池田大作語録南朝鮮編

文責はすべて、酒たまねぎや店主の木下隆義にございます



 下記の記事は池田氏が創価学会という邪教を広めるために、いかに歴史を歪め、朝鮮マンセーにより朝鮮の人々を煽ってきたかがよく分かる内容です。
池田センセイの腐れコラム「来光」より
以下引用
1592年豊臣秀吉は朝鮮に 15万名の大軍を送って侵略した. 以後 7年にわたった戦乱で, 朝鮮の国土に筆舌で終えることができない損害を被らせた.
野蛮きわまりない掠奪, 暴行, 破壊. 罪もない幾多の人々を殺害して, 都市も農村も大変あばらになった.
また多い国宝級文化財も破壊されるとか搬出された.
今まで何回申し上げたが, 韓国は日本に ‘文化大恩の国’だ.
古代以来, 韓半島でさまざまな文化が日本に伝来された. 仏教徒もそうだ. この一つだけでも日本は言葉で終えることができない恩恵をこうむっている. それにもかかわらず日本はその大恩を踏み付けて隣国人々をいじめた.
あまりにも非道だった, 人間の道を脱した日本だった.
また日本の隣国侵略は永遠に消すことができない悪業の歴史を刻んだ.
小さな人物は地位が上がるとか, 大きいお金を持てばあれほど自分が偉くなったように勘違いして傲慢になる.
何ともなく相手を見下す. 恩恵を忘れて恩人さえ踏み付けてしまって, 自分の醜い野望の見代わりにしようと思う.
過去の日本がそうだった. このような過ちを二度と繰り返してはいけない.

引用終わり
和光新聞05/04/22 633号

同じく来光より
以下引用
日本は韓国と友情を結んで, 韓国を尊敬して, 韓国の心を学ばなければならない
韓国で受けた文化の大恩恵はいちいちかかることができない位だ.
思えば江戸時代日本が無断主義から文治主義で切り替える きっかけも韓国知性人の教えることがあった. すなわち武道ならなくてしょうがない ‘壬辰の乱’で 虜になった韓国の碩学河港(姜〓)と対話を通じて日本の学者は平和秩序思想に 深く目を開いたのだ.

それが当時の幕府を感化させて, また韓国の文化通信社を招待することでも 繋がれて時代の潮流を大きく変えたのだ.
しかし近代日本の蛮行(蛮行)はそういう恩義(恩義)も縁も踏み付けて韓国の人々を 徹底的に苦しめた. 第2次世界大戦末期に日本軍は済州島に約 7万名の 駐屯させた.

彼だけではなく島人々を強制労動で追い払って ‘サムリョサムボ(三麗三宝)の島’を 沖繩とまったく同じく日本の盾としてこの頃化させようと謨議したのだ.
日本は韓国と友情を結んで, 韓国を尊敬して, 韓国の心を学べばこそ平和と 繁栄の方向に進むことができる. しかし韓国に対して傲慢になって恩知らずだったら 日本は必ず衰退して滅亡する. これが万代(万代)にかけて生命に刻まなければならない 歴史観でまた人間の道だ.

引用終わり
和光新聞 : 05/04/15 632号

同じく「来光 」より
以下引用
韓国が日本文化の ‘大隠である’であることは言うまでもない.
仏教を含めてすべてのものに恩恵をこうむったと言っても過言ではない.
それならどうしてこれ ‘大隠である’の国を裏切っただろうか.
例えば ‘日本書紀’(8世紀)でも恩人の国を一段階軽んずるような文を 使っている. そのようにまで ‘宝物の国’と呼びながら憧れたが今更韓国の 色彩を消そうと思う.
その背景はいろいろに考えられるが心理的には ‘劣等感の反転’という見解が ある.
本当に大きい恩恵をこうむって来た. 内心ではそれを認めざるを得ない. しかし そのように認めることは自尊心が承諾しない.
ちょうどその頃国家体制を整備した日本では支配層の間で国家意識が 高くなった. このナショナリズム(国家主義)が恩人の国を否定するようにする.
恩人を否定して “自分はもとより自分の力だけでしたことだ”という虚勢を張る.
ついに ‘大隠(大恩)’があった実はそのものさえ忘れる.
その後にも日本の国家意識が高くなった時(豊臣秀吉時代や明治時代)に 隣国に対する愚かな差別意識が為政者によって広げられた.
こんな計略を看破しなければならない.

