朝日新聞の社説

文責はすべて、酒たまねぎや店主の木下隆義にございます


平成16年8月27日金曜日晴れ ×
本日の朝日新聞の社説は「東京の教育が心配だ」と題して、都立の中高一貫校で、「新しい歴史教科書をつくる会」の歴史教科書を使うことを決めた事について書いていました。
以下その全文を引用させていただきます。

■教科書採択――東京の教育が心配だ
 東京都教育委員会は、来春開校する都立の中高一貫校で、「新しい歴史教科書をつくる会」主導で編集された中学用の歴史教科書を使うことを決めた。
採択は1校だけだ。国公立の普通校としては、愛媛県立の中高一貫校に続いて2例目である。それでも、来年には教科書検定と全国での一斉採択があるため、都教委の判断が注目されていた。

 公開された委員会の論議は計5分ほどで終わった。「3年前に養護学校で採択したときも一番良いとした」「戦争へ導く教科書ではない」。そんな意見が出ただけである。都内の公立中学では1校も使っていない。8社の教科書の中から、なぜこれを選ぶのか。残念ながら、説得力のある意見は聞けなかった。

 石原慎太郎都知事が99年につくった私的懇談会には、「つくる会」の幹部2人が名を連ねていた。この懇談会からメンバーの2人が教育委員になった。こうしたことも影響を与えたのだろうか。

 私たちは、この教科書について、バランスを欠いており、教室で使うにはふさわしくないと主張してきた。

 たとえば、満州事変から太平洋戦争へ至る歴史をあまりにも日本に都合良く見ようとする偏狭さが目立つ。これでは戦争へ突き進んだ無謀さを知り、歴史を学び、教訓をくみ取るのはむずかしい。

 国家への献身が強調されているのも特徴だ。神風特攻隊を詳しく書き、遺書や遺詠を掲げて、戦争中の人々の気持ちを考えてみようと求めている。

 この教科書に対しては、さまざまな立場から批判が寄せられてきた。

 
五百旗頭真(いおきべまこと)・神戸大学教授は、歴史の大胆な語り方に「新しさ」を認めながらも、「その観点たるや国家闘争史観に自滅した戦前の歴史をそのまま地で行こうとするものとしか思えない」と指摘している。「自国を大切にするからこそ、他国の人がその国を大切にする心にも敬意を懐(いだ)くことができる。それが国際的妥当性を持ちうる開かれたナショナリズムである。この教科書はそうではない」とも述べている。(「論座」01年7月号)

 教育委員たちはなぜ、こうした意見に耳を傾けなかったのだろうか。

 都教委は今春の卒業式で「国旗は舞台壇上の正面に」など12項目も事細かく指示した。監視役を派遣して、従わなかった教員約250人を処分した。

 教員を処分で脅し、生徒の内心の自由も認めない。国が決めたのだから、なにがなんでも従わせようとする。そのような考え方と同じ線上で、「つくる会」の教科書を選んだのではないか。

 そんな教育方針で、生徒がみずから学び、みずから考える力をつけることができるだろうか。世界の人々と交流し、互いの歴史や伝統を大切にする若者が育っていくとはとても思えない。

 
都教委は今後6年間でさらに9校の中高一貫校をつくる。東京の教育がますます心配になってきた。
朝日新聞 社説8月27日


 朝日新聞にとってバランスのよい教科書とはいったいどのような教科書なのでしょう。ありもしない朝鮮人強制連行や従軍慰安婦を書いたり、南京大虐殺30万人とか大ウソを書いてある教科書なのでしょうか。
 特攻隊の遺書を掲載してあるとどうしていけないのでしょう。戦争を美化する必要はありませんし、特攻が戦術としては最悪の選択のひとつだとしても、この国を、家族を、愛する人を守るために戦いそのために亡くなった先人の事を知るのがどうしていけない事なのでしょう。
戦後六十年が過ぎた今も、アラブの人々による自爆テロが激しさを増しています。無差別殺戮をおこなう事によって世界を恐怖におとしいれる自爆テロと、敵の軍艦あるいは飛行機などを目標とした特攻とは全然違うものです。

 下記の外国の方の言葉がよくそれを表しています。
「日本の特別特攻隊員たちはファナチックだったろうか。断じて違う。彼らには権勢欲とか名誉欲などはかけらもなかっ た。祖国を憂える貴い熱情があるだけだった。代償を求めない純粋な行為、そこにこそ真の偉大さがあり、逆上と紙一重のファナチズムとは根本的に異質である。人間はいつでも、偉大さへの志向を失ってはならないのだ。
  戦後にフランスの大臣としてはじめて日本を訪れたとき、私はそのことをとくに陛下に申し上げておいた。
  フランスはデカルトを生んだ合理主義の国である。フランス人のなかには、特別特攻隊の出撃機数と戦果を比較して、こんなにすくない撃沈数なのになぜ若いいのちをと、疑問を 抱く者もいる。そういう人たちに、私はいつもいってやる。《母や姉や妻の生命が危険にさらされるとき、自分が殺られると承知で暴漢に立ち向かうのが息子の、弟の、夫の道である。愛する者が殺められるのをだまって見すごせるものだろうか?》と。私は、祖国と家族を想う一念から恐怖も生への執着もすべてを乗り越えて、 いさぎよく敵艦に体当たりをした特別特攻隊員の精神と行為のなかに男の崇高な美学を見るのである」
(アンドレ・マルロー)

「この行為に散華した若者たちの採った手段は、あまりにも恐ろしいものだった。それにしても、これら日本の英雄たちは、この世界に純粋性の偉大さというものについて教訓を与えてくれた。彼らは1000年の遠い過去から今日に、人間の偉大さというすでに忘れさられてしまったこの使命を、取り出してみせてくれたのである」
(ベルナール・ミロー『神風』より)


 相変わらず、厚顔無恥な支那政府はてめえの偏向教育を棚にあげて、
「日本は正確な歴史観にのっとって若い世代を教育していくべきだ」
「歴史教科書問題は「日本が過去の侵略の歴史に対し、正確な認識を持って対応を出来るか否かの問題」と指摘し「今までの歴史問題での立場を履行すべきだ」と戯けた事をいっています。
http://www.sankei.co.jp/news/040827/kok018.htm
つまり、我が国に対して、支那、朝鮮に都合のよい歴史、ねじ曲げた歴史を教えろといっているのです。
このような支那、朝鮮に同調しているのが朝日新聞だという事がよくわかります。

裏表紙