金友子 立命館大学講師

 

日記の文責はすべて、酒たまねぎや店主の木下隆義にございます


平成26年1月15日水曜日晴れ○

 ネットで立命館大学の金友子という講師が出席カードと同時に朝鮮学校無償化嘆願書を配ってそれを学生に書かせようとしたことが流れています。

 朝鮮学校無償化嘆願書には日付、所属大学名、名前、そしてメッセージを記入するだけとなっていたそうです。

立命館大学より下記のような声明が出されております。

 以下引用

<HEADLINE NEWS : 2014 年

授業内における学生団体の要請活動への本学嘱託講師の対応について

 現在、ネット上で取り上げられている標題の件について、事実が確認できましたので、以下の通りご報告いたします。

 2013年12月13日、本学嘱託講師が、授業において朝鮮学校無償化に対するアピールをさせて欲しいとの受講生からの要望を受け、当該受講生が所属する学生団体による説明、嘆願書の配布、回収を許可しました。その際、同講師は嘆願書への署名は任意であること、署名と成績とは無関係であること、そして嘆願書は署名の有無に拘わらず学生団体の担当者が回収することを、受講生に対しアナウンスをしました。なお、学生団体の担当者が回収したため、同講師は嘆願書の提出者や記入内容については関知しておりません。

 しかしながら、結果として受講生に同講師が嘆願書への署名を求めたかのような誤解を与えてしまいました。このことは、大学として不適切であったと考え、講師に対し、指導を行いました。なお、受講生に対しては、授業内において改めて説明いたします。

 多くの方にご心配とご迷惑をおかけしましたことを心からお詫び申し上げます。また、今後、このようなことが再発しないように徹底してまいります。

                                               立命館大学>

http://www.ritsumei.jp/news/detail_j/topics/12524/year/2014/publish/1

 

 この金友子氏については、同じ朝鮮人の関西学院大学教授である金明秀氏がツイッターで下記のように擁護しています。

<つまり、講義概要の中に「在日朝鮮人問題」は授業テーマの一つだと明記されているわけだ。そして、「在日朝鮮人問題」を取り扱う回の一つで、ゲストスピーカーの特別講義が行われた。

ゲストスピーカーには、朝鮮学校への襲撃事件について話してもらったという。間違いなく、当事者にしか話せない内容だ。受講者は貴重な話を聞けただろう。>

<非常勤講師の金友子さんは、ゲストスピーカーから文部科学省への要請行動のアピールを配布したいとの連絡を受け、授業に関連する社会問題を知らせる素材として適切であると判断し、許可したという。ぼくでも同じように判断するだろう。授業担当者が中立であるかぎり、そういうのも教材になるからだ。>

 このように発言し擁護しているが、本当に金友子氏は中立なのであろうか。

<2011平和のための京都の戦争展 ハーグの会主催 文化企画

    『女と孤児と虎』(72分)上映とトーク──私へ連なる、戦争の傷あと

お 話:金友子(きむうぢゃ)さん(立命館大学国際言語文化研究所客員研究員・非常勤講師)

日 時:8月7日(日)14:00〜16:00

場 所:立命館大学国際平和ミュージアム 2階会議室

     http://www.ritsumei.ac.jp/mng/er/wp-museum/info/access.html

資料代:300円

主 催:ハーグの会(女性国際戦犯法廷ハーグ判決を実現する会>

<金 友子

「つくる会」教科書を批判してみて--在日朝鮮人/女性/(十年前の)中学生の視点から

季報唯物論研究  

季報唯物論研究 (78), 161-165,179, 2001-11 

季報「唯物論研究」刊行会>

<日本軍性奴隷制を裁く女性国際戦犯法廷の報告

季報唯物論研究  

季報唯物論研究 25(冬) (75), 99-101, 2001-02 

季報「唯物論研究」刊行会>

<書評 〈わたしたち〉は何を問われているのか--尹貞玉著、鈴木裕子編・解説『平和を希求して--「慰安婦」被害者の尊厳回復へのあゆみ』 (特集 教育と愛国とは何か)

情況 第三期 4(10), 109-115, 2003-11>

<「菅首相への緊急申入」

沖縄の民意を踏みにじった「日米共同発表」及び閣議決定を撤回し、密約まみれの「日米安保同盟」をやめるためにアメリカ政府と交渉せよ!

