FIFA)が禁ずる応援時の政治的主張に当たるとして、東アジアサッカー連盟に抗議文を提出した。

 韓国サッカー協会は日本のサポーターが旭日旗を振ったことが発端だと「反論」した。韓国サッカー協会は、旭日旗は「大韓民国の国民には歴史的な痛みを呼び起こす象徴」(7月31日付韓国紙「中央日報」日本語電子版)だとしている。このような見方は韓国社会で広がっている。

あまりに激しい韓国側の反発を受け、日本側には混乱も起きている。昨年8月には、日本で開かれたサッカーのU−20女子ワールドカップの大会組織委員会が、スタジアムへの旭日旗持ち込みを禁止。組織委内部の指摘で開幕直前に撤回する一幕があったほどだ。

 朝、東から昇る太陽をかたどった旭日旗は、日の丸とともに「日の本の国」を象徴する。外国人から「クールだ」といわれることもある。縁起がよく元気が出るデザインとして、大漁旗も含め広く使われている。朝日新聞の社旗も旭日旗の意匠の一部を使っている。

 日本海軍の軍艦旗、日本陸軍の連隊旗も旭日旗の一種だった。大東亜戦争を含め、明治以来の近代日本の戦いには旭日旗と日の丸がへんぽんとひるがえっていたが、それを理由に排斥するのは無理がありすぎる。

 韓国の反日ナショナリズムは日の丸も否定したいが、さすがに無理があるため、旭日旗を狙い撃ちしているのではないか。ナチス党のハーケンクロイツ旗と同列視する意見まで韓国にはある。独裁政党の党旗と混同するとは失礼な話だ。

国際社会は受け入れ

 自衛隊は旭日旗を堂々と使い、国際社会から受け入れられてきた実績がある。海上自衛隊の自衛艦旗(16条旭日旗)と陸上自衛隊の連隊の自衛隊旗(8条旭日旗)がそれに当たる。

 海自護衛艦が旭日旗を掲げるのは、軍艦と民間船舶を区別するために、軍艦旗を掲げる国際ルールにのっとったものだ。陸自の連隊旗は部隊の名誉と団結の象徴になっている。

 大東亜戦争の相手だった米軍は、自衛隊が旭日旗を使うのに何のクレームもつけない。それどころか、友軍の旗として、ごく自然に敬意を表している。

 旭日旗の敵視は韓国政府にも及んできた。韓国外務省報道官は1日の会見で「(旭日旗が)韓国国民と、過去に日本帝国主義の被害を受けた人々に、どのような意味を持つものか日本はよく分かっているのではないか」と述べた。

 韓国の政府や軍が反日ナショナリズムに同調し、旭日旗を排斥すれば、日韓両国にとって重要な自衛隊と韓国軍の防衛協力は停滞するだろう。国旗に並ぶ旗を敵視する外国の政府や軍と充実した協力などできるわけがないからだ。旭日旗の意味が分かっていないのは、韓国の方である。>

 < この韓国の政府や軍が反日ナショナリズムに同調し、旭日旗を排斥すれば、日韓両国にとって重要な自衛隊と韓国軍の防衛協力は停滞するだろう。国旗に並ぶ旗を敵視する外国の政府や軍と充実した協力などできるわけがないからだ。旭日旗の意味が分かっていないのは、韓国の方である。>

 すでに、南朝鮮政府は過去には旭日旗が原因と思える自衛艦寄港拒否をしている。

 <韓国が自衛艦寄港を拒否 26日からPSI訓練 日本側「極めて非礼」

2012.9.25 01:48産經新聞

 【ソウル=黒田勝弘】韓国南部海域で近く実施される大量破壊兵器拡散防止構想(PSI)訓練の際、韓国が予定されていた日本の自衛艦の釜山港寄港を拒否したことが24日、分かった。日韓関係悪化に伴う国内的配慮とみられるが、日本側は「多国間訓練の主催国としてきわめて非礼」(ソウルの日本大使館筋)と不快感を隠していない。

