お笑い池田大作の回想

文責はすべて、酒たまねぎや店主の木下隆義にございます


平成19年8月22日水曜日晴れ
 以下引用
 
思えば、戦死した長兄は、一時除隊で中国大陸から戻った時、しみじみと語っていた。「日本軍はひどすぎる。あれでは中国の人たちが、あまりにも、かわいそうだ」
 二一歳で出征し、二九歳で戦死するまで、青春を滅茶苦茶にされた兄の遺言である。
 さらに、明治の末か大正の初めの二年間、韓国のソウル(当時、日本の支配下で京城と呼ばれていた)に滞在していた父もまた、激怒して言った。
「どうして日本人は、こんなに威張りくさって、傲慢なんだ。あんないい人たちを、苛めて、苛めて、苛め抜いて、日本はなんという国か!」と怒りを込めて語っていた。
 終戦直前の空襲が激しかったころ、疎開先の馬込の家の近くに、撃墜された飛行機から、若きアメリカ兵がパラシュートで降りてきた。
 アメリカ兵は、人々に棒で、さんざんに殴られ、蹴られた。
 挙げ句に、目隠しをされて憲兵に連れて行かれた。
 その光景を、母に伝えると、「かわいそうに!かわいそうに!!かわいそうに!その人のお母さんは、どんなに心配していることだろうね」と言っていた。
 あの母の声は、今も心に響いて離れない。
 こうした父と兄の憤怒、そして母の祈りを胸に、私は、中国にも、韓国にも、アメリカにも、そして全世界に、平和友好と相互信頼の「金の橋」を築き上げてきた。

引用終わり
 平成一九年八月二〇日気狂い新聞(通名聖教新聞)第三面

 これを読んで、違和感を感じない日本人はいるでしょうか。
 文面からは当時の日本人が海外で、また唯一、事例としてあげている無差別爆撃のアメリカ兵に対しての民衆の怒りは当然だとしても、国内でも醜い行為しかしてこなかったといっているのです。その中にあって、この池田大作氏の家族だけは、まさに聖人のような家族だったのです。
 違和感ありあり

 ちなみに、昭和五七年文春新春号を飾ったこのレリーフは、創価学会が、日蓮正宗総本山大石寺に寄進した正本堂にあったもので、池田大作をモデルとして製作したものだそうな。 おえ〜 気色悪!!!!!!!

この感覚がわからんです。

 ちなみに、今日の聖教新聞には池田氏の家の事が書かれています。
以下引用
「もともと東京の蒲田区(現・大田区)麹谷三丁目の二階建ての屋敷に住んでいた。
 広い敷地には鯉や鮒が泳ぐ大きな池があり、楓や桜、さらにイチジクやザクロも植えられていた。
 とんぼ捕りなど、幼き日の楽しい思い出が光るこの家も、昭和一三年(三八年)、兄たちの出征と相前後して人手に渡り、軍需工場へと変わった。
 略)
 麹谷二丁目に移り住んだ立派な家も、東京大空襲の後、空襲の類焼を防ぐために取り壊されることが決まり、強制疎開させられた。そこで、当時、田園が広がる大森区(現・大田区)馬込のおばの家に、一棟建て増しさせてもらい、移り住むことになった。
 五月二四日。新しい家ができあがり、荷物もリヤカーで運び終え、あすから皆で暮らせるというその夜のことだった。
 「落っこちた!落っこちた!」と、防空壕の皆が騒ぎ始めた。
 無情なる空襲によって焼夷弾が、我が家に命中した。完成したばかりの我が家は全焼してしまったのである。父と母は人生をかけて築き上げてきた大切な幸福の城を、戦争はことごとく破壊してしまった。
 なんとか運び出した長持ちに入っていたのは、たくさんの「ひな人形」だった。それでも、「このおひなさまがかざれるような家に、きっと住めるようになるよ」と皆をはげましてくれる母の明るさが、我が家の希望の光りとなった。」

引用終わり

 同じ紙面に「小学校五年生の私も、海苔製造業の家業を手伝い、六年生からは新聞配達も始めた」と書いています。二年間京城にいたお父上はやり手の海苔製造業者だったようです。ふ〜ん

 そして、世の指導者を峻別する、絶対に譲れない基準として
「軍部権力と戦ったか、どうか。この一点であった」
 と書いています。
 では池田氏は、まわりの国々に脅威となっている現在の支那政府の事をどう思っているのでしょう。 池田ダイセンセイが永遠の友情を誓いあったパナマの指導者であるノリエガ将軍。ルーマニアのチャウシェスク大統領のことはどうおもっているのでしょう。
 そんな基準で選んだという「生を賭けても悔いのない師」(同日の聖教新聞より)である戸田氏に対して、死の直後に池田氏が戸田氏宅に乗り込み、遺品類、古美術、など四億円相当の遺産を強制的に差し押え、葬儀に寄せられた四千万円あまりの香典さえ、遺族に渡さず、創価学会が取ってしまい、未亡人らの抗議でやっと、ほんの一部が返されただけだそうです。そのあとも色紙、メダルにいたるまですべて回収して二代会長色を一掃したそうです。自宅は、池田氏会長就任後に池田氏自身の手により売り払われたそうです。
 死んでしまえば、自分の師だった方の御遺族に対してのこの醜い鬼畜のような仕打ち。
 書いてることと違和感ありあり。

 大森の朝鮮部落で海苔漁師の息子とかいうお話もあったようですが、どうなのでしょう。

裏表紙