<Ikeda SGI会長スピーチで>
和光新聞 : 05/05/20 637号

‘3・1 独立運動’は立派な非暴力闘い,婚儀闘いだった.
韓国で日本に対する独立運動を導いたことは青年で学生だった. ‘韓国のジャンダルク’だと呼ばれる柳寛順は 15歳で日本警察に逮捕した.
到底言えない残酷な顧問. しかし彼女は屈しなかった.
堂堂と, “君たちの日本人たちが私たちを裁判する権利はない. 裁判を受けなければならない件 むしろ君たちだ!”と叫びながら死んだのだ.
彼ら青年は ‘どんな権力にも魂は絶対に死なない’と言うのを全世界に証明した.
彼女が争った ‘3・1 独立運動’は立派な非暴力闘いだった.
いわゆる ‘婚儀闘い’だった.
彼らは約束した.
“日本人を侮辱してはいけない. 石を投げてはいけない. 殴ってはいけない. このような のは野蛮人やしぶりだ.”
このように日本に対する猛烈な批判もなかった. 日本人はいつも人々を侮辱して 石を投げて殴った野蛮人だったからだ.
極めて切ない事だが ‘歴史の事実’は事実として正確に伝達しなければならない. 恥ずかしがらなければ割 ‘事実’を隠すことは恥ずかしがらなければならない行為をまた繰り返えす のだからだ.

<Ikeda SGI会長スピーチで>
和光新聞 : 05/05/13 636号 2005. 04. 08(金)

和光新聞 >企画特集 > 学会記念日
keda(池田) SGI会長は “韓国は文化大隠の国”と言いながら近くて遠い隣りで 残された韓国と日本に友好の仮橋をおこうと持続的な民間交流を推進した. 特に ‘日帝 36年’という屈辱の歴史を抱かれて日本が韓国国民にやらかした蛮行を 謝罪しなければならないと一貫されるように主張した. また在日韓国人参政権付与を日本政府に 促して人権運動も広げた.
略)
“韓国の大隠を絶対に忘れてはいけない”

Ikeda SGI会長インタビュー要旨
韓国との友好で一番重要なことは今までの両国間の歴史を正しく認識する のだと思います. 日本では国家主義史観(史観)で歴史の真実を隠蔽するとか 歪曲させているし, ひどくは日本のアジア帝国に対する侵略や ‘日帝時代’の 悪事さえ正当化する事も少なくないです. しかし歴史を定時(正視)して返り見たら 韓国が日本に文化の最大恩人というのは明明白白した事実です. 韓国と日本は 地理的に一番近くて, 韓国で渡来した人々が日本文化の基礎に多大な 影響を及ぼしたことは文献上でも, 考古学の成果で見ても明らかです.

(中略) 長い間, そのような歴史を隠蔽するとか認めないという悪幤が続いて あります. 特に最近にはそれを正当化するとか美化(美化)さえしようとする国家主義的 主張が平気に行われているということに強い危懼心(危懼心)と怒りを感じています. それで私は “韓国の大隠を絶対に忘れてはいけない”というのを繰り返して 叫んでいるのです.
<見出しニュース 1999年 11月号, ‘人類平和のリーダーIkeda SGI会長’ 中>


歴史の真実はあくまでも真実で話して来ました. 恥ずかしい ‘真実’を隠す 仕事は恥ずかしい ‘行為’をもっと助長させる仕事だからです. 日本の青年たちに 恥ずかしくて胸が痛む事かも知れないが歴史の真実をそっぽを向くとか真実から逃げだすように してはいけないのです.
今まで私たちが経験して来た事は不幸な事もいやな事も皆未来の略式で 三考歴史の教訓を ‘師匠’ して生きて行く姿勢が重要だと思います. それを 原点にして日本の青年たちが韓国青年と万代の友情を厚くするのを念願しています. そこ書から相互理解で相互信頼につながる民衆交流が開かれると思います.
韓国には “行く言葉が古瓦は来る言葉もきれいだ”という諺があります. 国民間の 友愛も友情も自分が先に相手の心を理解して本気のこもる言葉に近付けばこそ 構築されると信じます.
<月刊中央 WIN 1998年 4月号, ‘Ikeda SGI会長の人生と哲学’ 中>

“帰国は ‘文化師匠’の国”
Ikeda SGI会長韓国偉人スピーチ集め
■韓国のジャンヌダルク柳寛順
彼女の名前は柳寛順だ. 祖国の独立のために争って, 17歳の若いことで玉の中で 死んだ信念の少女だ. もう 24年前だが私は高校生の代表にこの少女の仕事を 少し言ったことがある.(1966年 1月6日)

この少女が住んだ時代. その時は日本の非道的な植民地支配の時代だった. 文化の 大隠人である韓国に, 日本は恩恵を返すどころか掠奪と圧制で報いた. 1919年 3月1日, 民衆による祖国独立運動の行動を開始した. 彼女もこの闘いに身投げをした.