 今回の訓練は日韓米豪の4カ国が参加し26、27日、釜山沖で行われる。

 日本からは海上自衛隊の護衛艦1隻とP3C哨戒機1機などが参加するが、韓国側は直前になって当初、予定にあった護衛艦の釜山寄港を断ってきた。

 関係筋によると、日本側は強く抗議したが、韓国側は「諸般の事情」を理由にOKせず一時は日本不参加の可能性もあった。結局、米国の取りなしで自衛艦の釜山寄港が必要ないよう訓練のシナリオを修正し、実施にこぎつけたという。

PSI訓練は核やミサイルなど大量破壊兵器拡散防止のため、疑惑船舶に対し空海一体で捜索、検挙、制圧の訓練を行うもの。韓国での実施は2010年に次いで2回目だが、前回は自衛艦の寄港は行われている。

 韓国軍は近年、竹島(韓国名・独島)について軍事的に「独島守護」を強調するなど反日世論を意識した動きが目立つ。またサッカーなどで日本の応援団の「旭日旗」を軍国主義復活と非難する声が多く、「旭日旗を艦旗にした自衛艦の寄港に過剰に敏感になったのでは」(同筋)との見方もある。>

 南トンスルランドの異常な反日行動は、すでに日米韓の防衛活動に支障をきたしているのです。

 私は我が国の旭日旗については過去に「軍艦旗の秘話」として産經新聞の記事を引用させていただきましたが,再度引用させていただきます。

<<軍艦旗の秘話

平成20年4月10日木曜日雨 ××××

 「敵兵を救助せよ」「誰も書かなかった沖縄」などの著書のある恵隆之介氏は沖縄ゴザ市生まれで、防衛大学卒業後、海上自衛隊にて勤務された方ですが、自らの体験として、海上自衛隊の練習艦隊が入港した英国ポーツマスの英国海軍訓練支援艦L一一(一三〇〇〇トン)士官室にて、リチャード・ルキモ海軍大尉よりの激励を受けたことを著書に書いています。それは「恵少尉、われわれは日本海軍を尊敬している。ドイツが戦後海軍旗を変更したが、海上自衛隊は、帝国海軍旗を世襲した。われわれはこの事に最も敬意を表している」という事でした。

(「敵兵を救助せよ」草思社刊 P三二四)

 

 その軍艦旗についてのエピソードが先日(四月二日)の産経新聞に「軍艦旗救った画家の良心」と題された野口裕之氏の記事が掲載されていました。

以下、全文を引用掲載させていただきます。

 <海上自衛隊のシンボル「十六条旭日旗」には秘話がある。海自で事件・事故が続いた、この時期だからこそ紹介したい。海上自衛官に、誇りを取り戻してほしいからだけではない。国民とメディアに「国軍」の重みを知ってもらいたいのだ。

 日章から16条の旭光が出ている、きらびやかで、しかも雄雄しいこの旗はかつて大日本帝國海軍の「軍艦旗」であった。軍艦は国家の延長とされ、国外では不可侵権など大使館同様の特権を持つ。大きな権能を有する軍艦の証が軍艦旗である。今も昔も、軍艦旗を掲揚する艦艇に行き会った民間船は自らの国旗を少し下げ、元の位置に戻す、敬礼をする海の慣行がある。領海では各国の警察権が及ぶが、公海では伝統的に軍艦が“警察権”を担保してきた。そうした軍艦の役割に敬意を表しているからだ。

 国内法上は「自衛艦」と呼ばれる海自艦艇も国際法上は軍艦として扱われる。当然、軍艦旗を掲げねばならないが、軍艦と呼べないため「自衛艦旗」と命名された。歩兵を「普通科」と呼ぶなど軍隊色を薄めるための小ざかしい詭弁(きべん)が戦後ずっと、日本語としてまかり通っている。

 ところが、である。かくも屈辱的な境遇にあって軍艦旗は今も、海自艦艇に自衛艦旗として翩翻(へんぽん)と翻っている。

 昭和29年7月の防衛庁・自衛隊創設を前に、防衛庁設置法や自衛隊法の研究を始め、旗章も全面見直しとなった。海自の前身・保安庁警備隊内外の意見を聞いた結果、軍艦旗復活が多数意見だと判明。

