麻原の弁護士のバカぶり

 あの人殺しの麻原の弁護団は「事件のあった事は否定しないが、検察側証拠では、麻原の指事があったとは証明できない」という論理で無罪を主張しているそうです。
 「世間がどう言おうと、麻原にも無罪を要求する権利がある。」と反論しているそうです。
 そして「麻原裁判は、被告と弁護人が裁判で争う権利を守る戦いである。被告の権利に、たった一人の例外作ってはならない。」とりっぱなことを言っていますが、被害者の権利はどうなるのでしょう。杓子定規に割り切れないものがあります。麻原裁判が始まって5年以上が経過しても遅々として進まぬ裁判。同じ事を何度も聞いたり、関係の無いような細かい数値を聞いたりする中身のない尋問をだらだらとくり返してばかりいるのでは、時間稼ぎ、引き延ばしといわれても仕方ないでしょう。
 口だけだけの理想論でしたら、なんとでも言えます。口先だけではない、そのような行動を伴って欲しいものです。

 表紙にもどる

裏表紙にもどる