やっぱり売国奴の社民党
平成15年6月16日月曜日曇り時々雨 ○

 支那の南京郊外の江東門近くに、「侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館」いわゆる「南京虐殺記念館」があります。あまり知られていませんが、これは当時の日本社会党、今の社民党の田辺誠が、わざわざ二度も支那に頼みこんで総評の金で作ったものだそうです。

そして、日本人が設計までして作った「大虐殺記念館」ですが、資金として提供した三〇〇〇万円も、実際には八〇〇万円しかかからず、残りは支那人が分けてしまったそうです。

まして、展示してある資料も総評など日本側がそろえた物がほとんどだそうです。このような自国民を陥れるものをわざわざ作るとは社会党というマゾ政党は狂っているとしかいいようがありません。また、この建物に30万人と言う被害者数を記していますが、この数字について支那側は、「政治的数字だ」と返答したそうです。つまり、「30万人」と言う数字は「歴史的事実」では無く、「政治的数字」であると、支那が自ら認めている訳です。ここに展示されている「証拠写真」といわれているものもやらもほとんどがやらせ写真あるいは合成写真などです。それをわかっていながら証拠として南京大虐殺はあったと報道する本多勝一をはじめとする反日マスコミは狂っているとしかいいようがありません。御多分にもれずに、野中、土井、村山、管などの靖国神社には参拝しない反日政治家どももここには訪れて、献花などしています。このような国賊、売国奴は早く死んでほしいものです。

 昨年公立高校の修学旅行先からこの気狂い記念館を除く事を決定した鹿児島県議会に対して、竜谷大学の田中宏などがつくる「ノーモア南京の会」とかいう反日気狂い団体だけでなく、この南京大虐殺記念館からも抗議がきたというニュースには唖然としました。このようなプロバガンダ記念館をつくった土井たか子をはじめとする社民党の責任はとてつもなく重い。



 哲人さん来店。Kさん30回目の来店?。明日人間ドック入りだそうです。Mさん友人の方と来店。大台さん来店。

飲む。

酒たまねぎやホームページ
酒たまねぎやURAホームページ