 一方で戦後の情緒的な反軍平和の世論が軍艦旗復活に反対するのでは−との危惧(きぐ)もあった。そこで@直線的A単色B一目瞭然(りようぜん)CすっきりD士気高揚E海上部隊を象徴するF視認性−を条件に考案する方針になった。

 方針を受け東京芸術大学の意見を聞いたところ「軍艦旗は国旗との関連や海の色との調和など、条件を満たしている」との回答を得た。そして米内穂豊画伯に図案作成を依頼。画伯は悩み抜いた末、結論に至る。

 「軍艦旗は黄金分割による形状、日章の大きさ、位置光線の配合など実に素晴らしいもので、これ以上の図案は考えようがない。それで、軍艦旗そのままの寸法で1枚書き上げた。お気に召さなければご辞退致します。画家としての良心が許しませんので」

 “画伯の作品”は「創設する海自への影響」「国民感情」などを焦点に庁議にかけられたが、保安庁長官は裁可した。詰まる所、旗の持つ動かしがたいきらびやかさ、雄雄しさ、芸術性は敗戦で自信を失った関係者の心を揺さぶり、引いてはならぬ一線=誇りの存在を気付かせたのではないか。海軍魂の象徴・軍艦旗の消滅を惜しんだ海軍OBや芸術家、官僚らが期せずして心を一にし阿吽(あうん)の呼吸の結果、軍艦旗を自衛艦旗として蘇生(そせい)させたのではないか。

 自衛艦旗を最終的に承認した吉田茂首相も「呼吸」を共にした一人に違いない。説明を聞いた首相は、こう語っている。

 「世界中でこの旗を知らぬ国はない。どこの海に在っても日本の艦だと一目瞭然で誠に結構だ。海軍の良い伝統を受け継ぎ、海国日本の守りをしっかりやってもらいたい」

 吉田には安全保障を犠牲にし経済復興を優先させたという批判も一部にある。だが、この言葉には敗戦への悔しさと、米英と同じ海洋国家であることへの矜持(きょうじ)を感じてしまう。(野口裕之)>

引用終わり

 <阿吽の呼吸の結果、軍艦旗を自衛艦旗として蘇生させたのではないか。>

 なんとも、いい話です。

 そして、<日章から16条の旭光が出ている、きらびやかで、しかも雄雄しいこの旗はかつて大日本帝國海軍の「軍艦旗」であった。軍艦は国家の延長とされ、国外では不可侵権など大使館同様の特権を持つ。>

 このことは世界各国何処の国でも当たり前の事であり、我が国が自衛艦を軍艦として認識し、その感覚を持っていれば、あのイージス艦と接触した漁船のような事故もなかったわけです。>>

 この我が国の伝統ある旭日旗が、人間のクズとも言える嘘つき朝鮮人どもによって汚される事はあってはならない。

  カミさんの朝ビールの残骸。

 今日は西村眞悟議員よりいただいた支那に魂を売った馬へのバカタレTシャツ。

 

 Aさん来店。

 Mさん二名様で来店。

 中島さんと棒術会の面々が大勢様で来店。

 

 営業終了後、久しぶりにAさんとカミさんとでゴールデン街にてドンチャン。

 珍しく記憶あり。

 サルよりマシ。

 


平成26年5月10日土曜日晴れ△

 もう気違いとしか言いようがありません。

 <韓国の公園に旭日旗かたどった花壇、「撤去しろ」と批判拡大―中国メディア

Record China2014年05月06日20時30分

2014年5月6日、華夏経緯網によると、韓国・忠清北道の歴史記念公園にこのほど、日本軍国主義の象徴と批判される「旭日旗」をかたどった花壇が作られ、市民の間に批判の声が広がっている。

現場は忠清北道報恩郡にある東学農民革命記念公園。19世紀末に起きた農民運動「甲午農民戦争(東学党の乱)」を記念して設立された。旭日旗の花壇があると指摘されたのは、園内にある記念塔の後方部分。訪れた市民の1人が「旧日本軍と戦った革命の聖地に、なぜ戦犯の旗があるのか。すぐに撤去すべきだ」と批判している。