それは暴力を使わない平和的なデモ行進などの運動だった. しかし日本の 権力は銃剣で被疑弾圧を加えた. 旧暦 3月1日広場に集まった人々に再び 日本憲兵隊は無差別な発砲をした. 彼女のお父さんも, お母さんも殺害された. そして 彼女自分も逮捕して投獄された.
到底言えない残酷な顧問が続いた. しかし満身創痍になっても彼女は “独立万歳!”とずっと叫んで人々を励ますまでした. 裁判でも “罪を 認めなさい”という脅迫に絶対に屈しなかった. 何の言葉を聞いても彼女は “私が ‘自分の 国’を求めるために独立万歳を呼んだのが何の罪になるというのか? むしろ罪を 受けなければならないことは強制で他人の国を奪ったあなたたちだ!”と矜持高く言い切った.
傷だらけの身で “祖国の幸せのために争うのに何が悪いか”と対抗した のだ. 永遠な正義によって裁判受けたことは裁判長の方だった.
(中略) 大変逞しい青春の足は人々の胸に火を付けた. 火は広く 滲んでやがて 25年後に独立である ‘光復’の日を迎えた. 権力は彼女の肉体を 殺した. しかし精神さえ殺すことはできなかった.
<関西窓べ学院第 9回健康制, 1990年 10月20日>

■権力と争った詩人尹東柱
略) 日本が奪おうとたいてい, 愛する祖国の言語で祖国の文字ハングルで, 美しい 美しい青春の時を命をかけて残した. 祖国に ‘美しい朝’ が必ず 来るというのを信じて, 望んで争った.
2年間の獄中生活では残酷な取り扱いを受けた. そして彼は日本の降参に よった解放の日(8月15日)を見られずに福岡刑務所で獄死した.
詩人尹東柱は弾圧のため在世には一冊の詩集も出すことができなかった. 日本の官憲に 押収されて闇の中に埋まった試みいたと推測される. 彼は完全に無名であるまま彼の 生涯を終えることを強要されたのだ.
略)
<第2回全国男青年部幹部回, 1990年 9月30日>

■韓国の独立闘士キムク先生
略)
帰国はまことに日本に ‘文化の師匠’の国で ‘教育でも兄さん(型)の国’です.
私は心深い所から尊敬しています.
それにもかかわらず大恩恵を口は帰国を侵略した日本はいくら愚かだったのか. <イ・スソン 前総理と対談, 1999年 12月2日>
和光新聞 : 05/04/08 631号


 いかかがでしょう。朝鮮マンセーのオンパレードです。
創価学会を支持母体としている朝鮮総連じゃあなかった、公明党は国益よりも池田大作いのちであり、そのために、北側国土交通相は北朝鮮船18隻に入港証明書を与えたり、支那に対しての観光ビザ発給地域拡大や南朝鮮人の観光ビザ免除恒久化 。極め付けは外国人地方参政権付与 と動いているのじゃあないのかと思ってしまいます。
まあ、売国奴どものの集まりには違いありません。


 

気違い宗教・池田創価学会が外国人地方参政権に一生懸命になる理由

平成22年10月27日水曜日くもり△

 憲法が政教分離を打ち出しているのは、特定の宗教が政治権力を利用し、布教を有利に進めたり、他宗教を害したりしない為であるが、創価学会は公明党を作り、長期間政権の一端を占めてきた。

「われらが政治に関心を持つゆえんは、三大秘法の南無妙法蓮華経の広宣流布にある。すなわち国立戒壇の建立だけが目的なのである」

戸田城聖(巻頭言集)

 「創価学会は宗教団体であり、公明党は政治団体である。ともに日蓮大聖哲の教えを奉じ、王仏冥合を目指す私どもの同体異名の団体であります」

(池田会長全集・一)

 

 創価学会の狙いは、このように政治と酒興を一致させる事にあり、その結果として国立戒壇をつくる事を目指したのです。

 

