福本潤一

文責はすべて、酒たまねぎや店主の木下隆義にございます


 

平成17年5月30日月曜日雨
 潮新刊週平成17年6月2日号P26によると、あのキチガイ団体の創価学会を母体とする公明党の福本潤一氏は、参議院議員が5月20日に行われた参議院予算委員会にて
 
「小泉首相靖国参拝の間題もお伺いさせていただこうと思います。違憲状態、違憲の疑いもあるというようなことも一方では出て来てはおります。(中略)私の感覚でいきますと、中国側から見ると、例えばA級戦犯ということになりますと、ヨーロッパでいうヒトラーの墓に参拝するドイツの首相、というようなことが起こった場合、ユダヤ人とかさらにはドイツ人がどういう感覚を持つのか・・・」
と言い放ったそうです。
靖国参拝はヒトラーの墓に参拝するという事だと言い放ったのです。 
 ヒトラーと我が国の先人たちとを一緒にするとは、いくらキチガイの集まりである創価学会信者でもあまりにもアホすぎます。
福本氏のプロフィールをみると、
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/profile/727.htm
東大大学院博士過程を経て、小朝日新聞ともいえる愛媛新聞の地盤である愛媛県の愛媛大学助教授から議員になっています。
こんな輩から教えられていた学生は可哀想過ぎます。

こんなクサレ売国奴は一日も早く国会議員をやめてほしいものです。

まあ、公明党じたいが、我が国の国益よりも池田大作いのちで、支那、南北朝鮮の顔色ばかり伺っているからなのでしょう。

公明、首相に靖国参拝自粛を要求 日中関係の改善促す(朝日新聞平成17年5月26日)

森岡政務官のA級戦犯「もう罪人ではない」発言に反発(朝日新聞平成17年5月27日)

こんなキチガイ連中が与党とは呆れ返ります。

裏表紙にもどる