記念塔と周辺の景観をデザインしたのは韓国の作家。韓国軍関係者の1人は「軍も花壇の作者も旭日旗を使ったつもりはない。しかし、多くの市民が問題だと考えるのであれば、作家と相談して善後策を探りたい」としている。(翻訳・編集/AA)>

 <映画「ゴジラ」のポスターに「旭日旗」? 配給会社が謝罪・・・「今後使用しない」で全面削除=韓国

サーチナ2014-05-10 07:57

 5月に米国や韓国で公開されるハリウッド映画「Godzilla」のプロモーション用ポスターが、韓国国内で旭日旗のデザインを使用したとして非難を浴び、削除されていたことが分かった。

 ワーナー・ブラザーズ・コリアは4月23日、「今回のポスターについて韓国ファンに深くお詫びする」と謝罪。デザインは「意図したものではない」とした上で、「今後ポスターは韓国だけでなく、ほかの国でも使用しない」と説明した。

 韓国で問題となったポスターは、中央に配置されたゴジラの背景に赤い線が放射線状に延びているもので、「キングが帰ってきた」とのキャッチフレーズが縦書きで記されている。米国のワーナー・ブラザーズ本社が、米国で4月18から20日まで開催されたアニメのイベント「WonderCon」用に制作した。

 旭日旗は韓国で「日本軍国主義の象徴」と呼ばれ、批判の対象になることが多い。同ポスターについても「旭日旗を連想する」などとして韓国の映画ファンらが問題視し、波紋を広げていた。

 現在ポスターは、映画紹介サイトや公式フェイスブックなどから全て削除されている。(編集担当:新川悠)(写真はスポーツ京郷の4月23日付報道の画面キャプチャ)>

 

 朝日新聞にも文句たれろよクソ朝鮮人。

 

 こんなどうしようもない朝鮮人どもが、その社旗には絶対に文句を言わない朝日新聞によると下記のような意識だそうです。

以下引用

<韓国人9割「日韓助け合うべきだ」 「嫌韓」解くカギに

ソウル=貝瀬秋彦

2014年5月9日17時33分朝日新聞デジタル

歴史認識問題などをめぐって日韓関係が悪化するなか、日本では「嫌韓」が、韓国では「反日」が高まっているように見える。だが、韓国では歴史認識問題や領土問題を除いては、日本に対する認識、イメージは決して悪くないことが、「コリアリサーチ」が実施した世論調査結果から浮き彫りになった。

 この調査を提起した東アジア文化交流協会の厳鎬烈(オム・ホヨル)顧問(68)は、日韓の国民が、政治外交的な対立と経済・文化・民間の交流を分けて考え、さらなる協力を模索するべきだと訴える。

 世論調査は、長年にわたり日本語学院や日本語教材出版の事業に携わってきた厳さんが、経営判断をするにあたり、コリアリサーチに依頼した。

 だが、動機はそれだけではない。

 3月に日本を訪れた際に書店に「嫌韓」の本が並び、有力週刊誌までが「嫌韓特集」をしている状況を目の当たりにした。また、嫌韓を主張する日本人たちは「韓国が反日国家だから、自分たちも嫌韓でなければならない」と確信しているというような印象を受けた。こうした状況を変えていくためには、今の韓国人が日本に対してどんな認識を持っているのかを知る必要があると考えたという。

 3月15日に実施した世論調査では、「韓日両国が互いに助け合い、協力し合う関係に発展していくべきだと思うか」という質問で、88・3%が「そう思う」と答え、「そう思わない」は11・2%だった。「日本が韓国にとって重要な国だと思うか」では、「重要」が76・2%に対し、「重要でない」が23・1%。「韓日の政治外交的な対立と、経済・文化・民間交流は分けて考えるべきだと思うか」との問いには、78%が「そう思う」と答え、「そう思わない」は21・1%だった。「日韓首脳会談が行われるのが適切か」では、「適切」が66・4%、「適切でない」31・8%だった。