 その池田大作氏の出生は謎が多く、その真偽は不明であるが、先祖の墓の場所も不明で、大田区の海苔漁師の朝鮮人が両親ともいわれている。

 その出生伝説ゆえか、朝鮮に対しての思い入れは深く、池田氏は十三年前の平成九年に南朝鮮(韓国)にその想いを表す碑を建てています。

 写真はネットにあったものを拝借いたしました。

 これには、下記のように刻まれています。

 碑文

 安らけき朝の光に 貴国を想う

 古の書に「東表日出之国」と謳われ

 山高く 水麗しき 風雅の国

 東海の小島へ 重畳の波浪超え

 あまたの文化 文物をもたらし

 尊き仏法を伝え来りし 師恩の国

 隣邦を掠略せず 故郷の天地 守り抜く

 誉の獅子の勇たぎる 不撓の国

 然れども 世紀の災禍いくたびか

 小国の倨傲 大恩人の貴国を荒らし

 大国の横暴 平和の山河 蹂躙す

 アボジ(父)、オモニ(母)の叫喚は

 我が魂に響き その傷み須臾も消えず

 不思議なるかな今 悲劇の祖国に

 巍巍堂堂たる地湧の同胞 湧き出で

 韓日新時代へ 敢闘の前進を開始せり

 敬愛せる貴国の友人いわく

「心をとざして相対すれば戦いとなり

 胸襟を開き相語れば平和となる」と

 過去を忘却せず 現当へ誠信尽くし

 人道と正義の 大いなる旭日昇る

 韓日友好の「新しき千年」築かん

 無窮花の如き 馥郁たる幸と平和の楽園

 アジアと世界へ永遠に拓かん と誓いつつ

 一九九九年五月三日 池田大作

 朝鮮は「山高く水麗しき風雅の国」であり、

「あまたの文化文物をもたらし尊き仏法を伝え来た師恩の国」であり、

「隣邦を掠略せず天地を守り抜く誉の獅子の勇たぎる不撓の国」であるが、

我が国を「東海の小島」そして、「小国」と表現し、

その小国が倨傲し、大恩人の貴国(韓国)を荒らしと書く。

 流石は、すばらしき、池田氏の朝鮮に対しての想いです。

そして、池田大作氏は来日した韓国仏教会代表メンバーに対し、

「韓国は日本にとって『文化大恩』の「兄の国」である。『師匠の国』なのである。その大恩を踏みにじり、貴国を侵略したのが日本であった、故に私は永遠に罪滅ぼしをしていく決心である」と語ったという。

(平成十二年(二〇〇〇年)五月二十二日付聖教新聞より)

 その後、金大中政権当時の南朝鮮政府は、その暴力的派閥抗争により非合法化されていた創価学会の現地組織「韓国仏教会」に対して、財団法人設立の許可を出した。

 これにより、かって禁教とされていた創価学会が、南朝鮮により合法的な組織として認められる事になった。

 それは当時、南朝鮮大統領であった金大中にとっても都合の良いことであった。

 これは、池田氏と金大中氏との密約によるものであると言われています。

 朝鮮に対して熱き想いをお持ちの池田大作ダイセンセイに、これよりさかのぼる事三年前の平成九年(一九九七年)に大統領選挙出馬前の金大中氏が公明党幹部の藤井富雄氏に会い協力を求めている。

 それは、韓国創価学会の会員は、朝鮮の嶺南地方に数多く居住している。大統領選で、この地域から金大中氏が予想以上の票数を得た理由とされている。

 この密談は、古い友人である原田重雄氏が斡旋したとあり、『金大中総裁から「何とか頼んでくれ」という連絡があった。大統領選の約一年前、金総裁が訪日。韓国への帰国を控えた早朝8時に面会した。原田マンション(原田氏の所有)の事務所で面会した。公明党の首脳は、周囲の目に触れぬように、裏口から密かに入ってきた。私(原田)と金総裁夫妻が、公明党の首脳と会った』と原田氏の証言があります。

