池田大作語録

文責はすべて、酒たまねぎや店主の木下隆義にございます


平成15年12月4日木曜日くもり△
 今発売中の週刊新潮によると、あの池田大作氏は韓国を兄の国であり、在日韓国人に参政権を与えることを主張しているそうです。
ネット上でよく流れているように、カルト宗教の教祖様は、麻原、文鮮明、
池田と何か朝鮮つながりでもあるのでしょうか。
 池田大作氏の野望とは、日本に創価王国をうち立て、自分はその国王となり、創価学会が日本を支配するというために、公明党をつくって政治をにぎり、優秀な学会員子弟を政界財界に送り込み、国家の中枢を押さえるという事をやっています。
それらは下記の池田大作氏の言葉によくあらわれています。
「広宣流布の時には、参議院議員、衆議院議員もいてさ、・・・・要所要所を全部ね、学会員で占める」(57年9月6日付け聖教新聞)
「創価学会は政党ではない。したがって衆議院にコマを進めるものではない。あくまでも、参議院、地方議会、政党色があってはならない分野に議員を送るものである」(61年6月『大白蓮華』)
「天下を取ろう。それまでがんばろう。今まで諸君を困らせたり、学会をなめ、いじめてきた連中に挑戦して、最後に天下を取って、今までよくもわたしをいじめたか、ということを天下に宣言しようではないか。それまで戦おう」(69年『前進』=注・幹部用テキスト)
そして、今年の衆議院選挙が終わったあと本部幹部会で
「おめでとう、よくやった。勝って勝って。本当にありがとう。見事で、嬉しいね。
勝ということは楽しい。嬉しいもんです。勝つための仏法なんです。信心なんです。(略)
広宣流布の1000万の陣列を達成することは、牧口先生、戸田先生の悲願であった。思えば、昭和31年、学会が初めて参議院の選挙の支援に取り組んだ。全国区の得票は90万。90万台。でっ、今回の得票は、いまだかってない873万票。凄いことだ。(略)みんな驚いています。この数にこれからの時代を担って行く未来部、そして、未成年の若き後継者を集めれば、優にもう1000万。従って、1000万の目標は実質的には達成されている」
(2003年11月13日本部幹部会にて)
以上週刊新潮2003/12/11号

 カルトに指定された宗教は恐いものです。

裏表紙にもどる