引用終わり

 では、下記のような報道における数字はどうなんだろう。

 <韓国人の8割が「日本は信頼できない」、竹島問題が影響か

サーチナ 2010/04/17(土).16:31

 4月9日から11日まで、読売新聞と韓国日報が実施した第7回日韓共同世論調査で、日韓関係をめぐる日本と韓国の世論には大きな温度差がみられた。特に、日本と韓国が領有権を主張する竹島(韓国名:独島)問題をめぐり、韓国では「日韓関係が遠ざかっている」との声も高まっているようだ。

  現在の日韓関係について日本では「良い」と答えたのは57%に達しており、韓国の24.2%より多いが、両国とも3年前の72.3%と61.7%をはるかに下回っている。また、韓国では「信頼できない」とする回答者が80%で、日本の41%より多く、韓国の80%と日本の68%の回答者が過去の植民地支配が日韓関係に影響すると答えている。

  否定的な回答が目立つこの結果について、韓国メディアは「予想通り両国の見解には顕著(けんちょ)な差がみられた」と伝えた。韓国の日本学専門家は「韓国では独島問題における日本の民主党の対応が期待外れとなり、また日本では韓国国民が教科書問題で強く抗議したことへの不満、そして日韓の経済格差が縮まったことやバンクーバー五輪で韓国が日本を圧倒したことなどが韓国に対する警戒心を刺激した」と分析する。

  一方、民主党のソン・ミンスン議員は16日国会議員会館で行われた「未来志向的韓日関係討論会」で、「日韓関係をロマン的や感性的にアプローチすることはやめるべき。日本の独島挑発に感情的になると、結局日本の手助けになるため、論理的な対応が必要」とし、「日本が東アジアで重要な役割を担い、未来をともに開拓するためには、真の謝罪と反省の努力が必要」と強調した。

  このように、韓国では竹島問題が日韓両国の関係発展に悪影響を及ぼすとの見解が圧倒的で、ハンナラ党のキム・ソンジョ政策委議長も「小学校教科書の問題などをみると、日韓関係は後退したとの感じをぬぐえない」とし、竹島問題をめぐる徹底的に強気の対応を求めている。(編集担当:金志秀)>

 

<韓国人の対日感情が急速に悪化、その激しさは中国人も遠く及ばない―中国メディア

XINHUA.JP . 2013年9月6日(金)23時22分配信

韓国人の対日感情が最近、急速に悪化している。7月中旬に米シンクタンクが発表した調査報告では、韓国人の98%が「日本の謝罪は不十分」と答えている。5日付で中国網が伝えた。

 これに対し、中国人が「日本の謝罪は不十分」だと答えた割合は78%にとどまった。日本に「好感を抱いている」韓国人もわずか22%で、2008年の調査時(47%)より、大幅に減少している。近年、韓国人の対日感情は急速に悪化しているようだ。 サッカーの東アジア杯では日本人サポーターが「旭日旗」を振り上げた。これに対して、韓国側も「歴史を忘れた民族に未来はない」と書かれた横断幕で対抗している。こうしたやり取りが両者の国民感情を悪化させる大きな要因になっている。 8月15日の日本の投降日も中国と違い、韓国は国民の休日としている。国会議員から一般庶民に至るまで、全国各地で「光復節」の記念行事を大々的に行うのだ。日本の歴史認識問題に対する韓国側の反応の激しさは、中国の「反日感情」も遠く及ばない。 独島(日本名:竹島)問題や慰安婦問題でも国際社会に韓国側の正当性を宣伝する活動を展開しており、「慰安婦少女像」を韓国の日本大使館前に建てたほか、最近も韓国の民間団体が米ロサンゼルスに設置し、盛大な除幕式を催している。 (編集翻訳 小豆沢紀子)>

 

<韓国人は日本が大嫌い、好きな国は米国―米世論調査会社

2012年08月10日06時20分Record China.