引用先

博士の独り言 朝鮮日報社の月刊誌「月刊朝鮮」(2002年5月号)記事

http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-1080.html

 結果、南朝鮮の創価学会員は当時有権者は六十〜八十万人といわれていたそうだが、金大中氏がハンナラ党の李会昌候補に約三十万票の僅差で勝った。

 創価学会票が金大中氏に大きくプラスになった事は間違いがないのだろう。

 この原田重雄氏は金大中氏の大統領就任式にも民間人それも日本人としては異例だと思うが、招待されていることが産経新聞の記事にあったことを私(木下)は記憶しています。

 原田氏は高田馬場において多くの不動産を所有し、金大中氏が我が国に潜伏していた時に援助していた方です。

 其の後、平成十四年の南朝鮮有力三代紙である『中央日報』『東亜日報』『朝鮮日報』の八月十五日版に朝鮮創価学会への「批判広告」が掲載され、その中には「政府に流された約二億円」の不正疑惑まで綴られていたという。

 そして、池田公明党は外国人参政権法案を独自提出まで韓国大使に表明しています。

<公明党の山口那津男代表は20日、都内で韓国の権哲賢駐日大使と会談し、26日召集の臨時国会に永住外国人地方参政権付与法案を党独自で 提出することを表明した。>

MSN産経ニュース平成二十一年十月二十日

 ちなみに、相互主義と叫んでいる連中の根拠となっている南朝鮮においての永住権を持つ日本人は五十九人(平成十六年)であるが、そのうち、外国人地法参政権対象の日本人はわずか十数人だそうです。

 

<韓国地方選挙:中国人も初投票、中華街に候補者 

韓国で5月31日に行われた統一地方選挙で、外国人に対して初めて選挙権が与えられた。華人6516人にも選挙権が付与され、多くの人が投票所に足を運んだ。 6月1日付で東方早報などが伝えた。 野党・ハンナラ党の圧勝で終わった今回の統一地方選挙では、韓国に居住する約20万人の外国人のうち、6726人に選挙権が与えられた。内訳は大陸系の 華人が5人、台湾系の華人が6511人、日本人が51人、米国人が8人などだった。 >

2006/06/01(木) サーチナ

 このように南朝鮮において外国人地方参政権はたった、六五一一人のみに与えられたものです。

 我が国において、一部の地方では在日朝鮮人のその地域に占める割合が異常に高い。

 例えば、住民に一番外国人が占める割合が多い大阪の生野区は、区の総人口一三三八三五人のうち、外国人登録者数は三二一三七人であり、約二十四%が外国人でありそのうち朝鮮人は二九八五八人を占め、約九十三%が朝鮮人です。

(生野区ホームページより平成十九年十二月末現在)

http://www.city.osaka.lg.jp/ikuno/page/0000000434.html

 その次は横浜の中区の十一%弱です。

 外国人参政権の認められていない現在でさへ、当店のある新宿区においても、議員三十七人のうち創価学会公明党は最大派閥の九名を占めます。(次は自民党の八人)

 新宿区の前回選挙において、最大得票当選者は三三万四千票以上の自民党候補者であり、二位も同じく自民党の29万強です。最小得票当選者は無所属候補の一四〇〇票弱です。

 組織の強い創価学会は一人の例外を除き、すべて二千票代で当選して、ただひとりの落選者もいません。

 

 これはどういうことか。

 創価学会は地方においてこそ、その組織力を発揮しやすくなり、今後、もし外国人地方参政権が認められれば、今以上に首長選挙、地方議会に与える影響は大きい。

 つまり、創価学会、公明党にとりこの上もなく有利になる。

 創価学会はその政治において影響力を増すという目的の為にもぜひとも外国人地方参政権には反対の立場はとらないのである。

 現在我が国において、国防のための首長の協力および判断を求める項目が多くあり、その地域において参政権を持った外国人が多く占める場合は、首長の判断に影響を与えるのは想像に難くない。

 

 西村眞悟氏はかって自民党よりもタカ派といわれた民社党出身であるが、

その時代に先輩議員より

「世の中で、正しいことをみつけるための手間のかからない便利な方法がある。それは、社会党を見ていることだ。社会党が反対していたら賛成するのが正しい。賛成していたら反対するのが正しい」

と言われたと書かれていたが、私は社会党、今の社民党とともに公明党もそうであると思う。

 公明党にとって守るべき第一は国民でなく、池田大作氏であるからである。

 そのような腐れ宗教政党は我が国にとって百害いや千害、万害あっても一利もない。

 あほらし

 

 写真は昨日、河岸の場外で写したもの。

  

 十月十六日・・・・・

 終わってるもんをいつまでも・・・・

 Oさん来店。

 Mさん二名様で来店。

 三人でいろいろと固有名詞が出てこないのを嘆く。

 ドンチャン。

 記憶あり。

 サルよりマシ。


裏表紙にもどる