*************************

私たちは、昨年12 月の「『移設』方式を放棄し、普天間基地の閉鎖のための対米交渉を──鳩山首相への緊急提案」では、「私たちは、この問題への日本政府の姿勢が、すでに破綻した論理に導かれており、それゆえ袋小路に落ち込むか、最悪の結果を沖縄住民に押し付けるかにしかならないことを恐れるものです」と主張しました。5月 28日、鳩山政権は、辺野古への新基地建設を明記した日米安保障協議委員会の「共同発表」とその旨の閣議決定という「最悪の結果」に行き着きました。新しい菅政権も基本的にその方針を踏襲することを明確にしました。私たちは、怒りをもってこれに抗議するとともに、以下の申入を行います。

呼びかけ人・団体

[個人]

天野恵一(新しい反安保行動をつくる実行委員会)/池田浩士(京都精華大学客員教授・京都大学名誉教授)/井上澄夫/上原成信(沖縄一坪反戦地主)/鵜飼哲(連続ティーチイン沖縄)/上西創造(福岡県)/大木晴子(明日も晴れ─大木晴子のページ)/太田昌国(編集者)/勝方=稲福恵子(早稲田大学琉球・沖縄研究所)/鎌田慧(ルポライター)/京極紀子(バスストップから基地ストップの会)/金友子/久保田潤(静岡市民)/国富建治(新しい反安保行動をつくる実行委員会)/越田清和(さっぽろ自由学校「遊」)/崎山政毅(立命館大学教授)/島田清作/杉原浩司(核とミサイル防衛にNO!キャンペーン/杉村昌昭/高見圭司/田浪亜央江(インパクション編集委員)/田場洋和(練馬・文化の会)/田場祥子(VAWW-NETジャパン)/寺尾光身/冨山一郎(大阪大学教授)/中原道子(VAWW-NET ジャパン)/成澤宗男(「週刊金曜日」編集部)/野瀬吉夫/舟越耿一(長崎大学教員)/古荘暉・古荘斗糸子(うちなんちゅの怒りとともに!三多摩市民の会)/武藤一羊/谷島光治(アンポをつぶせ!ちょうちんデモの会)/山本みはぎ(不戦へのネットワーク)/吉川勇一(市民の意見30の会・東京)

[団体]

新しい反安保行動をつくる実行委員会/アンポをつぶせ!ちょうちんデモの会/イラク判決を活かす会/うちなんちゅの怒りとともに!三多摩市民の会/核とミサイル防衛にNO!キャンペーン/基地はいらない!女たちの全国ネット/不戦へのネットワーク/「キリスト者・九条の会」北九州/市民の意見30の会・東京/曽根九条の会/立川自衛隊監視テント村/バスストップから基地ストップの会/反安保労働者講座/反天皇制運動連絡会/福岡スピーチ・クリニック/ピースリンク広島・呉・岩国/ピープルズ・プラン研究所/ほっかいどうピースネット>

 こういう方を中立というのであろうか。

 戦時売春婦を被害者とするあのデタラメ戦時売春婦法廷?を擁護し、日米安保に反対するりっぱな左巻きの方であるのではないだろうか。

 あほらし

 

 初めての女性の方来店。

 のみ・・・・

 いや〜オチャッピーでなくて良かった。

 つうことで、カミさん共々酒も飲まずにさっさと帰宅。

 サルでもエビでもない。


2月4日火曜日晴れ△

 これだけで、この「立命館大学平和ミュージアム」とかいう左巻き施設のいい加減さがよく理解出来ます。

<映画『ミリキタニの猫』で知られるジミー・ツトム・ミリキタニ(1920-2012)。彼は、第二次世界大戦中のアメリカ合衆国の在米日本人・日系人強制収容、故郷広島の被爆、9.11事件などを体験しました。>

 

http://www.ritsumei.ac.jp/mng/er/wp-museum/event/special/index.html

とても日本人の文章と思えません。

普通に考えて、強制収容所に入れられている人間がどうして広島で被爆するんだ。

現実には、このミリキタニ氏は一九四二年ツールレイクの日系人の強制収容所に送られ一九四七年まで約五年間、数ヶ所の収容所に拘留され続け、二〇〇七年、七十年ぶりにミリキタニは日本に帰省し八月六日の広島市の広島平和記念式典に参列したそうだが、それを体験したと書くのか。

 

もうアホかと。

 

 Oさん三名様で来店。

 一名様来店。

 Tさん二名様で来店。

 ドンチャン。

 記憶あり。

 サルよりマシ。


 

 

 

 


表紙にもどる

URAホームページ