9日、米世論調査会社・ギャラップはこのほど、韓国人が好きな国と嫌いな国の調査結果を発表した。韓国人が最も嫌いな国は日本で、好きな国は米国だった。写真は北京市にある韓国商品販売店。

2012年8月9日、米世論調査会社・ギャラップ(Gallup)はこのほど、韓国人が好きな国と嫌いな国の調査結果を発表した。国際オンラインが伝えた。

調査は7月14日〜29日までに、1500人の韓国人成人を対象に行われた。調査結果によると韓国人が最も嫌っている国は日本で、その割合は44.1%だった。2002年に行われた同様の調査では33.4%だったため、10年で10%以上増加したことになる。さらに、嫌いな国2位の中国は19.1%で、日本は韓国人が圧倒的に嫌いな国ということも分かった。とはいえ、中国は2002年の調査時は4.6%だったため、ここ10年で中国を嫌いな韓国人は日本以上の増加を見せている。

一方、好きな国のトップは21.5%で米国が選ばれたが、米国は嫌いな国の4位にも選ばれている。同調査会社はこの結果に対し、韓国と米国はここ10年関係を回復しており、その影響で米国を好きな人が増えた。一方日本とは領土問題や慰安婦問題など、大きなわだかまりが存在しているために、韓国人の日本に対するイメージが悪化したと指摘している。さらに同調査会社は、仮に日本で同様の調査をすると、同じように日本人は最も韓国を嫌っているという結果になるだろうと話した。(翻訳・編集/内山)

そのほかの順位は以下の通り。

嫌いな国

1位―日本(44.1%)

2位―中国(19.1%)

3位―北朝鮮(11.7%)

4位―米国(4.8%)

5位―イラク(0.7%)

好きな国

1位―米国(22.5%)

2位―オーストラリア(19%)

3位―スイス(8%)

4位―カナダ(7.4%)

5位―英国(5.1%)>

 

<天皇陛下生誕祝賀パーティー出席の政治家に非難殺到=韓国

2010年12月08日15時16分 サーチナ

 韓国では、日本大使館が主催した「天皇陛下生誕祝賀パーティー」に、李明博大統領の兄の李相得(イ・サンドク)ハンナラ党議員ら政治家が出席したことで、厳しい非難が相次いだ。出席した議員は、「(歴史上の問題でも)日本は丁重に謝罪をしている」、「親善のために出席するのは当然」などと述べた。

 パーティーは6日、ソウル市内のロッテホテルで行われた。会場は来客でにぎわい、韓国メディアは「予想を上回る盛況だった」と伝えた。李議員以外にも「韓日議員連盟会長」の朴鍾根(パク・ジョングン)副会長と金泰煥(キム・テファン)幹事長などハンナラ党の議員3人が出席した。

 韓国メディアは「日本大使館から招待状を受けた議員や外交官など、政府要人のほとんどは行事の不適切性と敏感性を勘案して参加しなかった」と報道。李議員らの出席にとどまらず、会場の入り口に飾られたロッテグループやLGグループなど大企業が祝賀の花輪を贈ったことについても、「論争が起きるだろう」という。

 パーティー会場でインタビューに応じた李議員は「(歴史上の問題でも)日本は丁重に謝罪をし、文化財も返そうとしている。外交を考えても、出席すべきだ」、「韓日交流協会の会長として、親善交流のために出席するのは当然」などと述べ、自身の出席に問題はないとの立場を繰り返し表明した。

 しかし、韓国ヤフーが掲載したネット投票で「国民感情を考慮し、出席すべきではない」との意見が78.2%を占めるなど、出席に反対する声が圧倒的に多い。関連記事のコメント欄にも「大韓民国のプライドが崩れた」、「愚かなこと」、「正気ではない」、「日本に帰れば……」など、非難の声が殺到した。(編集担当:金志秀)>

 

 

 つまり、「日本の事は大嫌いだが、助けろよ」つうことなんでしょう。

 アホか。

 絶対に、お・こ・と・わ・り

 

 ほんま、あほらし

 

 Sさんご夫妻来店。

 二名様来店。

 ドンチャン。

 記憶あり。

 サルよりマシ。

 


 

 


表紙にもどる

URAホームページ